福岡満喫♪ペット泊まれる宿「ふくせんか」の宿泊体験談とは?

私たちは2018年の4月に福岡に旅行に行きました。

夫婦2人で長崎から車で向かいました。そして愛犬のポンも一緒に連れていきとても楽しい思い出となりました。

ポンはポメラニアンのメスでとても温厚な性格の持ち主です。

私たちの中では永遠のアイドルとして可愛がっています。

不思議と他のワンちゃんよりはるかにポンのほうが可愛い気がするのは私だけでしょうか。おそらく親ばかというのはこのことなんですね。

そんな私たち夫婦と愛犬の旅を紹介します。

福岡旅行では何をしましたか?

2019 03 03 21h14 16 300x195 - 福岡満喫♪ペット泊まれる宿「ふくせんか」の宿泊体験談とは?

吉野ヶ里歴史公園へ

最初は私のリクエストで吉野ヶ里歴史公園へ行きました。

こちらは平成21年からペットがOKになりましたので安心していけますね。

まずはその敷地の広さに驚きました。どこまで続くのかと思うほど、きれいに整備された芝と木々の緑が目の前に広がります。

遊具などがある「遊びの原」はゲートをくぐって左側にあります。

更にお子様連れには嬉しい大型遊具が沢山あります。

芝生広場はかなり大きくてポンもここで沢山走らせましたし本当に楽しんだと思います。もうここを後にした時にはバテバテに疲れていましたよ。

本当に素晴らしい場所でしたし遺跡の勉強もしっかりできたので大満足です。

太宰府天満宮

菅原道真公を祀り、国内有数の学問の神様として知られる太宰府天満宮。

受験シーズンには、参拝に来る人、家族や知人にお守りを贈る人などで賑わいますね。

天神様に見守られ、日頃の勉強の成果を発揮できたら、忘れずにお礼参りに行きましょう。お礼参りは、お札・お守り授与所でお願いします。

子供が受験を迎えている人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

光明禅寺

2019 03 03 21h38 27 300x219 - 福岡満喫♪ペット泊まれる宿「ふくせんか」の宿泊体験談とは?

最後に向かったのは太宰府の「苔寺」と言われている「光明禅寺」。

本堂に入ると畳敷きの広い空間が広がり、その向こうに裏庭が望めます。みたらわかりますが、本当に綺麗です。

広間の真ん中にご本尊が安置されているのですが、ここへと入ってきた人々はまるで吸い寄せられるように庭の方へと足を運び、庭の全景を目にした途端言葉も出ないことは間違いありません。

苔で陸や島を、そして白砂で水と大海を表している庭の名前は「一滴海庭」。

本堂のほうから眺めると深山から流れ出た川や大海などを絵巻物のように見ることができます。

ふくせんかはどうでしたか?

2019 03 03 21h41 38 300x202 - 福岡満喫♪ペット泊まれる宿「ふくせんか」の宿泊体験談とは?

ペット専用和室でくつろぐ

こちらの宿は外観からはあまり期待できませんでしたが、中に入ると良い意味で味があって結果満足しました。

まずはお部屋でくつろぐことに。

ポンも安心できるペット専用和室でお茶を飲みながらいっぷく。

妻と当日の旅の思い出を振り返り、色々と会話を弾ませました。

こちらの宿はペットは5kg未満が条件ですので予めチェックしておくといいですよ。

また、ワンちゃん用のドッグランが設けてありますので翌日は朝からポンを沢山走らせました。

ポンはまだ3歳ですので体力も残っていますから問題ないですね。

ペットの規約

※チェックイン時に「宿泊滞在同意書」にサインしていただきます。

※二匹目からは、別途2,160円頂きます。

※このプランではペットのお食事・ケージ・おトイレなどは宿では準備出来ませんので、お客様の方でお願い致します。

※チェックイン時にワクチン注射の接種証明書(コピーで可)をご提示いただきます。※就寝時はお持ちのケージに必ず入れてください。

※お部屋に飼い主様が不在の場合は必ずケージにいれてください。

※お部屋以外は抱っこかケージ(朝食時同伴不可)にいれてください。

※万が一布団や備品を汚された場合は修繕代・クリーニング代を頂く場合がございます。

温泉は格別

こちらの温泉は本当に格別でした!

河川が目の前に広がり、静かな中に水が流れる音だけが聞こえる様子は究極の癒しとなりましたし、リラックスできます。

温泉の泉質も肌に合いますし、妻も気持ちよかったと絶賛でした。

やっぱり旅にきたら露天風呂が一番ですよね。

周囲はなにもありませんがそれがある意味贅沢な環境なんだと思います。

夕食はレストランで

ホテルに併設されているレストランで夕食を頂きました。

新鮮な海の幸やお肉などもあり十分満足できました。もう60代に突入する時期ですからそこまでガッツリ食べることもなく、お酒も控えめにして頂きました。

適度に酔っぱらって気持ちよかったのを覚えています。

旅行前に事前に準備しておいた方がいいことは?

2019 02 25 15h49 57 300x197 - 愛犬家必見!箱根のペットと泊まれる宿「グアムドッグ」とは?

観光するところを事前調査

ペットと一緒に旅行をする時は、事前に行きたいところを調べておくことが大切です。

途中で気になったところに寄ろうと思っても、ペットが一緒だと入れないところがあります。

あらかじめ事前に調べておいて、ペットも入店可能だと時間の無駄なく、スムーズな旅行になりますよ。

そのためペットとの旅行を計画する時には、ペットも一緒に楽しめる場所や預けられる場所を踏まえて探すのもいいかと思います。

私たちは今回の旅行では、車で移動してかつペットOKでしたので思う存分楽しめました。

排せつグッズは多めに用意する

旅行の時にはゴミ袋やティッシュなどの排せつグッズは多めに準備しておきましょう。

今回の旅行先ではアメニティも充実していたので困ることはありませんでしたが、以前出先でワンちゃんが予想外にトイレをして焦ったことがありました。

その時はたまたまコンビニの袋があったので、観光地を汚すことはなかったのですが、あの時に袋がなかったら環境を汚してくることになっていました。

ワンちゃんと一緒に行ける場所が今後増えていくためにも、私たちがマナーを守った行動をすることはとても重要です。

お散歩に出るときなどは、ペットボトルにお水を入れて持参するのもいいと思います。

臭い消しや水分補給に役立ちますよ。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 02 25 15h50 46 300x190 - 愛犬家必見!箱根のペットと泊まれる宿「グアムドッグ」とは?

ペット旅行を企画する時には、ペットのことを第一に考えてあげることが大だと思います。

自分たちだけが楽しめる場所を選び、ワンちゃんたちはずっとゲージの中だけで過ごすようなことになったらストレスがたまります。

一緒にいればストレスがかからないという訳でなく、リラックスできる瞬間が必要だと思いますのでよく考えましょう。

また、普段、車などの乗り物に乗り慣れていないワンちゃんは近場からのお出掛けをしてならしてあげることが大切だと思います。

いきなり長距離の移動だと、乗り物に酔ってしまう可能性があってとてもかわいそうですよね。

まだ小さなワンちゃんでしたら、ぜひ小さいうちから乗り物にのせる機会を作ってあげてくださいね。

そうすることで一緒にお出掛けができて、楽しめる範囲が広がりますよ。

最近ではペットを受け入れてくれる施設は多くなってきていますから、ぜひ大切な家族である愛犬と最高の思い出を作って見てください。

筑後川温泉 ふくせんか

Sponsored link