福島県のペットと泊まれる宿「ニュー扇屋」でほっこり温まる旅♪

私たちは旅行が大好きな夫婦です。

これまでは息子や娘と一緒に年に数回は家族旅行をしていましたが、大きくなるにつれて予定が合わず、ここ数年は夫婦での旅行がほとんどです。

しかし最近は愛犬と旅行をすることを覚えたので、国内での旅行プランを立てるときは愛犬も行けるかどうかを常に考えて企画しています。

愛犬は一緒に旅行に行けることが嬉しいようで、旅行の準備を始めると尻尾を思いっきり振って常に横に寄り添ってきます。

そんな姿が愛らしいので、最近ではほとんどの旅行が一緒ですね。

今回は久しぶりに東北方面に出かけようかと企画して宿探しを始めました。

私たちは現在神奈川県に住んでいますが、子供たちが小さい頃は数年間仙台に住んでいたのです。

仙台に住んでいたころ、東北地方はたくさん出かけたものの神奈川に引越して来てからは全然行く機会がありませんでした。

愛犬も負担にならずに行けそうな距離の東北、ということで今回は福島県に行きましたよ。

その時の旅行記をご紹介します。

福島旅行では何をしましたか?

2019 03 13 16h32 18 300x222 - 福島県のペットと泊まれる宿「ニュー扇屋」でほっこり温まる旅♪

土湯温泉の街歩き

インターネットに出ていたモデルコースを参考に、私たちも宿がある土湯の街を散策しました。

土湯は温泉とこけしで有名な街です。まずは記念に巨大こけしと写真撮影。1本3m、500kgの大きさなのだそうですよ。

こんなに大きなこけしは初めて見ましたね。

次に向かったのは展望台です。ここからは土湯温泉を一望することができます。私たちが訪れた時は天気に恵まれたので、鬼面山や箕輪山もしっかりと見ることができました。愛犬も清々しい顔で空気を感じていて、思わず笑ってしまいました。

そして観光スポットの中でもメインともいえる滝のつり橋へももちろん行ってきました。

つり橋までは階段を上っていくので、運動不足の私たちは少々息が切れましたがつり橋から見える渓谷がとてもキレイでした。つり橋の上で澄んだ涼しい空気を浴びて心が安らぎましたよ。

ちなみに階段を上がっていく途中には足湯もあるのです。行きに浸かってしまうと登る気力を失いそうだったのと人が何人かいたので私たちは利用しませんでした。でも川のせせらぎを聞きながらゆっくり足湯をするのもとても癒されると思います。

お堂や神社も見ながらお散歩をし、途中ではしっかりおやつタイムも取りました(笑)

土湯名物のふかふかの温泉まんじゅうやどら焼きを購入し、お外でいただきました。

いつもと違った特別な時間の過ごし方ができて楽しかったですよ。こちらのお菓子を購入したなかや菓子店さんは大人気で売り切れごめん!なんだとか。私たちはおいしいおやつにありつけてラッキーでした。

少し足を伸ばすと女沼、男沼、つつじ山などの自然を満喫できる場所もあり、大満足の土湯旅になりました。

ニュー扇屋はいかがでしたか?

2019 03 13 16h34 06 300x202 - 福島県のペットと泊まれる宿「ニュー扇屋」でほっこり温まる旅♪

ワンちゃんもくつろげるお部屋

ロビーなどを移動する際はゲージなど入れなくてはいけませんが、お部屋ではフリーに過ごすことができます。

私たちは和室のお部屋に宿泊させていただきました。

建物の年季は入っている感じがありましたが、お部屋は掃除も行き届いていてとても綺麗です。

お散歩などに行くときには正面玄関ではなく、裏口からペットを外に連れていくことができました。ペット専用の出入り口なので、他の宿泊客の方へ気兼ねなく外に連れ出せることができてホッとしました。

さらにペットの出入り口の所には、温泉の出る足洗い場や足を拭くためのタオル、うんちボックスもしっかり用意されてありました。

お部屋のお茶グッズも、ワンちゃんたちには届かないような位置に置いてあったりと、隅々に渡ってワンちゃんを飼っている人への配慮が行き届いているなと感心しましたね。

効果を感じられるお風呂

ニュー扇屋の温泉は“あたたまり方が違うよね”とみんなに喜ばれているお風呂だそうで、とても楽しみにしていました。

私は冷え性なこともあり、温泉が大好きです。

ニュー扇屋の自家源泉は敷地内から湧いている良質な炭酸水素塩泉で、循環もろ過もしないお湯なのだそうですよ。

男女別の内風呂と展望露天風呂、無料の貸切風呂が2つに有料の貸切半露天風呂と合計8つのお風呂があります。

無料の貸切風呂は宿泊していれば何回でも入ることが可能で、自分が入ったらカギをかけるだけです。

貸切風呂のお湯はとても熱かったのですが、自分で好みの温度に調整することができます。一人でゆっくりと入ることができるので、誰にも邪魔されることなくリラックスでしました。

