飛騨高山で愛犬と泊まれる「高山わんわんパラダイス」の体験談は?

私たち夫婦は子供たちが自立してからは、愛犬2匹と生活を共にしています。

我が家の愛犬はミニチュアダックスのメスが2匹で、ヤヨイとアスカといいます。

二匹は姉妹なのですが、性格は真逆です。ヤヨイはとてもおとなしく、猫のようにいつも誰かの膝の上で丸まって眠っていることがほとんど。

反対にアスカは男の子かと勘違いしてしまうほど活発で、気も強いです。

私たち夫婦は昔から旅行が趣味で、年に数回は国内外へ旅行に出かけます。その際はいつもかかりつけの病院で預かっていただいています。

しかし今回は息子夫婦がペット旅行をした話を聞いて、楽しそうだったので私たちもしてみようと企画しました。

2匹連れての旅行には少し不安がありましたが、結果的には一緒に旅行を楽しむことができて幸せでした。

飛騨高山で何をして過ごしましたか?楽しかった経験は?

2019 01 07 22h12 33 300x197 - 飛騨高山で愛犬と泊まれる「高山わんわんパラダイス」の体験談は?

サービスエリアのドッグラン

私たちは名古屋から車で高山へ向かいました。

長旅になるので愛犬たちが途中で気分転換できそうなところも事前に調査しておきました。

ホテルへ向かう途中のサービスエリア、関サービスエリアにはドッグランがありました。天気も良かったのでドッグランに挑戦!

実は我が家の愛犬たちは、家の近くの公園を走り回ることはありますが、ドッグランを利用したことはありません。

活発なアスカは大喜びでダッシュしていました。ヤヨイは運動がそんなに好きではないので、ちょっと走っては匂いを嗅いで回って終わりました。

ラッキーなことに他のワンちゃんが全然いなかったので貸し切りで使わせていただきました。

その他のサービスエリアでもドッグランはなくても、ワンちゃんたちが休めそうなところではしっかりと休憩。

ひるがの高原サービスエリアもワンちゃんたちが休憩できるにはいいサービスエリアでした。

モデルプランをそのまま満喫

今回の飛騨高山への旅行は初めてで、愛犬たちを連れての旅行も初めて。

そのため今回は、高山わんわんパラダイスのホームページに載っていた“高山での過ごし方”というモデルプランをそのまま満喫することにしました。

じねんのむら茶茶

高山インターを降りて15分ほどのところに「じねんのむら茶茶」という歴史的な雰囲気を感じるお食事処があります。

こちらの別館にはテラスがあり、愛犬たちも一緒に食事の時間を過ごすことができます。

自然薯(やまいも)や飛騨牛など、飛騨の食材を楽しめます。

甘みのある自然薯はたくさん量があったにも関わらず、あっという間にご飯をペロっと食べてしまいました。

とてもおいしかったです。

高山の町並みを散策

チェックインは15:00の予定だったので、少し早く到着した私たちは街を散策しました。

さんまち通りというところは、商人の街として発展したのだそうです。

タイムスリップしたのかと思うような古くて趣のある建物ばかりが並んでいます。

しかし建物の中を覗いてみると、雑貨屋さんやカフェ、お土産屋さんなどおしゃれなお店がたくさんありました。

ペット可のお店もいくつかありましたよ。

食べ歩きもできるみたらし団子や飛騨牛の串刺しなどもあったのですが、来る前にご飯をお腹いっぱい食べてしまったので今回は断念。

次回はお腹を空かせて街を散策したいなと思いました。

早朝の散歩

翌日の朝は、朝食の前にお散歩を楽しみました。

敷地内をめぐるお散歩コースは全長700mほど。

朝の空気はとても澄んでいて新鮮でした。鳥の声や風の音など、普段の生活の中ではなかなか味わうことのできない時間を過ごすことができました。

犬宿高山わんわんパラダイスの良かった点改善点は?

2019 01 07 22h14 12 300x220 - 飛騨高山で愛犬と泊まれる「高山わんわんパラダイス」の体験談は?

