富士山を見る旅!ペットと泊まれる宿「バイロン」の体験談

私は26歳になる女性です。

子どもの頃から犬が大好きでずっと飼いたいと思っていました。

しかし両親が飲食店を経営し、多忙だったために犬との暮らしは実現しませんでした。

私は高校を卒業してからすぐに就職したので社会人歴はそこそこ長くなり、安定した暮らしができるようになりました。

そこで数年前から犬を飼おうかと計画しては、なかなか一歩が踏み出せずに諦めていました。

でも休日といえばペットショップや愛護センターへ通い、わんちゃんたちに癒される日々。

1人暮らしも慣れてきたし、そろそろわんちゃんを迎え入れてもいいかな?と思った矢先、友人がブリーダーさんからトイプードルを飼うことが決まりました。その際に一匹だけ行き先が決まらない子がいるから、一緒にきてみないかと誘われたのが犬を飼うきっかけとなりました。

ブリーダーさんの元へいくと、そこにはかわいいトイプードルが数匹いました。兄弟なのに黒と茶の二種類いて、友だちは茶の子を引き取ることになっていました。

一匹だけ行き先が決まっていなかった子は、黒のトイプードル。行き先が決まっていないことがわかっているのか、すぐに私の膝の上にのり、甘えてきました。

抱っこしたら最後…。可愛すぎて仕方がなく、それに私にも懐いてくれたので我が家に迎え入れることを決めたのです!

とっても甘えん坊でやんちゃな愛犬は、クゥと名付けて私の相方として常に一緒に楽しい日々を過ごしています。

クゥの誕生日には二人で遠出するのが毎年恒例。今回の旅行は初めての泊りがけで行くことにしました。

そこでお世話になったのが山中湖にある「バイロン」です。

旅行ではどんなことをしましたか?

2019 01 12 09h59 55 300x191 - 富士山を見る旅!ペットと泊まれる宿「バイロン」の体験談

花の都公園

まずはかわいい写真もたくさん撮れそうな花の都公園に行きました。

季節のお花が色々と咲いていて、とてもきれいでした。

予定通りクゥのかわいい写真もたくさん撮れて大満足です。

富士火山の神秘という門があり、五感で感じとるパワースポットと書いてあり気になりましたが、クゥが寄り付かなかったのでいきませんでした。

なにか感じ取ったのかもしれませんね。

こちらの花の都公園でも富士山と綺麗なお花たちが見ることができるのでとてもいい場所でした。

山中湖

観光スポットで外せないのはやはり山中湖ですね。

富士山に一番近い山中湖からみえる富士山は、お見事でした。広い砂浜でクゥも大はしゃぎでした。

他のワンちゃんとも仲良くなり、一緒に遊ぶことができてとても楽しそうでした。

どのシーズンにきても四季を感じられ、そして日本一の富士山を間近で見ることができてとてもいい思い出になると思います。

犬宿バイロンの感想は?

