茨城県で一組限定のペットと泊まれる宿!「すいへいせん」の旅行記

私たち夫婦は昔から犬が好きで、犬のいない暮らしは考えられません。

代々、シェルティーを飼っています。

シェルティーはとてもお利口で賢い犬種です。毛並みもキレイで美しい!現在飼っているシェルティーは3代目です。

休日のお出掛けも愛犬との時間を楽しむために時間を使っています。そのため私たちの休日はドッグランへ行くことがほとんどです。

食事や観光も犬も行くことができる施設を中心にスケジュールを組みますね。行ける場所は限られてきますが、愛犬と一緒に思い出を作れることの方が幸せを感じます。

今回、旅行をしたのは茨城県のお宿「すいへいせん」です。

私の誕生日旅行で、ひたち海浜公園のネモフィラを見に行きたくて愛犬も一緒に泊まれるところを探しました。

感想としては泊って大正解。とてもいい思い出になりました。

その旅行先で何をして過ごしましたか?楽しかった経験は?

国営ひたち海浜公園

2019 01 06 12h14 33 300x198 - 茨城県で一組限定のペットと泊まれる宿!「すいへいせん」の旅行記

まずは今回の旅行のメインでもある、国営ひたち海浜公園へ直行しました。

ひたち海浜公園の「みはらしの丘」は毎年テレビのニュースにもなるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

一面が水色一色に広がる素敵な景色を作り出すのは、約450万本ものネモフィラです。

ピーク時を少しはずしたとはいえ、人が多いのも覚悟の上で向かいました。思ったよりは混雑しておらずホッとして入場。(といっても、想像よりは…という混雑具合です。)

私たちが伺った日は天気にも恵まれて、青空とネモフィラが一面に広がる風景は圧巻でした。

テレビで見ているだけでも美しい風景でしたが、実際自分の目で見ることができてよかったです。

一番のピークの時期はやはりすごい人が予想されます。

ペットと連れてのお出掛けの際には細心の注意が必要なので、ピーク時をさけることをおすすめします。

ドッグランひぬま

2019 01 06 12h18 15 300x167 - 茨城県で一組限定のペットと泊まれる宿!「すいへいせん」の旅行記

宿から車で15分ほどのところには、ドックランひぬまがあります。

こちらのドッグランは小型・中型・大型犬用のエリア、フリーエリアとエリアが分かれています。

色んなワンちゃんとも仲良くなって欲しいという気持ちもありますが、普段会っていない大型犬や小型犬が一緒のエリアを使用するのは少し不安がありますよね。

そのためこのようにエリアが分かれているのは、飼い主にもワンちゃんにも安心して楽しむことができる嬉しいサービスです。

愛犬のおもちゃも持参可能なので、我が家は大好きなテニスボールを持って出かけました。

思いっきり走って大満足の我が家の愛犬でした。

今回、私たちは利用しませんでしたがワンちゃん用のプールもあります。お水遊びが大好きなワンちゃんにはいいかもしれません。

プールは通常4月ころから11月までやっているそうですよ。私たちが伺った日はお天気は良くても、まだ肌寒さがあったのでやめておきました。

バーベキューや鍋も楽しめるそうなので、人間も犬も大いに楽しめます。次回はシーズンを変えて、友だちファミリーと利用しようかなとも考えています。

ちなみにセルフシャンプーコーナーもありますので、たくさん遊んでもキレイにして帰ることができます。

宿の良かった点改善点は?