楽天トラベルで楽々お得に予約

いつも私たちは楽天とレベルを利用して旅行しています。微々たるものではありますがポイントがたまるので嬉しいです。

高山わんわんパラダイスもこの楽天トラベルで予約することができました。

プランをよく見てみると飛騨牛が割引で食べられたり、ワンちゃんのおやつがもらえたり、ワンちゃん用の入浴が割引になったりとお得な情報が盛りだくさんです。

自分たちにとって一番いいプランを見つけてみてください。

ちなみに私たちは少しでもお得に、そして美味しく飛騨牛を堪能したかったのでその願いが叶うプランで予約しました。

食事を堪能

食事は愛犬たちも一緒に楽しむことができます。しかも愛犬用のメニューもあります。

私たちは愛犬用の食事も事前に予約しましたが、チェックインの際などでも予約ができるそうです。

私たちは飛騨牛をはじめ、どのお料理も大変おいしくいただきました。コストパフォーマンスがいいなと満足のいく食事でした。

愛犬たちも喜んであっという間に完食していました。

朝食は豪華な和定食でした。私たち夫婦は朝食も毎朝しっかり食べるので満足にいただくことができました。

露天風呂で癒しの時間

高山わんわんパラダイスには大浴場はありません。お風呂は各部屋についているユニットバスか貸し切りの露天風呂になります。

もちろんせっかくなので露天風呂に入らせていただきました。

数種類の温泉がありますが、事前予約はできません。入りたいときに電話をして、空いていたら入れるというスタイルです。

私たちはラッキーなことに電話をしてすぐに希望のお風呂へ入ることができました。

運転もして、散策もして疲れたカラダは、温泉でしっかり癒されました。

星空をゆっくり眺めながら、落ち着いた雰囲気の中で日常生活では味わえない特別な時間でした。

ちなみに私たちは利用しませんでしたが、ワンちゃん専用の浴槽がある貸切風呂もあります。みんなで時間を気にせず癒されるのもいいかもしれませんね。

ただ今後、温泉の事前予約ができるようになるといいのかな?と思いました。

私たちは運よく希望のお風呂にすぐに入ることができましたが、小さなお子様連れのお客様のことを思うと時間が見えると過ごしやすいのかと思いました。

ドッグランを満喫

ホテルに併設されているドッグランは500坪もあります。

500坪あると聞いてものすごく広いイメージをしていたからか、そこまで広くは感じませんでした。

でも我が家の愛犬たちは小型犬なので充分満喫したご様子でした。

ドッグランにはお水を飲むところやうんちボックスもありましたよ。

旅行前に準備しておいたほうが良かったことはありますか?

2018 12 14 10h24 33 300x196 - 飛騨高山で愛犬と泊まれる「高山わんわんパラダイス」の体験談は?

慣れたものを持参する

高山わんわんパラダイスにはワンちゃん用の食事もありますが、いつも食べ慣れているものを持っていくのが安心です。

食べない可能性もありますし、相性が良くないことも考えられます。

ワンちゃんたちも元気で旅行ができるように、食事やおやつは持参しましょう。

また、ワンちゃんが普段お使いのボックスやタオルも持参することをおすすめします。

旅先ではいままで行ったことのない景色や匂いに、ワンちゃんたちがストレスを感じてしまうかもしれません。

普段使っているグッズを持っていくだけでも、自分の居場所を確認でき安心することができると思います。

飼い主たちだけがリラックスするのではなく、愛犬たちも安らげるように配慮してあげることが大切です。

迷子札を用意する

一緒に行動していたら迷子になることは考えにくいですが、旅先では何が起こるかは予測できません。

慣れない環境で迷子になってしまうと、ワンちゃんも飼い主も不安でたまりません。

迷子札があるだけで、もし離れてしまった場合でも見つかる可能性はかなり高くなります。

ペット旅行のアドバイス

ペットとの旅行は色々と不安が出てくると思います。

しかし普段からしっかりとコミュニケーションが取れていて、しつけができていたら不安は軽減できます。

旅行が心配な時は、まずは日帰りで楽しめる旅行からはじめていくのもいいかと思います。

車や人に慣れていると、旅先で見慣れないところにいってもワンちゃんたちもストレスを感じないでしょう。

旅先では予測できないことも起こる可能性もありますので、緊急時の動物病院なども遊びの下調べと合わせて確認しておきましょう。

ここ最近は人間のみならずワンちゃんたちの寿命も延びているといわれます。

とはいっても私たちよりは短い寿命です。

少しでも一緒に過ごせる時間を長く、思い出を作るためにも愛犬たちとの旅を楽しんでください。

 

高山わんわんパラダイスHP→https://www.wanpara.jp/takayama/

Sponsored link