三重のペットと泊まれる宿「鳥羽わんわんパラダイスホテル」とは?

私は33歳の男性です。

ペットは犬で、犬種はパピヨンのオス7歳です。

そして旅行は家族3人で私の父母も一緒に行きました。父母は67歳と高齢者でありますがカラダも元気で愛犬をいつも散歩に連れて歩いています。

また私たち家族全員は京都在住で、旅行先として選んだのは三重県にある鳥羽です!

宿泊先は鳥羽わんわんパラダイスホテルです。愛犬と旅行に行ってみたいとう父母の願いを叶える為行きました。

車は父の所有していた普通車で行き休憩しながらで片道3時間半くらいですね。

鳥羽は水族館や海が綺麗で有名な街ですね。今回はそこに行った時の体験談を紹介しますね。

鳥羽旅行で楽しかったことは?

2018 12 07 16h11 03 300x197 - 三重のペットと泊まれる宿「鳥羽わんわんパラダイスホテル」とは?

とにかく楽しく過ごしました。

旅行自体が目的でしたので、愛犬を連れての移動そのものがお互いにリフレッシュでしたね!

観光地は連れて入っていいかわからない所も多かったので、道すがらの海岸で車をとめて砂浜を散歩したりしました。

志摩市にある横山の展望台と言う所へ行って見た景色がとてもきれいでしたのでおすすめです!

それに他に観光客もいなかったのでリードを外して好きに歩かせ、草木で遊んだりしていました。

山の上で周りは美しい景色、そして虫と戯れる愛犬。

父母は目を細めて愛おしそうに眺めていました。愛犬を交えた記念写真も取り放題だったので、たくさん思い出が残せて嬉しかったです。

観光地を避けたほうが楽しめた

夫婦岩や鳥羽水族館と言ったメジャー観光地は避けて、あまり人のいない海水浴場や展望台の方が人目を気にせず散歩したり愛犬を走り回らせたりすることができて良かったです。

海岸で拾った流木を投げると一目散に走って追いかけていき、くわえて戻ってきました。

地元の広場ではフリスビーを投げても取りに行ったことがなかったのに、皆で驚きました。

当日のスケジュールは?

スケジュールとしては、朝一番に京都を出発。高速で三重へ。

途中大津や嬉野のパーキングで休憩。愛犬はおしっこをして、私や父母は腹ごしらえ。三重ではパールロードも通りながら、鳥羽付近をうろうろ。

名前も覚えていないマイナーな海岸で車をとめて、砂浜で遊びました。道の駅にも寄りましたが、そこでは愛犬は車の中でお留守番でした。

ホテルへチェックインしてからは、風呂に食事にと普通に旅行を楽しんだのですが、愛犬が一緒の旅行は初めてだったので父母がとても嬉しそうでした。

料理の一品一品を愛犬に示して教えていました。全員同じ部屋で寝たことで家族一員を感じました!愛犬もとても幸せそうでした。

愛犬が見知らぬ部屋で落ち着かないのではと心配していたのですが、全くの杞憂に終わりました。

起きて朝食をとった後チェックアウトし、志摩の方へ行きました。特に目的地は無かったのですが、とにかく海が見えるところへ行きたいと母が言うので車で海岸沿いの道をドライブしました。

愛犬は窓から顔を出して目を細めて気持ちよさそうにしていました。

潮風が気持ちいいのかな?なんて話をしました。横山の展望台で遊んで、また高速で帰りました。

鳥羽わんわんパラダイスホテルの良かったところや改善点は?

2018 12 07 16h19 05 300x195 - 三重のペットと泊まれる宿「鳥羽わんわんパラダイスホテル」とは?

良かった部分は?

部屋はとてもきれいで広かったので良かったです。

それにオーシャンビューだったので、とにかく愛犬と一緒に海を見ることが目的の我が家にはぴったりの部屋でした。

部屋から見える海に母親が非常に喜んで、愛犬を抱っこして「見える?きれいやねぇ。海は大きいねぇ」なんてずっとご機嫌に話しかけていました。

料理も三重の食材が使われていておいしかったです。

伊勢海老に青さ、松阪牛と家族みんなで味わって食べました。

朝食のバイキングもおいしかったけど、ちょっと普通かな?どこのホテルでも出てきそうなありきたりのバイキングという感じでした。

ただホテルはペット連れ専用と事で選んだので、他のお客さんに気を遣うことは全く有りませんでした。

ずっとケージに入れて運ぶ必要もなく、ペット同伴としてはかなり自由度が高かったので大満足です。ペットを付属の荷物ではなく、家族の一員として一緒に旅行できている感が強く感じられました。

たまたまかもしれませんが行きあう他のお客さんも小型犬ばかりで、じゃれる愛犬たちと共に挨拶したり会話が弾みましたので楽しかったです。

スタッフさんもペット好きなのが伝わってくる方ばかりで、とても優しく愛犬にも気遣ってくださいましたので安心です!

