世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

私は45歳男性、普段は証券会社で働いています。

そして家には妻と5歳の娘、3歳の息子、トイプードルのララがいます。ララはメスで3歳になったばかりのわんぱく犬です。

人懐っこくて、家では走りまわっています。

でも外に出るとおとなしく、吠えたりもしませんので、ある意味飼いやすい犬だと思います。

そんな私たちは、家のある新潟は上越から、富山県は砺波にある犬宿すいげつろうホテルに旅行に行きました。

新潟からは北陸道を通り2時間程度かかります。

富山の犬宿をお探しの方に少しでも参考になればと思います。

富山ではどんなことをしましたか?

2019 01 05 16h54 45 300x196 - 世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

富山市を超えて砺波市にホテルがあったので北陸道をひたすら走りました。

新潟から富山に来る時の北陸道はトンネルが30個近くあり、長いものだと4kmを超えます。

愛犬のララは車には慣れているので、トンネルでも楽しそうに外を眺めていました。暗くなったり、明るくなったりと不思議だったのでしょう。

チューリップ公園で観賞

2019 01 05 17h35 12 300x201 - 世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

砺波と言えばチューリップ公園が有名ですよね。

まず初めにこの公園に向かいました。時期は春を過ぎたころで4月中旬です。特に下の娘と妻はお花が好きで、家にもいくつか種類があります。

私はあまり詳しくないですがチューリップくらいは知っているのと、とにかくすごいから一度行こうと言われたので行きました。

愛犬のララは肩掛けバッグの中に入れてチューリップ公園へ。

最初の印象として、到着してからわが目を疑うくらい満開のチューリップが私たち家族を迎えてくれるかのようで圧倒されました。

こんなに素晴らしい公園があったことに驚きを隠せませんでした。私は恥ずかしながら花ってキレイだなと心から思いました。

ララも途中歩かせて、臭いをクンクン嗅いでいるようでした。いつもとは違う散歩道ですから新鮮さを感じたのでしょう。

となみ夢の平スキー場で思いっきり遊ばせた

続いて向かったのは夢の平スキー場です。

ここは冬はスキー客でにぎわいますが、春から夏にかけては犬にとっては最高の遊び場になります!

ララはフリスビーやボールが大好きなので、思いっきり走らせました。

もちろん私たち夫婦ではなく、子供たちに任せましたよ。大人は疲れますから体力が余っている子供と犬ならちょうど良いのです。

天気も良く、気温も20度ちょっとでしたので気持ちよかったです。

そしてそのままランチ。実は私たちはピクニックが大好きであえてお弁当を作ってスキー場で食べることを決めていました。妻も昔はそうやって過ごしていたこともあり外で食べるごはんは最高ですからね!

ララにもおやつを上げてみんなで風を感じながら。こういうのが最高に幸せなのです。

五箇山を散策

続いて世界遺産である五箇山に行きました。

子供たちも勉強になるかと思ったのと、色々と見て、触れて、感じて可能性を高めてもらいたいという教育の意味も込めて向かいました。

ララはリードをつけて歩かせ、小型犬なので疲れたころを見計らっておやつを食べさせ、肩掛けバッグに入れました。

雄大な自然と空気の違いを味わい、気持ちもカラダもリフレッシュしたように思います。

合掌造りは寒い冬をしのぐために先人が考え抜いた家。私自身も勉強になりました。

すいげつろうホテルはどうでしたか?良かった点や改善点は?

KRxBje 300x200 - 世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

五箇山を最後にホテルへ向かいました。

時刻は17時頃でした。ホテルに到着するとスタッフの方がララをみて可愛い~と一言。

そんなことを言われたら飼い主も嬉しい気持ちになりますよね!犬好きなスタッフさんに出迎えられたことが印象的です。

部屋がきれい

ホテル自体はそこまで大きくないものの、内装はとてもきれいでしたし、部屋も最高でした。

畳の感じも手入れされていましたし、お茶とお菓子がついていておもてなし感のあるホテルだなと感じました。

愛犬のララも一緒に泊まることができたので嬉しい限りです。

お風呂にはチューリップが

チューリップの季節ということもあり、お風呂にはチューリップが沢山散りばめられていました。

でもこれは貸し切風呂限定みたいなのでご注意ください。泉質もよく、肌もすべすべになったと妻は喜んでいました。

男の私はその辺は無頓着なので気づきませんでしたが女性にも嬉しいお風呂であると言えますね。

料理も海の幸づくし

料理はさすがは富山日本海です!海の幸がふんだんに用意されていておいしかったです!

私たちの住む新潟も日本海ですが、やはり富山とは違いますね。富山名物白エビもいただくことができました。

子供たちには大人の味がわからないと思うので、特別にお子様セットを用意してもらいました。

ここも気がきくなと感じたところです。

改善点はペットのごはん

満足していた私たちですが、あえて言えばペット用のごはんもあればいいなと思います。

予め調べておいたので自宅からドッグフードは持参していましが、旅行を一緒に味わうということを考えると寂しい気持ちですね。

私たちがごはんを食べている間はじっと待っていなければいけませんから。

もちろんしつけの意味も含めて人間が先に食べるようにしています。

砺波旅行で事前に準備しておくといいことは?

2019 01 04 13h03 34 300x195 - 世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

こちらのホテルは小型犬と中型犬のみOKですので、大型犬は入れません。

フードを持参すること

ホテルでは犬用の料理はないので、いつも自宅で与えているエサを持っていくといいでしょう。

おそらくホテルで出されても愛犬が食べるかどうかは不明ですからね。いつも食べ慣れているもののほうがいいからとホテルの方も言っていました。

あとは各家庭で与えているドッグフードが違うためホテル側も難しいようです。

排せつグッズは必須

排せつグッズはいつでも持参して対応できるようにしておきましょう。

チューリップ公園も、スキー場でも、五箇山でも散策中に何回か排せつをしましたがその際に持参していてよかったとつくづく感じました。もし忘れていたらと考えると世界遺産を汚すことになりかねないですからね。

そして更に大切なのはワンちゃんの心のケアにも繋がるということ。

私たちの愛犬ララは私たちが排せつ処理をしている間もじーっと見ています。もしそのまま放置するようなことがあったら犬にも不安を与えてしまいますし、マナーの悪さがなんとなく犬も感じられるのだと思います。

飼い主がしっかりと処理をすることは愛犬との絆を深めるうえでも重要だと思います。

行動はみられている意識を持ちましょう。

ペット旅行の楽しみは?アドバイスもあれば!

2018 12 25 09h34 57 300x189 - 世界遺産の旅♪富山のペットと泊まれる宿「すいげつろうホテル」

ペット旅行の楽しみは家族旅行と同等のものだと思います。

ペットと会話することはできませんが、新しい土地に行き、いつもとは違う日常を共に過ごすことで同じ思い出ができます。

それに愛犬の表情をみていると楽しんでるな~とか、今お腹減っているな~とか、何か困っているな~とか全て感じるものがあります。

そういう感じ方を汲み取るもの人間と犬との絆あればこそと考えています。

私たち夫婦は人間よりも、犬のほうが寿命が短いこともありなるべく日常を楽しませてあげたいという想いがあります。

アドバイスとしては事前調査を怠らないこと。

人間は臨機応変に対応できますが、ペットはできません。純粋なペットを悩ませるようなことをしないように計画的に旅行することをおすすめします。

まだ行ったことがなくて不安な方は近場からでもいいので行ってみるといいですよ!愛犬との思い出が増えてより一層愛着がわくと思います。

 

すいげつろうホテルHP→創業寛政三年 すいげつろうホテル<となみ>

Sponsored link