2019 01 12 10h04 22 300x255 - 富士山を見る旅!ペットと泊まれる宿「バイロン」の体験談

落ち着く空間

客室数は全部で3室と少ないのですが、プライベートな時間を過ごすことができる落ち着いた雰囲気です。

周りも自然に囲まれているので、日々のストレスから解放されます。

館内もワンちゃんたちを連れてきている飼い主の目線にしっかりと立って作られていますし、お部屋も無駄なくきれいに整えられています。

小型犬のみならず、大型犬もゆっくり過ごせるように作られているのでどんなワンちゃんたちでも安らぐことができると思いますよ。

ワンちゃん用のハンガー

お部屋に入って思わず嬉しくなったのが、ワンちゃん用のハンガーなどがあったことです。

家では愛犬の服はハンガーにかけていませんが、せっかく用意してあったので早速服をかけました。

いつもと違うことをすると、旅行気分も高まり楽しめました。

広々としたドッグラン

バイロンには約200坪の広々としたドッグランが併設されていました。

そして施設内にはアジリティやワンちゃん用のプールまであり、ワンちゃんたちも十分に遊べるスペースが確保されていました。

プールは使用しませんでしたが、新しいもの好きのクゥはアジリティに興味津々。

使いこなせないものの、楽しそうにのびのび駆け回っていました。

地元の味を楽しめる食事

食事は部屋食ではなく、お食事処でいただきます。もちろん愛犬も一緒にお食事処へ行けました。

食事に使われている食材は地元の旬の味覚を楽しめる、季節感あふれるお料理ばかりです。

会席風に一皿ずつ運ばれてきて、ゆっくりとした時間を過ごしながらいただきます。

季節の物、椀物、肉、魚、煮物、ご飯、デザートなど種類も豊富でお腹もいっぱいに満たされますよ。

朝食のヨーグルトには犬の足跡があってとても可愛らしかったです。

愛犬のことを考えてくれて安心できる

オーナーさんはワンちゃんが大好きで、とても犬想いです。

そのためたくさん気遣いをしてくださいます。

小型犬から大型犬まで宿泊可能なので、ペット旅行をしたい方には大変おすすめな宿です。

また、宿の近くには動物病院もあるので、もしもの緊急事態が起きても対応してくれます。

心配なことがあれば相談にものってくれるので、とても安心して利用することができますよ。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 01 12 14h16 06 300x221 - 富士山を見る旅!ペットと泊まれる宿「バイロン」の体験談

愛犬用の旅行グッズを用意する

ペット旅行の時には愛犬用のグッズを一通り用意しておきましょう。

普段使っていて、自分の匂いがあって安心できるものを持っていくのがいいと思います。

普段使っているものが大きかったりかさばる場合には、旅行用のサイズの物を用意して事前に慣らしておくといいでしょう。

トイレ、リード、食事、食事用の容器は必需品です。あればいいのは、移動時もくつろげるボックスシートやクレート、寝るときのベッドやブランケットなどがあると旅先でも安心して過ごせると思います。

散歩セット

旅行をする際には、いつも以上に外に出ることが多くなります。安全、安心して外に出れるように、リードなどの散歩グッズは常に携帯しておきましょう。

さらに行き慣れていないところでは、マーキングもしてしまうかもしれません。

観光地を汚さないこと、他の旅行者の方たちにも不快感を与えないためにも排せつ物を処理できるように常にゴミ袋は多めに用意しておきましょう。

また、ペットボトルに水を携帯しておくのもおすすめです。

ワンちゃんが途中でのどが渇いた時にも使えるし、マーキングしてしまったときに匂いを消すためにも使えます。

迷子札

旅行の時には迷子札を用意しておくと安心です。

目を離さずにいつも一緒にいることが何より大事ではありますが、いつどこで何が起こるかはわかりません。

ドッグランで走り回っていたはずなのに、入り口が開いたタイミングで出て行ってしまうなんてこともゼロとはいえませんね。

何かの拍子に離れ離れになってしまったとしても、迷子札があるとワンちゃんの身元がわかります。

楽しい旅行のはずが悲しい思い出にならないようにするためにも、ワンちゃんからは目を離さずに過ごしましょう。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 01 12 14h17 43 300x206 - 富士山を見る旅!ペットと泊まれる宿「バイロン」の体験談

旅行を楽しむためには、普段からしっかりとコミュニケーションが取れていて、お互いに信頼しあえる関係であることが大切です。

ワンちゃんは口で話すことはできませんが、私たちの言葉を理解してくれますし、私たちも愛犬の表情でくみ取ることができます。

楽しんでいるなとか、ちょっと疲れてきたかなと愛犬の状態を把握することは大切です。しっかり把握したうえで行動していくと、旅はお互いに楽しいものに間違いありません。

また、お互いに信頼しあえるからこそ、人や他のワンちゃんが多いところでも問題なく行動することができますね。

ペットは家族の一員です。

大切な家族と素敵な思い出を作れるように、普段から一緒にお出掛けをして慣れておきましょう。

ちょっとした距離からお出かけに慣れ、乗り物にも慣れておくことで行動範囲が広がります。

大切なペットとの旅行を立ててみてくださいね。

私は来年もまた、クゥの誕生日旅行の計画を立てるのが楽しみです。

プライベートハウス「バイロン」HP→プライベートハウス バイロン

Sponsored link