海がきれいな岡山県牛窓!ペットと泊まれる宿の宿泊体験紀とは?

現在54才の女性です。11才になる柴犬の雑種メスと10才になるチワワのオスを飼っています。両方とも小型犬ですが、雑種は現在7キロ、チワワは4キロの体重です。

2匹とも普段は家の中にいますが、1日2回の散歩と庭を走るのが大好きです。2匹ともペットショップで出会い娘が2匹とも選び我が家に来ることになりました。

私たちは岡山県の牛窓へレジャー目的で自家用車で2時間ぐらいで行きました。

旅行先でどんなことをしましたか?

2018 12 20 13h16 15 300x159 - 海がきれいな岡山県牛窓!ペットと泊まれる宿の宿泊体験紀とは?

宿のドッグランで他のワンちゃんとも遊ぶことができた

家から家族3人と車で牛窓へ向かいました。

犬同伴のペンションに到着し、チェックインの手続きをして宿泊する部屋へ案内されました。

一息ついたところでペンション所有のドッグランへ向かい犬と一緒に走って遊びました。ドッグランは細長い形で起伏もありしっかりと柵もしてあり安心して犬を離して一緒に遊べました。

同日宿泊されているご家族の何匹かと他の犬も来ていたので犬同士で遊んだり、飼い主さんとお話しして交流できてよかったです。

他のわんちゃんたちはみんなよく躾もされていて喧嘩することもなく、フレンドリーで仲良く遊ぶことができてとても良い刺激になりました。

様々な飼い主とも仲良くなれた

普段家の中にいることが多いので他のワンちゃんたちと触れ合うことができて良い機械になりました。小型犬から大型犬まで色んな犬種がいて性格もいろいろで飼い主さんのお話もとても勉強になりました。

子育てと似ていますが、みなさん色々ワンちゃんのことで嬉しいことや困ったこと、悩みもあることを聞くことができてとても参考になりました。

ペンションに戻ってから近くを散歩しました。ペンションの周りも自然が豊かでとても気持ちが癒されました。

ペンションの夕食はバルコニーのような広いスペースで犬たちと一緒に過ごすことができました。

犬たちも少しつずつリラックスしてくるのが感じられました。

牛窓のオリーブ園に行った

2日目は朝食を取ってチェックアウトした後、牛窓の海岸まで車で移動し、海岸を犬と散歩して遊びました。

瀬戸内の海が目の前に広がり、普段見られない海が見られて犬たちはびっくりしている様子でした。

でも水が怖いのか、海の中に入ろうとはしませんでした。それから牛窓のオリーブ園に向かい犬たちと一緒にオリーブ畑を観光して帰路に着きました。

ドイツの森はキレイでおすすめ

帰路に向かう途中にドイツの森に寄りました。ヨーロッパ風の建物や景色を再現してある施設で小動物のふれあいもできる場所なので犬たちも一緒に散策できてやぎや羊に初めて出会うことができました。

景色がとても綺麗で広大なお花畑がたくさんあるので子供や犬たちとお花畑を背景に綺麗な記念写真を撮る事が出来ました。中にレストランもあるので食事をしてそろそろ疲れも出て来たので家路に着きました。

宿の良かったところは?

2014011400101 300x200 - 海がきれいな岡山県牛窓!ペットと泊まれる宿の宿泊体験紀とは?

スタッフが犬好きで施設も申し分ない

インターネットで検索して見つけたのですが、「ラハイナ」というペンションです。

他にも検索していたら宿泊先はあったのですがとても良い選択だったと思います。

こじんまりしたペンションでしたが、建物もオシャレで綺麗で、スタッフの方もとても親切で優しく、何より犬たちのことをよく理解しておられるので安心して過ごす事が出来ました。