様々な種類がある中で私は展望露天風呂が一番気に入りましたね。ぬるめのお湯だったのでゆっくりと時間を過ごしながら、カラダの芯まで温まれたのが良かったです。

内湯もお風呂は決して広くはありませんが、ガラス張りで明るく、そして清潔なので気持ちよく入浴ができました。

温泉を十分に堪能したので、お肌もしっともちもちになって化粧のノリもよくて気分が最高に良くなりましたよ。

地元の食材を使った料理

夕食はお部屋でいただきます。

愛犬を一人にすることなく、一緒に食事の時間を楽しめるのがうれしいですね。

(朝食は会場でいただくので、残念ながらワンちゃんはお部屋でお留守番です。)

夕食はとにかく豪華で贅沢なお料理が並びます。

テーブルいっぱいに並んだごちそうを見ただけでテンションがあがりました。

使われている食材のほとんどが地産地消、地元の旬の食材です。

米や味噌、梅干し、たまご、野菜はこだわりぬかれた地元の食材なので新鮮で安心です。

デザートは温泉卵から作られる、女将さんのオリジナルの手作りのプリン。優しい甘さとなめらかさがとてもおいしいデザートでした。

味もボリュームも申し分のないお料理で大満足の食事でしたよ。

オリジナルのおんせんたまご

ニュー扇屋にきたらチェックしていただきたいのが、おんせんたまごですね。

オリジナルのおんせんたまごは自家源泉を利用して作られています。

温泉の天然の塩分がたまごに浸透して、白身がほんのりと塩味がして黄身は甘みとコクがあります。

食事でもいただきましたが、お土産にも購入できるのでもちろん購入しました。

旅行から帰ってきて、ご近所さんにお土産として渡したり、おつまみにアレンジしておいしくいただきました。

旅行の時に事前に準備しておくといいことは?

2019 01 01 19h36 30 300x196 - 福島県のペットと泊まれる宿「ニュー扇屋」でほっこり温まる旅♪

排せつグッズは多めに用意

普段のお散歩やお出掛けの時にも必須アイテムといえるのが排せつグッズかと思います。

特に旅行の時にはゴミ袋やティッシュなどの排せつグッズは多めに準備しておくといいですよ。

いつも愛犬がトイレをするタイミングというのがあるかとは思いますが、旅先ではいつもと違った環境にペースが変わると思うのです。

思いもしなかったところでトイレをしてしまった場合に、持ち合わせているものがないと非常に困ります。

ペットを連れて出かけている以上、私たちがマナーを守った行動をすることはとても重要です。

これからもっとペットを受け入れてもらえる施設が増えるためにも、しっかりとマナーを守れるように常に心掛けていきましょう。

また、散歩に出るときなどはペットボトルにお水を入れて持参するのもいいですよ。

マーキングをしてしまった時の臭い消しや、途中の水分補給の時に役立ちます。

ウェットティッシュも万能に使えるのでおすすめです。

愛犬の使い慣れたものを持っていく

愛犬のお気に入りのおもちゃや毛布等を持て行くようにしましょう。

家族と一緒とはいえ、移動したり慣れない場所に行くことはストレスがかかっていると思います。そのため愛犬たちが少しでも落ち着くことができる環境を作ってあげるために、おもちゃや遊び道具は必ず持っていってあげてくださいね。

おやつや食事も普段の食べ慣れているものを持参するのが安心です。

私たち人間は旅行でリフレッシュのために色々なものを食べたり飲んだりすることで楽しめますが、ワンちゃんたちはお腹を壊してしまうことも考えられます。

お互いが楽しい旅行になるように気を付けてあげてください。

ペット旅行の楽しみやアドバイスは?

2019 01 11 17h16 51 300x193 - 福島県のペットと泊まれる宿「ニュー扇屋」でほっこり温まる旅♪

不安はあるけど行ってみるといい思い出

私も初めてのペット旅行は行くまでは不安ばかりでした。

愛犬は長旅でストレスがかからないか、落ち着いて旅を満喫できるかなど気になることが多かったです。

でも普段から乗り物に乗る機会も多いので、移動は問題なく、旅行中も愛犬もずっと私たちと入れて嬉しそうでしたね。

そして旅行先では愛犬を通じて色々な方とも交流ができました。普段は人ともあまり接点がない私ですが、愛犬がいることで様々な方に話しかけられてこれは自分にとって良い経験になりましたね。

普段から人のいない場所や時間を狙って散歩をするのではなく、愛犬と通じて様々な人とかかわりを持っていくのも楽しいなと考えさせられた旅でした。

一度ペット旅行をすると、ペットと一緒の旅行は楽しいことだらけになります。もちろん愛犬にとってストレスがかからない範囲でですが、楽しい時間をみんなで共有してこれからもたくさんの思い出を作っていきたいと思います。

土湯温泉 自噴泉の宿 ニュー扇屋

Sponsored link