札幌のペットと泊まれる宿「ふる川」に宿泊体験談とは?

私たちは北海道は帯広に住む老夫婦です。

私は68歳、妻は70歳と高齢を迎えています。

そして愛犬のジョンは可愛いプードル犬でいつも私たち夫婦に癒しを与えてくれます。

普段は自営業をまだ営んでおり、おかげさまで50年を迎えました。

老舗の布団屋なのですが、常連客に愛されなんとかやってきた次第です。ジョンはちょうど3年前に我が家にきました。

息子と娘が別のところで暮らしていますが、2人の提案でたまたま行ったペットショップで見つけたのがジョンです。

老夫婦に犬は難しいと思いましたが、プードルなら平気だと念を押され購入。本当に世話のかからないお利口なワンコなので助かっていますしいつも寄り添ってくれるのでありがたいですね。

そんな私たちは札幌へ旅行に出かけました。

心に残る思いでの旅でしたので紹介したいと思います。

北海道旅行ではどんなことをしましたか?

2019 02 20 11h28 03 300x196 - 札幌のペットと泊まれる宿「ふる川」に宿泊体験談とは?

幌見峠ラベンダー園へ

車で寄り道をしながら2時間程度で到着しました。

幌見峠(ほうみとうげ)は、札幌市内を見渡す事ができる峠です。この幌見峠にある「幌見峠ラベンダー園」には、およそ5,000株ものラベンダーが植えてあり絶景。

ラベンダーが見頃を迎える7月から8月には、辺り一面が紫色の美しいラベンダーで埋め尽くされ、見応えある絶景が広がります。

私たちが訪れたのもちょうど7月の時期ですから最高に気持ちよかったです。

「幌見峠ラベンダー園」の駐車場は、夜景スポットでもあるそうです。

4月から11月までの期間限定ですが、車の中から夜景を眺めることができるのです。特に、ドライブデートを楽しみたいカップルにおすすめ。

私たちは遥か昔にそんな気持ちを置いてきたのでこれから始めていく人はぜひどうぞ。

ここはペットも入れるのでジョンも一緒に散歩しました。

モエレ沼公園で愛犬を散歩

2019 02 20 11h56 37 300x204 - 札幌のペットと泊まれる宿「ふる川」に宿泊体験談とは?

「モエレ沼公園」は、周囲を囲むモエレ沼と一体になったアートのような公園。

彫刻家であるイサム・ノグチ氏の設計によるものです。代表的なモニュメントは、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」。

角度によって色々な形に見える不思議な建物です。公園でありながら芸術も楽しめるスポットなんですね。

ジョンをどうしてもここに連れてきたかったので気持ちがよく散歩できました。

モエレ山の頂上からは、札幌市内を一望できます。

ほかにも「海の噴水」や「プレイマウント」、「ミュージックシェル」「モエレビーチ」と、どこを取っても幻想的なアートの世界が広がります。

アートと自然とが一体化した絶景を、体で感じられる公園なので、ぜひ訪れてみてください。

北海道民だとこういう広々とした場所が数多くあるので当たり前ですが、他県から来られる方は2倍楽しめると思います。

宿泊したふる川はどうでしたか?

2019 02 20 12h04 08 300x192 - 札幌のペットと泊まれる宿「ふる川」に宿泊体験談とは?

最高の和洋室に宿泊

このふる川は私たちにはぴったりな落ち着きのある造りで、ペット同伴になると2部屋から選ぶことができます。

私たちは2人でしたので2人部屋へ。

木のぬくもり溢れる空間にプラスして、ウッドデッキもありますから本当に心から落ち着けます。

自宅も木造なのでジョンにしてみればちょっとおしゃれになった部屋という感じでしょうか。

すぐに落ち着いて居場所を確保していたので安心しました。

少し贅沢をさせてもらったと思います。

大浴場が素晴らしい

この宿の温泉も楽しみにしていた一つ。

大浴場と露天風呂がありますが、開放的な浴場は来る人の心を満たします。

露天風呂も立派な屋根の下で温泉に浸かることができるので本当に素晴らしい空間です。

泉質も良く、妻も気持ちがいいと言っていました。

旅行にきて温泉よし部屋よし、あとは料理よしであれば言うことないしですよね!