ペット用のアメニティも色々準備されていて持参するのを忘れたときも安心でした。

ペット同伴の食事も嬉しい

入口近くにはペット用の露天風呂も準備されていて私たちは利用しなかったのですが、ユニークだと思いました。有難かったのは、食事がペット同伴でも良い事でした。

普通のペット同伴のホテルや宿では食事の時はペットを部屋に置いて置かなければいけないところが多いからです。

そして犬用の食事のメニューもあったので犬たちも歓迎されている感じを受け嬉しい気持ちになりました。

夕食は魚か肉かを選べましたが私達はお肉のB B Qを選びましたが自然の中で頂くB B Qはとても気分が良くて楽しめました。

またペットと一緒に写真を撮ってもらいその写真をラベルにしてお土産用にお醤油をいただく事が出来ました。

小さなボトルに犬たちの写真が載っているお醤油はとても良い記念になりました。

ペンションの裏には山羊がつないであり、少し怖かったですが犬たちも初めての山羊体験をさせていただきました。良いことばかりで悪かったことはあまりないのですが、唯一難しかったのは予約が取りづらかったことでしょうか。

大きな施設ではないので部屋数も限られており、人気もあるので希望の日にちに予約できるかや部屋タイプも人数によって色々あるのでなかなかこちらの予定、希望通りには行きませんでした。

事前準備しておくと良いものは?

2018 12 20 13h33 30 300x199 - 海がきれいな岡山県牛窓!ペットと泊まれる宿の宿泊体験紀とは?

念のためのアメニティ持参

上でも記載しましたが、予定が決まったら早めにペンションに予約を入れたほうが良いことです。

人数によっても犬の大きさによっても部屋の広さなどがあるので早めに予約した方が選択ができるからです。

あとペットに必要なものはアメニティとしてペットシートなどは準備してありますが、やはり慣れたものが良いと思うのでいつも使っているトイレシートやベッド、ブランケットは持参した方が良いと思います。

特にフードは食べ慣れたものが良いのでフードと食器は必ず持参した方がペットにとっても安心感があると思います。あと足や体を拭くタオル、粗相をするペットにはマナーバンド、オムツなどはあった方が安心です。

犬の中には車に酔うワンちゃんもいるので汚れを取るお掃除グッヅも必要かもしれません。

また予定を建てる時に道路は事前にしっかり把握しておいた方がペットも人も時間の無駄なく、疲れを軽減してくれると思います。途中で休憩場所も決めておいた方がいいと思います。

ペット旅行の楽しみとアドバイスは?

2018 12 20 13h36 24 300x187 - 海がきれいな岡山県牛窓!ペットと泊まれる宿の宿泊体験紀とは?

最近日本でもペットと一緒の旅行をする人が増えて来たと思いますが、海外に比べるとまだまだ市民権が無いように思います。

今まで色々犬同伴で旅行をしましたが、動物が苦手な方やペットと一緒の旅行なんてと思われる方もおられるので、ペットを守るためにも旅行先では気遣いが必要だと思いました。

またドッグランや宿泊先などで犬同士のトラブルもあるので、リードを離す前にまずはつけたまま様子を見ます。そしてペットが落ち着いたらリードを離し、相性が悪そうな様子になって来たらリードを素早くつけるなど飼い主がペットの感情に敏感になった方がいいと思いました。

ペットとの旅行は楽しいですが、何よりペットが一番緊張しているのでリラックスさせるためにどうすればいいかを考えるのが先決かと思います。

いつも使っているものが一番安心するのでペットグッズやペットの匂いのついているもの。車の中でも落ち着いた環境を整える事が必要かと思います。

そしてトイレもいつもより回数を増やして外に出してあげた方がいいかと思います。特に自然の多いところでは自然の空気や景色をペットも人も感じて楽しむのが一番いいのかと思います。

ただ気をつけたいのが自然の中にはダニやノミなどの害虫がいることです。きちんと駆除剤を使われている方は大丈夫ですが、自然の中には必ず虫がいます。

人も要注意です。また宿泊先で予防接種の証明の提示をしなければいけないところも多いので証明書は準備しておいた方が良いと思います。

ワンちゃんと泊まる宿ラハイナ

Sponsored link