湯布院のペットと泊まれる宿は「一壷天」がオススメ!

昔から家族旅行が大好きな私たち。

50代に入り、子どもたちもそれぞれに家庭を持ったので最近は夫婦で旅行を楽しんでいます。

時々旅行には愛犬も同行しています。愛犬は6歳になるマルチーズのまる子です。

まる子も旅行やお出掛けは大好きで、乗り物酔いもしないので、行ける限りは一緒に出掛けるようにしています。

今回の旅行は愛犬まる子の誕生日を兼ねての旅行でした。

みんなで日常のストレスから解放され(まる子にストレスがあるかはわかりませんが…)、ゆっくりと過ごせるような宿を探しました。

そこで今回お世話になったのは、大分県は湯布院の一壷天さんです。

大分旅行では何をして過ごしましたか?

2019 01 11 17h12 56 300x190 - 湯布院のペットと泊まれる宿は「一壷天」がオススメ!

ガンジー牧場

久住高原にあるガンジー牧場は、国内で珍しいガンジー牛を飼育している牧場で、とても自然が豊かです。

ガンジー牧場は愛犬も一緒に入場できます。酪農工場の見学や店内には入れませんが、敷地内はお散歩も可能です。私たちのようなペット連れには嬉しい、無料のドッグランもあります。

私たちはガンジー牛よりも、旅の途中でまる子が遊べる場所はないかと思い調べていてここにたどり着きました。

到着してすぐにまずはドッグランへ一目散。まる子は気持ちよさそうに雄大な大地を感じて、ドッグランを満喫していました。

そしてここでやっと、そもそもガンジー牛って何?とガンジー牛に目を向けた私たち。

どうやらガンジー牛は乳牛のようでした。

イギリスのガンジー島原産の「ガンジー種」という珍しい品種の乳牛から絞られたミルクは、ゴールデンミルクと呼ばれ、大変貴重なのだそうです。

乳牛として有名なホルスタイン種のミルクよりも脂質・たんぱく質・灰分などの成分が豊富で、1頭当たりの搾乳量が半分と少ないのだとか。

そんな貴重なゴールデンミルクで作られたソフトクリームを休憩がてらいただきました。

濃厚なミルクにバニラの甘みも優しく、とてもおいしくいただきました。

他にもこのゴールデンミルクを使った乳製品やケーキ、手作りパンなどもありました。

工場見学やふれあい牧場などもあるので、お子様連れのご家族でも楽しめそうなところでしたよ。

人力車で湯布院を観光

膝の上で抱けるワンちゃんだったら人力車にも一緒に乗れるということで私たちも利用させていただきました。

人力車には一区間、30分、60分、120分と貸し切りの各コースがあります。

私たちもまる子も人力車は初体験だったので、とりあえず30分の一番短いコースにしました。

五差路から佛山時を経由し、金鱗湖までのコースです。由布院の風景をゆったりと眺めながら、普段できないことが体験できました。

金鱗湖を散策

人力車に乗って金鱗湖まで来たのであたりをゆっくり散策しました。

金鱗湖は由布院の観光スポットの代表ともいえます。

秋から冬にかけては早朝に幻想的な朝霧が見えるのだそうです。

私たちは全然関係のないシーズン、時間にいきましたがそれでも充分に自然を味わうことができました。

春は新緑、秋は紅葉などどのシーズンにいってもそれぞれのいい風景を楽しむことができそうです。

遊歩道があるので歩きやすいですよ。

しかし金鱗湖は観光スポット。観光客の方がたくさんいらっしゃいます。

そこで私たちは桟橋の反対の天祖神社のあたりまでいきました。桟橋よりは人が少なく落ち着いていました。

金鱗湖を眺めるのにはぴったりの場所で、湖の中に鳥居があるのにも驚きました。

金鱗湖は透明度も高く、湖に反射してうつる景色も素敵でした。

湯の坪街道を散策

湯布院のメインストリートともいわれている、湯の坪街道へも出かけました。

観光客の方がたくさんいらっしゃいました。

最近ではペットとも一緒に入れる飲食店や観光スポットもあるとのことで、まる子も大喜び。

ここでご近所さんや職場への大分土産もしっかり買うことができました。

湯布院の犬宿「一壷天」の良かった点や改善点は?

