都会を満喫できる犬宿!「ヒルトン東京お台場」で特別な思い出を♪

私は個人でネイルサロンを営む30代女性です。

昨年結婚しましたが、独身時代から黒のトイプードルを飼っていて、仲良く3人で暮らしています。愛犬は今年で5歳になります。

主人も個人事業主として仕事をしているため、お互いスケジュールは合わせやすいのですがほとんど休まず仕事をしています。

お互いに仕事も好きなので、ストレスを感じることはありませんがよく考えてみると旅行らしい旅行に出かけたことがありません。

そんな私たちなので、結婚する際に結婚記念日だけは仕事を忘れて特別な日にしようと決めていました。

時が過ぎ、初めての結婚記念日が近づいてきたので旅行の計画を立てはじめました。

わが子のような愛犬も行くことができ、でも特別な日でもあるので、ペットもOKだけどちょっとおしゃれな雰囲気のところはないかと探しました。

そこで見つけたのが「ヒルトン東京お台場」です。

埼玉に住んでいるので行こうと思えば行ける距離なのに、最後にお台場に行ったのは学生時代…。

大人になった今だからこそ楽しめるお台場を楽しみに結婚記念日旅行をしました。

ペットとの旅行先で何をして過ごしましたか?楽しかった経験は?

2019 01 08 17h07 36 300x195 - 都会を満喫できる犬宿!「ヒルトン東京お台場」で特別な思い出を♪

ホテル周辺を散策

フジテレビや自由の女神像、レインボーブリッジが見えた瞬間に子供のようにはしゃいでしましました。

お台場の象徴が一気に目の前へと現れ、旅行気分が全開です。

私たちはホテルにチェックインする前に、手荷物だけ預けてあたりを散策しました。

まずはホテルに一番近い潮風公園へ。

愛犬はお散歩が大好きです。それに移動中はずっとクレートに入っていたため、外に出た瞬間から意気揚々と歩いていました。

潮風公園には広い芝生があり、子供たちやワンちゃんたちが元気に走り回っていました。

私たちは念のためリードはつけたままで愛犬と遊びました。

それでも愛犬は十分楽しんでいたようです。

そのまま歩き、お台場海浜公園へ向かいました。

お台場海浜公園には飲食できるお店やテラス席もあったので、ランチタイムにしました。

海を見ながらテラスでの食事は、海外リゾートにきたような感覚になりましたよ。

ヴィーナスフォートでショッピング

ショッピングはさすがに難しいかなと思いましたが、1階はリードをつけていたら通行可能でした。

2,3階はさすがにキャリーバックなどを利用するか抱き抱えなくてはいけませんが、愛犬も一緒にショッピングを楽しめます。

買い物は愛犬グッズが中心となりましたが、品ぞろえが豊富で驚きました。

みているとたくさん欲しくなってしまいますが、帰りに荷物が増えすぎる危険性があるので、犬用のお洋服を何点か購入。

室内のドッグランや、ワンちゃんのご飯の試食、ワンちゃんの靴や靴下のお店など驚きがたくさんありました。

私たちも愛犬も楽しめるショッピングでした。

ヒルトン東京の良かった点や改善点は?

