島原温泉のペットと泊まれる宿「ホテル南風楼」の体験談を紹介!

私たちは熊本県に住んでいます。

私と妻と子供の3人にプラスして愛犬のトミーが一匹。

トミーはポメラニアンの雄でやんちゃで遊ぶのが大好きなワンコです。

ちょうど4年前にペットショップで出会ったことがきっかけで購入しました。私も妻も犬のいない生活はほとんどなく、常に幼少期から犬と触れ合ってきた二人なのでこれからも続くと思います。

それくらい犬が好きですし、娘の小春もトミーのことが大好きです。

ちなみに娘は小学校4年生で、まだまだ甘えるのが上手な年ごろですね。週末はトミーを連れて近くの公園に散歩に行ったり、ペットOKなカフェに行ったりして過ごしています。

今回は久々に1泊2日で旅行に行くことになり、目的地は長崎へ。

車で熊本から5時間ほどで到着しました。

フェリーに乗ってしまえば海を横断していけるので早いですが、あえて車で行くことに。途中に面白い発見などがあると期待して決定です。

長崎旅行ではどんなことをしましたか?

2019 02 13 09h58 14 300x191 - 島原温泉のペットと泊まれる宿「ホテル南風楼」の体験談を紹介!

島原城へ

まず最初に向かった先は島原城。

元和4(1618)年、松倉重政が安土桃山時代の築城様式を取り入れ、約7年の歳月をかけ完成させたお堀の全長2,233mの規模を誇る大城。高く頑丈な石垣は水堀で囲まれ、春は桜、夏は蓮の花も楽しめます。

また天守閣の入口には武者や忍者になれる変身コーナーもあり、殿たちはその脱ぎ着のお手伝いもしてくれます。

キリシタン資料館では天草四郎氏の肖像画をはじめとした島原の乱についての解説や、マリア観音の像など潜伏キリシタンに関する数々の史料を展示しています。

実は私は歴史が好きで、子どもの教育にもなると考えこちらへ。

トミーは城内を散歩させ、中に入るときはキャリーバッグの中に入れました。

抱っこして入場することもできるのでワンちゃんも歴史に触れる瞬間を味わうことができますね。

武家屋敷を散策

島原城を後にした私たちが向かった先は武家屋敷。

島原城からは歩いて10分もかからない場所にあります。ここ島原城の西側一帯はかつてお城を守る鉄砲組の住居地帯がありました。

武家屋敷の道路に沿って雲仙普賢岳の火山岩で造られた石垣が続きます。日本各地に点在する武家屋敷の中でも、このように連続した石垣は非常に珍しいそうです。

当時の暮らしを見学できる「鳥田邸」「山本邸」「篠塚邸」の3軒の武家屋敷があります。

興味のある方は楽しめると思いますよ。

小春も歴史は嫌いではないみたいで、今にない世界を感じて楽しそうでした。

がまだすドーム

2019 02 13 10h10 39 300x177 - 島原温泉のペットと泊まれる宿「ホテル南風楼」の体験談を紹介!

城下町散歩だけにとどまらず、島原に来たらぜひ訪ねていただきたいのが、ジオと火山のミュージアム「がまだすドーム」。

「がまだすドーム」は江戸と平成の2大災害を振り返りながら、火山の秘密やその共存などを楽しく学ぶ体験型のミュージアム。開館から16年たった2018年4月のリニューアルで、常設展示の内容も一部、新しくなったそうです。

トミーはお疲れの様子だったことと、ここはペット入場禁止ですので車で休ませました。(予定通り)

小春を楽しませるために訪れた場所ですが、ちょっと刺激が強かったかなと思いました。

平成の大噴火で起きた火砕流の猛威を解説したり、足元の光が時速100kmの速さを表現し、さらに新設の大型モニターで激しい熱風によって吹き飛ばされる木々や車、焼き尽くされた家々の様子も紹介されるので怖かったかもしれないですね。

でも良い体験になったと後で妻と話していました。

ホテル南風楼はどうでしたか?

2019 02 13 10h18 39 300x160 - 島原温泉のペットと泊まれる宿「ホテル南風楼」の体験談を紹介!

ここは本当に最高のホテルでした!