2019 01 11 17h16 51 300x193 - 湯布院のペットと泊まれる宿は「一壷天」がオススメ!

景色がいい

広い敷地の中に趣向の異なる離れのお部屋が10室あります。

その中でペットも一緒に泊れるお部屋は6棟もあります。ホームページをみてみると、どれも特別で贅沢なお部屋です。

由布岳に包まれる自然に囲まれたお部屋は、まさに癒しの空間。

部屋に入った瞬間から癒されました。

さらに部屋の露天風呂からは湯布院が一望でき、贅沢過ぎるすてきな眺望でした。

朝も夜もお風呂からの景色はそれぞれ違った表情が見え、風情がありました。

愛犬もくつろげる空間

館内や客室もワンちゃんOKです。

お部屋は完全にフリーでいいので、まる子も自由にくつろいでいました。

(ただし寝室や和室のみペットは入室不可です。)

部屋にある庭は愛犬が走るのにも十分な広さがあります。

私たちは部屋からゆっくりとそとを眺め、愛犬は楽しそうに庭を走る…

特別な空間にいながらにして自宅のようにくつろぐことができ、私たちもまる子も大満足です。

愛犬も同伴できる食事

食事は朝夕共に本館にていただきました。自分たちの宿泊する部屋での食事ではありませんが、食事スペースは個室のため他のお客さんを気にすることなく食事を楽しむことができます。

食事は見た目もキレイで贅沢。味や量も私たちにはちょうど良かったです。

どちらかというと薄味でしょうか。上品な味のお料理ばかりでした。

愛犬用の食事も事前に相談することができるようです。

ただし私たちは愛犬の食事は持っていきました。食べ慣れているものを持参するのが安心です。

読書を楽しむ

別館談話室というところには図書館のようなスペースがあります。

読書が好きな主人は一人、出かけていきました。

高い天井から光が差し込み、さらには由布岳を眺めることができる素敵な空間だったそうです。

読書をしながら、自由に飲み物を飲むこともできるので優雅な時間を過ごすことができて喜んでいました。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 01 11 17h17 49 300x193 - 湯布院のペットと泊まれる宿は「一壷天」がオススメ!

お散歩グッズを持参する

ビニール袋やティッシュなどのトイレの後片付けをするものをはじめとするエチケットグッズは必ず持参しましょう。

トイレの時のみならず、緊急時にも役立ちます。

いつもよりも多めに持っていきましょう。

また、リードなども予備があればいつものリードにプラスして持っていくことをおすすめします。

旅先では何が起こるかわかりません。

もしかするとお散歩の途中にリードが壊れてしまうこともあるかもしれません。

旅行先ではどこにでもペット用品が売っている訳ではありません。

ペットグッズがなくなることにより、楽しみにしていた散策などもできなくなってしまっては残念な旅になってしまいます。

最後まで旅を楽しむためにも年には念を!が大切です。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 01 11 17h18 59 300x191 - 湯布院のペットと泊まれる宿は「一壷天」がオススメ!

スケジュールは詰め込み過ぎない

せっかくの旅行なので、あれもしたい、これもしたいとやりたいことがたくさん出てくるでしょう。

しかしペット旅行に限らず、旅行の際にはスケジュールに余裕を持つことがいいと思います。

特にペットと一緒の旅行は、私たち以上に愛犬が疲れている場合も考えられます。

不慣れな土地や環境で体調を崩してしまうかもしれません。

家族全員で素敵な思い出に残るように、疲れすぎず余裕をもって楽しめるスケジュールを組みましょう。

緊急時の病院を事前に調べる

体調不良や思わぬ事故は、予期せぬ時に起こります。

良くないことは考えずにいたいものですが、いざ起きてからでは焦ってしまいます。

そこで人間もワンちゃんも近くの診療所などを確認しておくことが大切です。

何かあったときにはここに連絡しようと、事前準備ができていると落ち着いて行動ができます。

また、旅行前にはワンちゃんの迷子札も作っておくといいですよ。

愛犬が迷子になってしまった時に、迷子札があるだけで少しは安心できます。

ペット旅行の時は愛犬の表情をしっかりとみてあげて、どんな状態かきちんと確認しましょう。

また飼い主の責任ですから、愛犬から目を離さずに一緒に行動するようにしましょう。

 

一壷天HP→由布院温泉 湯富里の宿 一壷天

Sponsored link