阿蘇の自然を満喫!ペットと泊まれる宿「御宿小笠原」の体験談

私たち夫婦は5年前に犬を拾いました。

とても小さくてかわいい茶色で柴犬のような顔立ちをした雑種のワンちゃんです。

こんなにもかわいい子が公園の箱に入って、しかも小雨が降る中に置いていかれていました。信じられない気持ちと悲しさでいっぱいでしたが、この出来事のおかげで愛犬とは出会うことができたと思うと感謝ですね。

もちろん私たち夫婦はすぐさまこの子を我が家に迎え入れ、犬との暮らしをスタートさせました。

はじめはぶるぶると震えていて、車の音やちょっとしたことにも怯えていましたが、少しずつ私たちの愛情が伝わり、安心してくれるようになりました。

私たちが仕事で嫌なことがあったり、疲れているとそっと寄り添ってくれるような心優しい犬へと成長してくれましたよ。

そんな愛犬との暮らしも5年が過ぎたある日、インターネットでペットと泊まれる宿の紹介や愛犬との旅行記事を見つけました。

愛犬と一緒にドライブに行くことは良くありましたが、旅行をするということはいままで考えたこともありませんでした。

記事を読んでいるととても魅力的だったので、すぐに主人に相談し、旅行を企画しましたね。

実際に企画、旅行をしてみると、ペット旅行はとても充実した旅で、愛犬とも楽しいひとときを過ごせたので大満足です。

私たちは福岡に住んでいるので、まずは初めての旅行は比較的近場で尚且つ行ったことがない阿蘇の周辺の観光をすることにしました。

旅の魅力が伝わるといいなと思いながら、体験談をご紹介します。

熊本旅行では何をしましたか?

2019 02 16 12h02 18 300x300 - 阿蘇の自然を満喫!ペットと泊まれる宿「御宿小笠原」の体験談

草千里ヶ浜

広い草原と青空のコントラストが美しくて、解放感いっぱいの場所です。

真ん中には雨水が溜まってできたといわれている大きな池がありました。

阿蘇周辺は地震の影響でほとんど観光できないかな?とも思っていたのですが、所々通行止めや禁止区域はあるものの思った以上にドライブを楽しむことができましたよ。

雄大な自然を眺めながらドライブをしていると、放牧された牛や馬にも出会えます。

すごく長閑な風景で、のんびりした気持ちで散策ができますよ。

愛犬も空気を感じながらいい表情で散策しました。

私たちは体験しませんでしたが、草原を一周できる引馬体験というのもあるようです。

鍋ケ滝

鍋ケ滝は、滝の落差は約10mとそんなに大きくない滝ではありますが、幅が約20mくらいあります。

水のカーテンのような景色がとてもきれいです。

私たちが行った日は天気も良かったので、木漏れ日に照らされてきらきら輝いていて、とても神秘的でした。

滝の裏側にも回ることができますよ。

ただ我が家の愛犬は、滝の音が怖かったようで抵抗したので行きませんでした。

主人と交互に滝の裏からの風景も堪能しました。洞窟の中に入ったような気分になりましたよ。

マイナスイオンをしっかり浴びて、心が浄化された気になりました。

阿蘇温泉「御宿小笠原」はどうでしたか?

2019 02 16 12h03 58 300x146 - 阿蘇の自然を満喫!ペットと泊まれる宿「御宿小笠原」の体験談

快適なお部屋

広い敷地の中にいくつかの一戸建てが並んでいます。

全棟が離れの一戸建てなので、他のお客様を気にすることなくくつろげるのが嬉しかったですね。

全てのお部屋にかけ流しの天然温泉がありますし、お部屋も洋室、和洋室、露天風呂付の特別室と選ぶことが可能です。

私たちは洋室のお部屋に宿泊させていただきましたが、天井が吹き抜けになっていて、天井からの光が明るく心地よかったです。

また、床暖房が完備なので夜に歩いても温かくて快適でした。冬だったらなおありがたみが身に沁みそうです。

部屋で天然露天風呂

御宿小笠原は各部屋にお風呂がついています。

しかも各部屋のお風呂は、すべて100%のかけ流し天然温泉!