さすがにジョンは入れませんからカラダを拭いてあげる程度でしたがワンちゃん用の温泉もあるといいですね。

他には貸し切り風呂や岩盤浴もあります。

あとは女性の皆さんには嬉しいエステもあるので満足できると思います。

夕食も豪華な食事を堪能

宿には食べるところかいくつかあります。

7階にはVIP専用のお食事処があるみたいですが、私たちは一般人ですから案内された場所で頂きました。

が、十分すぎるくらいのボリュームと満足のいく味でした。

海の幸をメインにお造りやてんぷらを食すことができ大満足です。別注でお肉も頂けるのですがそんなに食べられるわけもなく夫婦でしっかり完食しました。

お酒もついつい進んでしまいます。

また日本酒が合うんですよね。酒好きな方はたまらんと思いますので是非来てみてくださいね。

ペットに関して

こちらの宿はペット料金が不要で大型犬まで同伴可能です。

ペットの受入れ環境はとても良くスタッフさんも心よく対応してくれるので安心ですよ。

ペット料金が不要ですと、一般的には客室にペットアメニティが全くありません。
ですが、こちらの宿は客室に「ペット用ゲージ」があるという良心的なサービスがありますのでオススメですね。

旅行前に準備しておくべきことは?

2019 02 10 17h35 35 300x200 - 札幌のペットと泊まれる宿「ふる川」に宿泊体験談とは?

フードを用意しておく

ジョンのために旅行用にちょっと贅沢なフードを用意していました。旅行中はいつもとは違う特別感を出したいですからね。

宿で出してくれるところもありますが、やっぱり食べ慣れたものや、飼い主から直接渡されたもののほうがいいでしょう。

今回の宿では食事がもともとなかったので持っていきましたので皆さんも事前に調べておくといいですよ。

緊急対策をしておく

例えば車酔いをするワンちゃんもいるでしょう。

予め酔い止めを用意しておくなど準備が大切です。その他にも近隣の動物病院を調べておくことも大切なことですね。

何かあったときにすぐ対応できるように事前調査しておきましょう。

札幌はまだ他の地域に比べて人が多い場所なのでそれなりに施設はあります。しかし場所によっては郊外まで1時間かかるようなところもありますからどこに行くにもワンちゃん優先で考えましょう。

ペット旅行の楽しみは?アドバイスも!

2018 12 13 12h43 42 300x199 - 滋賀県の犬宿「ビワドッグ」が最高!楽しかった旅行体験記とは?

愛犬が嬉しそうだから飼い主も嬉しくなる

ジョンは私たちのお店の看板犬で自由にしているワンコですがやっぱり車に乗せて遠出すると楽しそうにしています。

旅行に連れていくといつもより表情が明るい気がするので、ジョンも満喫しているのだなと実感します。

愛犬の喜ぶ表情は何にも代えがたい最高の癒しです。

ワンちゃんも旅行が好き

犬の寿命は15歳が平均です。その間に何回旅行に行けるでしょう?犬の言葉は私たち人間にはわからないけれど、人間が旅行に行って楽しいように愛犬だって旅行に行けば楽しいのは同じなのです。

最近はドッグホテルといっても、高級感があってお料理も本格的で美味しく、犬も人間も楽しめるホテルや旅館が全国各地にたくさんできています。

ペット同伴可能な飲食店だって、ドッグカフェだってあちこちにできています。これからはどこへでもわんこと一緒に行ける時代なんだと思います。

ペット同伴可能な施設を探すのも結構楽しかったりします。自分たちだけのオリジナルルートで旅行計画を立てるのはとても特別感があります。みなさんも大好きな愛犬とたくさん楽しい思い出を作って欲しいです。

不安でも行ってみること

私たちも初めてのペット旅行は不安と緊張と入り交じったような気持ちでした。

何度も持ち物の確認したり1週間前ぐらいから体調を気にしたりと大変なことはやはりありました。しかしそれを越えるくらいペット旅行は楽しいものでした。

そして知らない土地で愛犬を通じて交流の幅が広がります。

これもまた最高の思い出ですから、まずは行ってみることです。

定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川

Sponsored link