2019 01 06 12h19 24 300x190 - 茨城県で一組限定のペットと泊まれる宿!「すいへいせん」の旅行記

一組だけの特別なおもてなし

このお宿は一日に宿泊できるお客様は“一組だけ”です。

そのため周囲をきにすることなくのびのびと過ごすことができます。愛犬も部屋に入ったらリードを付ける必要もありません。ただしベットに一緒に寝るのは禁止です。

自分の家のようにフロアを自由に使えるので、食事付きの別荘です。

そして私が嬉しかったのは、コーヒーカップやマグカップ、お茶用の急須などがそろっていたこと。

もちろんティーパッグも色々たのしめました。

主人はコンセントが多いことに喜んでいました。様々な宿泊先ではコンセントの取り合いになることもあったので、ありがたっかたです。

オーナーもとても感じのいい方でしたし、お宿の様子からオーナーの配慮やおもてなしの心が感じられました。

ロケーションがいい

木々に囲まれ、自然あふれるところに位置するお宿で、自然が好きな私たちにはとても癒される場所でした。

部屋に入ると、座り心地のよい大きなソファーがあります。つい腰をおろすとなかなか立ち上がれません。

でも旅行だし、のんびりこれでいいのよね~と自分にいいきかせながらくつろぐことができました。

なんといっても最高なのは1階からの吹き抜けになっているオーシャンビューのお部屋があります。ここからの景色は最高です。

オーシャンビューの隣では、海を見ながらお風呂にも入ることができます。ここからみる朝日に感動しました。

部屋がきれいでアメニティが充実している

フロアはどこをみても掃除が行き届いていて大変気持ちよく過ごさせていただきました。

ベッドもふかふかで清潔感があり、気持ちがよかったです。

アメニティも女性に嬉しいアイテムが充実していました。

ワンちゃん用のアメニティとしては、トイレシーツやビニール袋、コロコロがありました。ワンちゃん用の食器もお願いしたら用意してくれるのだそうです。

しかしワンちゃん用の食事はありませんので、普段食べなれているものを持参しましょう。

基本的にはワンちゃん用のグッズは持参です。

料理がおいしい

ネットの口コミでも料理がおいしいとたくさん書かれていたので、とても楽しみにしていました。

噂通り、どのお料理も絶品でした。

食事は広いダイニングテーブルでいただきます。

実は茨城県は農業生産高では国内で常にトップ5には入るといわれているのだそうです。

その茨城県で、県内一位の鉾田市の農産物と近隣港で仕入れた魚介類、県内産の牛肉や豚肉を使っての創作料理が楽しめます。

そして注目なのはデザートです。

鉾田市はメロンの生産率が日本1位で、そんな地元産の贅沢なメロンがこまた贅沢にドーン!と半分も出てきます。

実はそんなにメロンをおいしいと思ったことのない私…

しかしこちらでいただいたメロンは爽やかな甘みのある、贅沢なメロン。とてもおいしかったです。

場所が分かりにくい

もう大満足のすいせんさんですが、ひとつ改善点をあげるとしたら看板などの目印があるとありがたいということです。

国道から海に向かっては細い道です。地図によっては車が走れないといわれることもあるくらいだそうです。

我が家の車のナビも周辺までは案内してくれたのですが、そこで終了してしまいました。そして携帯でグーグルマップに切り替えました。

こちらではお宿の前までしっかり案内してくれました。

しかし看板などを見つけることができず、キョロキョロ。電話をしてみたらご主人が出てきてくださいました。

写真と照らし合わせながら確認はできますが、看板があると親切かなと思いました。

準備しておいたほうが良かったことはありますか?

2019 01 06 12h20 36 300x194 - 茨城県で一組限定のペットと泊まれる宿!「すいへいせん」の旅行記

ワンちゃん用の寝具

こちらのお宿はワンちゃんのしつけがしっかりとできていれば基本的にはフリーで過ごさせてあげることができます。

寝るときもゲージに入れる必要はなく、寝室まで来ることも可能です。

ただしベッドの上に寝かせることは禁止されているので、ワンちゃんが寝るときの寝具があるといいでしょう。

こちらでの宿泊に限らず、ワンちゃん用の寝具はもっていくことをおすすめします。

犬は私たちの何倍も嗅覚が優れています。寝具が用意されているところでも、前に泊ったワンちゃんの匂いなどが残っていて安心できないかもしれません。

いつもとは違う環境だからこそ、愛犬を最大限に気遣い、過ごしやすいようにしてあげるといいかと思います。

愛犬用のタオル

旅先では様々なところに出かけると思います。

ドックランや浜辺などで楽しんだ後は、必ず汚れてしまいます。

アメニティでタオルが用意されているかもしれませんが、人間用のみかもしれません。

みんなが気持ちよく旅ができるように愛犬用タオルもあると万能に使うことができるので、準備しておくといいですよ。

ペット旅行の楽しみと、初心者へのアドバイスは?

愛犬と旅行をする際には、愛犬用のグッズは一通り持参することをおすすめします。

少々荷物になってしまうかもしれませんが、使い慣れているものを持って行った方が安心です。

食事やトイレグッズはもちろんのこと、どこへ行くにも水を持参するといいでしょう。

遊んだ後に限らず、乗り物移動でも結構のどが渇いているようです。

また、もしものことも考えて、旅行の前にはかかりつけの獣医さんに検診してもらうのもいいですね。

愛犬の体調も万全にして旅行を楽しんでください。

愛犬との旅行は思い出がたくさんできますよ。ぜひ旅行を計画してみてくださいね。

 

一組だけのお宿「すいせん」HP→一組だけのお宿 すいへいせん

Sponsored link