2019 01 08 17h08 57 300x194 - 都会を満喫できる犬宿!「ヒルトン東京お台場」で特別な思い出を♪

景色がいい

部屋に入ると目の前に180度、東京湾が広がっていました。

レインボーブリッジや東京タワー、レインボーブリッジも見ることができました。

部屋にはベランダもついており、出ることができます。

我が家の愛犬はじっと歩く人々を見つめていました。いつもと違う風景に愛犬もなにかを感じていたのでしょうね。

時間が経つにつれて表情を変える部屋からの景色。

夕暮れ時や夜のライトアップは格別に素敵でした。

部屋がきれいでアメニティも充実

お部屋はインテリアをはじめ、どれも素敵でしたし隅々までキレイに清掃してありました。

アメニティもヒルトンのいい香りが広がるものばかりで特別な気分になれます。

愛犬用のアメニティも充実。

ゲージ、寝るとき用のクッションやトイレ用のシーツ、食事用のトレイなど必要最低限のものは揃っています。

荷物を少なくして旅行したい方には助かりますね。

ただ、ワンちゃん用のご飯やおやつ、おもちゃなどは普段の慣れたものを持っていくようにしましょう。

ロビーの飾り付けが素敵

私たちが宿泊したのはちょうどクリスマスの少し前のシーズンでした。

そのためロビーには大きなクリスマスツリーをはじめとする、かわいらしい飾りつけがされていました。

ワンちゃんたちはロビーなどの共用スペースはクレートなど使用する必要があります。

たくさん歩いたので、愛犬を休憩させてロビーに行こうと思ったのですが、愛犬は一人にされたくなかったようで一緒に行きました。

写真も撮っていただいていい記念になりました。

食事も豪華

食事はレストランでビュッフェを堪能。

食事のときだけ愛犬には部屋でお留守番してもらいました。さすがに疲れていたようで、今回は静かにゲージで眠っていました。

今回は冬だったので愛犬はお部屋でお留守番ですが、春から秋まではレストランのテラス席であればペットも同伴可能なのだそうですよ。

クリスマスシーズンの食事だったので、ローストビーフやターキー、ケーキなどをお腹いっぱいいただきました。

翌朝の朝食はルームサービスにしました。

部屋から景色をゆっくり眺めながらの食事は、まさに特別なひとときでした。

ペットコンシェルジュがいる

私たちは特にお世話にはならなかっとのですが、こちらのホテルにはペットコンシェルジュがいらっしゃるそうです。

近くのお散歩コースやペットのサービスなどを紹介してくれます。

またオプションでペット用にシェフの考案した食事メニューもあるのだそうです。

次回利用する際には、愛犬にも特別メニューを注文してあげようかなと思いました。

フィットネスセンターがある

ホテルにはフィットネスセンターもありました。

私の主人はトレーニングが趣味で、いつでもトレーニングを欠かしません。

今回、旅行を決める際にもジムが近くにあるかどうかをしっかりチェックしていました。

ホテルにあるフィットネスセンターは、宿泊している人は24時間無料で使えます。

もちろん主人もこちらのフィットネスセンターを使わせていただきました。

海を眺めることのできるテラスが付いていて、開放的なフィットネスセンターは気分転換しながらトレーニングができたそうです。

マシーンも色々とありますが、トレーニングマニアの主人には若干ダンベルが軽かったそうです。

(といってもダンベルもしっかりいくつか重さがあります。)

ウェアやシューズも持参しなくても有料でレンタルしているので、リフレッシュに使用してみるのもおすすめです。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 01 08 17h13 08 300x194 - 都会を満喫できる犬宿!「ヒルトン東京お台場」で特別な思い出を♪

お散歩グッズや排せつグッズは多めに持参

愛犬のお散歩グッズや排せつグッズは必ず持参しましょう。

特に排せつグッズとして、ごみ袋などは少し多めに持って出かけましょう。

ホテルでも準備してくださるところはありますが、出かけるときに入れ替えたりすると、グッズの入れ忘れをしてしまうこともあります。

出先ではいつもと違う環境でワンちゃんたちもマーキングとしてトイレの回数が増える可能性も考えられます。

マナーを守り、みんなが気持ちよく過ごせるようにきちんとルールを守りましょう。

水分補給やトイレの後の臭い消しのためにも、ペットボトルにお水も持参していくと安心です。

コロコロやおやつケースを持っていく

ペットと一緒にお出掛けした際に、ペット可といっても愛犬の毛が椅子などについたままでは申し訳なくなります。

もしくは前に利用していた子の毛がついてしまっていることもあるかもしれません。

そんな時に簡単にキレイにできるように小さなコロコロを持っていくといいですよ。

お出掛けする時には小さなおやつケースも持参しましょう。

いつもと違う時間を過ごすとワンちゃんたちもお腹がすいたり、疲れたりすると思います。

どこにでもワンちゃんの食べられるものが売っている訳ではないので、小分けにして持参するといいと思います。

まずは近場からチャレンジする

ペットと一緒に旅行をする際にはまずは近場からチャレンジしてみましょう。

慣れないところへ行くのは人間もワンちゃんも緊張しますね。

何度か旅を繰り返すうちにペースがつかめると思います。

でもせっかくの旅行なので、近いけど非日常を味わえるようなそんな場所を探してみてはいかがでしょうか?

大好きな愛犬とも離れることなく、一緒に出掛けられるのはとても楽しいのでぜひ企画してみてくださいね。

 

ヒルトン東京お台場HP→https://www.hiltonodaiba.jp/

Sponsored link