ワンちゃんのことをしっかり考えられたホテルでしたし、私たちも十分に楽しむことができました。

また来たいと思える絶好のロケ―ションとサービスですよ。

ガーデンテラスオーシャンビューの部屋

宿泊したのはオーシャンビューの部屋です。

ここはあり得ないくらい綺麗に整備されていて、かつオーシャンビューという最高の景色が楽しめるお部屋です。

トミーもこの景色にさぞテンションが上がったことでしょう!

最初はにおいをかいでいましたが、その後落ち着きました。とにかくキレイです!

ケージも用意されているので部屋でお留守番の時があっても安心ですね。

オーシャンビューのドッグラン

トミーが大喜びしたドッグランが併設されていました。

330㎡の芝生と海のコラボレーションは本当に気持ちが良い空間です。

私たちも春に来ていたので気候に恵まれ文句なしです。ホテルに到着したのは夕方でしたので当日に30分程度、翌日の朝に1時間程度走り回せました。

他のワンちゃんもいますが、みんなしつけをしっかりされているので問題ないですし、私たちも交流がもてて楽しいひと時でした。

会席料理がおいしい

創作会席料理を部屋で楽しむことができます。

つまりトミーも一緒です。

このホテルでは愛犬用会席料理も事前予約にはなりますが注文することができます。

私たちはいつも食べ慣れているもののほうがいいと思ったので、注文はせずにいました。

でもメニュー内容をみると、とても豪華なので次来た時には食べさせてあげようかと思います。

愛犬用アメニティも豊富

お部屋には、ペットシート、うんち袋、ビニール袋、タオル、食器、コロコロ、消臭スプレーがあります。

家からも持参していましたが十分な量があるので安心できますね。

厳選かけ流しの天然温泉も最高

海に浮かぶ絶景露天風呂『天空 TENKUH』をはじめ、趣の異なる様々な湯船があり楽しめました。

目の前に広がる有明海を眺めながらお湯に浸かれば心も身体も解放されますし、嫌なことも忘れてしまいますよ。

もうすべてが最高のホテルでした。

改善点や不満は一切ありません。

また来ます!

旅行前に準備しておくといいものは?

2019 02 07 17h41 10 300x194 - 島原温泉のペットと泊まれる宿「ホテル南風楼」の体験談を紹介!

ペット専用の旅行グッズを用意する

今回のホテルではアメニティが充実していたのでよかったです。

ただワンちゃんによっては使い慣れたものしか使わない子もいると思うのでこの辺は飼い主の判断が必要かと思います。

トミーは鈍感なのかあまり気にしないですが中には神経質なワンちゃんもいますしね。

自分の匂いがあるものがそろっている方が安心できるとは思うので、持っていけるものは持参してあげるといいと思いますよ。

お散歩セットやおやつなども必需品です。

ワンちゃんたちがリラックスして旅行を楽しめるように、使い慣れているものや食べ慣れているものを携帯してあげましょう。

念のためワンちゃんOKな場所を調べておく

ペット旅行の際は宿以外の旅先もある程度決めておくといいですね。

例えばペットOKなカフェなどは事前調査しておくといいでしょう。あとはたいてい博物館や資料館はワンちゃんNGなところが多いので事前調査しておきましょう。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 01 06 22h20 21 300x193 - 渦潮で有名な徳島県の犬宿「ナルトロータス」の旅行記とは?

しつけをきちんとしておく

最近ではペットも行ける飲食店や宿泊施設がかなり増えています。

一緒に行くことができるのは嬉しいですが、一緒に行く以上はしっかりとしつけができていなくてはいけません。

行った先にはもしかしたら犬が苦手な方もいるかもしれません。

無駄吠え等をされたれ不快感でいっぱいになってしまうと思うのです。

目を離さない、常に気に掛けるといったことは私たち飼い主が責任を持たなくてはなりませんね。

そしてどこへ行っても飼い主の指示をしっかり守れることのできるワンちゃんにしつけがきちんとできていたら、どこへ行っても安心できます。

普段からコミュニケーションが取れていて、なおかつ信頼し合える関係を作っておきましょう。

この教材はしつけに苦労している方にはオススメ。日本一売れていると話題の教材なので紹介しておきます。1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

トミーもお世話になりました。

是非活用してみてくださいね。

ホテル南風楼HP→島原唯一の掛け流し海見露天の宿 ホテル南風楼

Sponsored link