長崎県の犬宿「フォレストヴィラ」の体験談とは?

私は30代女性で主人と1歳になった娘、そしてポメラニアンの愛犬プリンと暮らしています。

プリンは3歳なので娘のお姉さんのような存在。いつも気にかけてくれて、とても頼りになる愛犬です。

初めての子育ては妊娠発覚時から戸惑うことだらけであっという間に時が過ぎていきました。

娘も1歳になり、少しずつ落ち着き、子育てのペースもわかってきました。

そこで久々に気分転換に旅行でも行きたいと思い、主人にお願いしてみると早速調べ始めました。

家族の一員でもある愛犬も一緒に行ける旅行がしたいので、ペット同伴可能な旅行を企画しました。

以前、プリンを飼う前に2人で訪れてとても気に入った長崎のハウステンボスに、ペットと泊まれる宿を発見。

今回は幼い子供と愛犬を連れての初めての旅行でもあるので、無理せず楽しめたらいいなとこちらに決定しました。

長崎のペット旅行ではどんなことをしましたか?

2019 01 09 21h35 23 300x222 - 長崎県の犬宿「フォレストヴィラ」の体験談とは?

今回の旅行ではハウステンボスで、非日常的な時間を過ごすとテーマを決めて出かけました。

そのため他のところはそんなに観光せずに、ハウステンボスの中を存分に味わいました。

愛犬や娘はもちろんながら、私たち大人二人も存分に楽しめるところが多く充実した旅でしたよ。

ドッグヴィラまでお散歩

ドッグヴィラ用の専用駐車場とチェックインするためのフロントとは少し距離が離れています。

フロントと宿泊する部屋もかなり離れているため、もう少し近かったらいいなとも少し感じました。

しかしチェックインを済ませたら、フロントから車を出してもらい荷物を運んでくださいます。

車から部屋へ向かう途中、素敵なロケーションだったので荷物を置いてから早速あたりを散策しました。

「ドッグヴィラ」の名前の通り、ここの敷地内はハウステンボスの中では唯一愛犬と宿泊可能な施設です。

そのため愛犬と一緒にこの素敵なロケーションを散歩することができます。

緑が爽やかな道を歩き、リフレッシュすることができました。

愛犬と一緒に写真撮影

ハウステンボスの園内も愛犬と一緒に行くことができます。

ただし屋内の施設やバス、タクシー、船、観覧車などの乗り物はペット不可です。でもそれ以外はほとんどが一緒に行くことができるので十分に楽しむことができます。

季節のお花が色々と咲いていて、そんな中で風車をバックに愛犬と娘の可愛らしいツーショットをたくさん撮ることができました。

さらに園内で食事もできます。愛犬もテラス席はOKだったので問題なかったです。

園内をぐるっと散歩しているとどこもかしこもフォトスポットばかり。

とても素敵な写真がたくさん撮ることができ、思い出に残すことができました。

本格スパを体験

フォレストビラに併設されているのがRINというスパ。

ずっと気になってはいたのですが、そんな贅沢なことはしないでおこうと思っていました。

しかし嬉しいことに主人がサプライズで予約をしてくれていました。

子どもが生まれてから、ハードな毎日だからこういうときでないといけないよ。と娘と愛犬を部屋でみているから受けておいでとプレゼントしてくれました。

とても感動し、浮かれ気分でスパへ行きました。

いろいろなコースがありましたが、私は3種類のブレンドオイルから好みの香りを選択し、トリートメントをしていただきました。

背中、お尻、脚、腕、肩、デコルテと気になるところを全身しっかりとケアしてくださいます。

セラピストさんの手が温かく、そして優しく、とても気持ちがよかったです。

どこが凝っているのか、ストレスが溜まっているのかを的確にみつけ、しっかりとほぐしてくださいました。

心地の良いいい香りの空間でカラダと心はほぐれ、眠ってしましました。

終わった後もスッキリ。大満足です。

主人には感謝ですね。

光の大国で素敵な夜

2019 01 09 21h36 19 300x171 - 長崎県の犬宿「フォレストヴィラ」の体験談とは?

ハウステンボスにきたのなら絶対みておきたいのはこの光の大国です。

世界でも最大の1300万球のイルミネーションを見ることができます。

まだ子どもが生まれる前に主人と二人できたときにも、とてもロマンチックな雰囲気でデートには最高の場所でした。

イルミネーションを見る時間はもちろん夜なので、今回娘が寝てしまって見に行けないかな?と思っていましたが、旅先でテンションがあがったのか娘も一緒に見に行くことができました。

ヨーロッパの町並みを思い出させるような風景に光が灯って、夢の世界にいるような気分になります。

運河にも虹色の光が灯り、船が通るとイルミネーションショーもあります。ペットはNGですが運河クルーズも大変人気があるそうですよ。

どこへ行っても感動する夜の街で、家族みんなで特別な時間を満喫しました。

フォレスヴィラの良かった点や改善点は?