砂浜で遊んで疲れていたのでドッグランは利用しなかったのですが、結構広くて楽しそうでした。

改善点は?

お風呂は少しイマイチでした。

ペット同伴できないのはしょうがないと思いますが、狭くて暗かったのでお風呂はさっと洗って流すくらいの気持ちで行くのが良さそうです。

部屋風呂はユニットバスだったので愛犬を軽く洗うには狭かったです。でも全体的にはとても良いホテルでした。

旅行に行く事前に準備しておいたほうが良いことは?

2018 12 07 16h25 24 300x195 - 三重のペットと泊まれる宿「鳥羽わんわんパラダイスホテル」とは?

排せつグッズは必須

内の愛犬はトイレのしつけがやや弱いので、排せつ物の処理用品はもっと多くても良かったかなと思いました。

特に車内が匂わないようジップロックなどの密閉できる袋や消臭剤をたっぷり持って行けばよかったと思います。

車の場合サービスエリアでをチェックしておく

大まかなルートだけ決めて後は行き当たりばったりだったのですが、十分楽しめました。

ガイドブックも購入して持って行ったのですが、実際見たのは道の駅の案内地図くらいでした。

サービスエリアと道の駅は事前に調べておくと良いです。

シートとフードの持参

愛犬の汚れはお風呂で洗えばいいかと思っていたのですが、ユニットバスで洗いにくかったのと途中の海岸でけっこう汚れたので、厚手のウェットティッシュを多めに用意していって大正解でした。

とにかく拭きまくりましたので。食べなれたエサも多めに持って行っていましたが、宿の食事を喜んで食べてくれたのでけっこう持って帰ることになりました。

ただもし宿の食事が合わなかったら困るので、ご飯とお菓子は多めにあっていいと思います。

ペット旅行の楽しみやこれから行く人へのアドバイスは?

2018 12 07 16h32 06 300x195 - 三重のペットと泊まれる宿「鳥羽わんわんパラダイスホテル」とは?

ペットは家族です。家族なのに普通の旅行には一緒に行けません。それがペット可の宿をとって行くと、一緒に旅行が出来ます。まずそれが何より嬉しいです。

旅行先では制約も出てきますが、意外と全く気にならないのです!

一緒に遊べるところはどこかなと調べたり考えるのがまた楽しいですしね。

初めて行く土地で散歩するのは、いつもとは全く違う景色でわくわくします。ペットも走り回ったりしてテンション上がっているのが伝わってきます。

地元ではしなかったような動きをすることもあり、ペットの新たな一面を発見出来たりもします。そして素晴らしい景色をペットと共に楽しんで、写真にいっぱい残せます。

写真をとりまくってアルバムを残すと、後から何度も見直すことが出来ます。ビデオに撮るのもいいと思います。

ペットと一緒に行くと、こちらも元気をもらって旅行を目いっぱい楽しめるようになります。帰ってから疲れがどっと出ますけどね(笑)

事前調べを入念に!

初めていく方には、ペット専用ホテルやペット同伴を前面に謳っている宿がおすすめです。

必要なものも揃っていますし、従業員さんも慣れているからです。粗相をしても対応がしっかりしています。

何より他のお客さんがペット連ればかりなのが安心ですしね。

せっかくの旅行なのに、周りに気を遣い続けたくないですものね。その点では電車よりも自家用車の方がいいかもしれません。

行ってしまえば何とかなるのですが、色々考えると不安になるので万が一に備えようと荷物はかなり増えます。大変なこともありますが、やはり愛するペットとの旅行は楽しいです。一生忘れられない素敵な思い出になりますよ。

是非鳥羽にも行ってみてくださいね!

 

鳥羽わんわんパラダイスホテルHP→鳥羽わんわんパラダイスホテル

Sponsored link