普通のお風呂のようにご自分のタイミングで、入りたいときにボタンを押せば温泉に入ることができます。

自分の泊る部屋に温泉があるので、24時間いつでも自由に入ることができて、お風呂好きの私たち夫婦にとっては最高でしたね。

私は到着してから、夕食後、朝と贅沢にお風呂を満喫しました。

ペットのための施設が充実

施設内にはワンちゃんたち専用の温泉があったり、ドッグランがあったりと愛犬たちのためにもサービスが充実していました。

我が家の愛犬はお風呂があまり好きではないので、温泉には入りませんでしたが、ワンちゃんたちを乾かすスペースもしっかりとありましたよ。

ドッグランはとても広くて、色々なアジリティーもありました。

ドッグランは大好きで週末によく行きますが、こんなにも色んな種類の障害物にはチャレンジしたことがありません。

せっかくなのでハードルのようなものや、急斜面の障害物などに挑戦させてみました!

最初は慎重にやっていましたが、慣れてくると倒しそうに何度もやっていましたよ。

他のワンちゃんも何匹かいて、ご挨拶をしっかりしてきました。

そして驚いたのは、ドッグランの隣に大きなペット用の水遊び場があったことです。

井戸から引いたキレイな地下水が常時注がれていて、一番深いところで約1m。遠浅になっているのだとか。

そのため大型犬から小型犬まで遊べる水遊び場なのだそうですよ。

残念ながら我が家の愛犬は水が嫌いなので遊びませんでしたが、他のワンちゃんたちが数匹楽しそうに水遊びをしていました。

ペット旅行をする前に準備しておくことは?

2019 02 14 15h18 46 300x194 - 阿蘇の自然を満喫!ペットと泊まれる宿「御宿小笠原」の体験談

普段使っているものを持参する

ペット旅行をする際には、愛犬がいつも使っていて匂いが付いているものを持参しましょう。

環境が変わると落ち着かないワンちゃんも多くいるようです。

ブランケットや寝床を持っていくだけでも自分のスペースが確保されてくつろげます。

宿によってはワンちゃんはベッドや布団に寝かせるのを禁止しているところも多くありますので、タオルやブランケットは必需品だと思います。

お気に入りのおもちゃなどもいくつか持って行ってあげると、私たちがお風呂に入ってるときや食事をしているときに1人で遊んでいられるのでいいと思いますよ。

また、ドッグフードやおやつも食べ慣れているものを持参する方がいいと思います。

旅の途中で食べ慣れないものを食べて、調子が悪くなってもかわいそうなので、いつも通りのご飯をあげるのがおすすめです。

排せつグッズ

旅行の時に限らず、ペットと一緒に旅行に出かけるときには排せつグッズは常に持参するようにしましょう。

ゴミ袋やティッシュは多めに用意しておきましょうね。

観光地などで処理するアイテムがないと環境を汚してしまうことになります。

近くにお店がなくて購入が難しいことも考えられるので、多めに持参して出かけることが大切だと思います。

また、霧吹きや消臭スプレーなどもあると安心です。

環境が変わってトイレを失敗してしまうこともあるかもしれないので、愛犬のためにも用意してあげるといいですよ。

ペット旅行の楽しみやアドバイスは?

2019 01 27 00h05 17 300x179 - 阿蘇の自然を満喫!ペットと泊まれる宿「御宿小笠原」の体験談

休憩をこまめにとる

ペットと一緒に旅行に行く際には、休憩をこまめにとってあげるといいと思います。

旅行慣れしているワンちゃんでも休憩は大切です。

トイレや水分補給、空気の入れ替えなどをしてあげることでストレスがかからずに旅ができますよ。

私たちも色々なところで休憩を取ることで、その地域特有のものにふれることができます。

食べ物やお花、人との出会いが旅行の楽しみにもなってくるのでゆっくりと時間に余裕を持ちながら旅をするのがおすすめです。

愛犬との思い出作り

一緒に旅行ができると、どんな時でも一緒にいることができてお互いに幸せです。

ペットを飼ったらお留守番させるのがかわいそうだからと思い、旅行は諦めていました。

でも探すとペットと一緒に旅行ができる場所は意外とたくさんあるのですよね。

たくさん写真を撮って、映像を撮って、たくさんの思い出ができました。

ペットと過ごせる時間は案外短いです。

大切な家族だからこそ少しでも長い時間を一緒に共有できるのは、何よりもうれしくて楽しいですよ。

事前にしっかりと調べて、そして普段からコミュニケーションやしつけができていたら困ることはそんなにありません。

ぜひペット旅行を企画してみてくださいね。

御宿小笠原HP→阿蘇温泉御宿 小笠原

Sponsored link