2019 01 09 21h37 38 300x170 - 長崎県の犬宿「フォレストヴィラ」の体験談とは?

1戸建てだから安心

宿泊するところは1戸建てなので、周りを気にすることなく安心できます。

まだ子どもも小さいので、大きな声で泣いてしまうことも多々あります。

さらに犬も一緒なのでお隣の部屋を気にしなくていいというのは、大変ありがたいです。とてもリラックスして部屋で過ごすことができました。

お部屋は1階と2階に分けられており、ペットは1階のみになります。でも室内はフリーなので愛犬もストレスなくくつろいでいました。

2階は寝室ですが、お手洗いもありました。テレビも見ることができましたよ。

海外に来たかのような空間と景色で旅行気分がさらに上がりました。

ペット用のアメニティが充実

ワンちゃんが宿泊できる宿ということで、さすがのアメニティの充実度でした。

専用のゲージ、ペットシーツ、消臭・除菌スプレー、うんち用袋、ペット用タオル、ペット用トイレ、フードボウル、コロコロやお散歩バックもありました。

お散歩バックにはお水入りのペットボトルも入っていました。

散歩中にワンちゃんがおしっこをした際にお水で流すのがマナーだそうで、きちんと用意されていました。

愛犬用グッズも持参してはいましたが、まだ1歳の小さな子供もいるのでとにかく荷物が増えてしまいます。

そのため愛犬グッズは必要最低限の量しか持ってきていませんでした。

足りなくなることはありませんでしたが、用意が少ないと減ってきたときに不安になりますよね。

しかし宿にも用意されていると思うと不安に思うことなく過ごすことができました。

ただし、ワンちゃん用の食事はありませんのでしっかりと持参しましょう。

部屋でゆっくり食事ができる

食事はハウステンボス内で済ませるか、テイクアウトしたものを部屋でいただく形になります。

レストランでの食事もいいのですが、周りを気に出ずゆっくりと食事がしたかったので私たちはテイクアウトにしました。

プライベートな空間で食事ができるけど、いつもとはメニューが違うし用意する必要もないので主婦にとってはとても嬉しいです。

食事の時間も美味しく楽しく過ごすことができますよ。

ドッグクロークがある

私たちは利用しませんでしたが、ドッグヴィラにはドッグクロークが併設されています。

名前だけ聞くとかわいそうに聞こえますが、実は大変ありがたいサービスです。

ハウステンボスの園内はワンちゃんOKですが、乗り物やお店、美術館やアミューズメントなどはペット不可です。

そんな時に一時的にワンちゃんを預かってくれるのがこのドッグクロークです。

ゲージがあり、しっかりと管理されているので安心して預けることができます。

せっかくの旅行ですから隅々まで満喫したいという時には、ちょっとだけワンちゃんにお留守番をお願いしましょう。

ペット旅行の楽しみやアドバイスは?

2019 01 09 21h38 33 300x194 - 長崎県の犬宿「フォレストヴィラ」の体験談とは?

こまめに休憩をする

旅行は楽しみでいっぱいですが、もしかすると突然体調不良になってしまうかもしれません。

私たち人間と同じように愛犬たちも同じです。

よく一緒に出掛けていたり、乗り物に乗ることが多いワンちゃんは大丈夫かもしれませんが、普段あまり出かけないワンちゃんは乗り物に乗っただけでも体調が悪くなってしまうことも考えられます。

移動中はこまめに休憩を挟んであげましょう。

外の風を吸うだけでも気分が良くなるのは、人間もワンちゃんも同じだと思います。

いつも使っているものを持参する

食事やおやつはいつも食べていて慣れているものを持参しましょう。

宿によってはワンちゃん用の食事サービスもありあますが、いつも食べ慣れたものがあると何かあっても安心です。

また、おもちゃや寝具も持っていくといいと思います。

違う環境にいくと、他の匂いに敏感になったりしてワンちゃんにはストレスがかかることもあります。

ワンちゃんが安心できるスペースを確保してあげるために、使い慣れた自分の匂いのあるものを持って行ってあげてください。

 

フォレストビラHP→https://www.huistenbosch.co.jp/hotels/fv/index

Sponsored link