南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

私たち家族は昨年の夏に愛犬のプリンえを連れて和歌山県へ旅行に行きました。

家族構成を紹介します。

私43歳、妻36歳、子供1人(拓也)、愛犬プリンの3人+1匹家族です。プリンは1歳になったばかりのミニチュアダックスフンドです。

オスということもあり活発で、息子といつも遊んでいます。ちなみに息子は9歳の育ちざかりで車が大好きです。

自宅のある滋賀県から和歌山まで車で5時間ほどかかったでしょうか。途中サービスエリアで休憩を挟みながらの旅でしたので少し時間がかかったかもしれませんね。

和歌山旅行では何をしましたか?

2019 01 12 08h51 21 300x189 - 南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

和歌山城を散策

まず初めに訪れたのは和歌山城です。日本100名城にも選ばれているお城ですから見ごたえ十分ですね。

2018年で再建60周年を迎える天守閣をはじめ、さまざまな時代の石垣や塀を今に残しています。現在は江戸時代の内郭(うちぐるわ=城の内側に築かれた囲い)にあたる部分一帯が公園になっていて、庭園や歴史館、さらに動物園まである見どころいっぱいの観光スポットです。

プリンは和歌山城内の芝生があるところで散歩させました。毎回お城に訪れる度に、愛犬を散歩させるには絶好の場所だなと感じます。

以前は大阪城にも行きましたがここも芝生があり、プリンの遊び場でした。

今回は7月初旬に行きましたので気温も25度前後で、蒸し暑さはなく、少し暑い程度だったので水分補給をこまめにすれば問題ありませんでした。

息子の拓也は歴史に興味があるので、勉強になったのではないかと思います。

瀞峡でウォータージェットに乗る

2019 01 12 09h01 09 300x212 - 南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

続いて向かった先は瀞峡という渓谷のような場所。

拓也が楽しみにしていたウォータージェットに乗りました。

時速約40kmで進むウォータージェット船は、想像以上のスピード感があり、爽快でした!それに周りは雄大な自然に囲まれ、避暑地でもあります。

ふつうの船とは違い、スクリューはついておらず、船の下から取り入れた水を勢いよく噴き出し、水面を叩き付けるようにして進むんです。

そのため水深は50㎝もあれば十分なのだそうです。プリンはこの時、キャリーバッグの中に入れて、一緒に川下りを楽しんでいました。プリンは好奇心旺盛な犬なので、こういう環境に行くことや、旅行そのものが大好きなのです。

ちなみにこの川下りは2時間あります。途中夫婦岩や亀が甲羅干しをするために出てくるのだそう。カメに遭遇することはありませんでしたが良い船旅といった体験をさせて頂きました。

妻が楽しみにしていた南紀白浜オーシャンビューカフェへ

2019 01 12 09h07 42 300x198 - 南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

宿に行く前に南紀白浜のカフェでまったりタイムを過ごしました。

妻はカフェ好きで、眺望の良いところには目がないのです。そこでお邪魔したのがペトラの里というログハウス上のカフェ。

テラス席もあり、オーシャンビューが広がり何とも言えない開放感があります。ワンちゃんもOKでしたので旅行前に事前調査をしておきました。

カフェの中も木のぬくもり溢れる作りで、またオーナーさんが気さくで優しい方でした。30分ほどカフェを楽しみ、目指すは宿へ!

ホテルベルヴェデーレはどうでしたか?

2019 01 12 09h16 20 300x171 - 南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

限定1部屋に宿泊

今回の旅では少し贅沢をして1部屋限定の部屋に泊まりました。

プリンは室内にケージが置いてあるのでそこで寝ることになります。そして部屋に入るとモダンな空間が広がりました。

最初ホテルに入ったときの感想はちょっと古い感じがしたのですが、部屋に入ってその思いは覆されました。

部屋にはテラスもついており、夜は星を、朝はコーヒーを楽しむことができます。

開放的な空間にくると、気持ちが晴れ晴れしくなるので来てよかったと思える瞬間でした。

またアメニティもエサ入れとペットシートは完備しているので足りないものは各自持参するのがいいでしょう!

オーシャンビューの露天風呂で爽快

宿に到着したのが17時頃でしたので、早速明るいうちに露天風呂へ直行。

夕焼けがかった空と海のコントラストがまたなんとも言えない贅沢な気分を味わわせてくれました。

温泉でしたので、私と拓也は男同士の会話をして将来について語り合いました。

妻はのんびりと1時間半くらいお風呂に入っていました。

夕食は和食を堪能

このホテルでは食事を選ぶことができます。

フレンチ、和食、バーベキューの3つです。私たちはお風呂上りでしたので和食にしました。やはり南紀白浜と言えば海の幸ですから刺身を食べたかったのもあります。

拓也は和食でも全く好き嫌いなく完食。お造りや汁物、煮物類まで手の込んだ料理を堪能して幸せいっぱいでしたね。

妻はマッサージでくつろぐ

夕食後、適度にお酒も入っていたので私と拓也はプリンと遊ぶ時間にして、妻はマッサージに行きました。

ここはエステ、マッサージが併設されているので日頃疲れているカラダを癒すには最適です。

妻は普段仕事をしているので、プチ贅沢をさせてあげようと思いプレゼント。一人になる時間も大切ですからね。

和歌山旅行の前に準備しておくといいことは?

2019 01 09 21h37 38 300x170 - うどん県香川!屋島の犬宿「桃太郎」の体験記とは?

フードを持参すること

自宅からいつも食べ慣れているドッグフードやおやつを持参するといいと思います。

今回の旅行ではごホテルからご飯は出ませんでしたが、仮に与えられたとしてもワンちゃんも不安になると思います。プリンは警戒心も強いので今回は2日分のエサとおやつを持参しました。

途中お腹を空かせた時でもすぐに与えられる環境は大切ですから持参が一番だと思います。

排せつグッズは必須

排せつグッズはいつでも持参して対応できるようにしておきましょう。

和歌山城を散策中に何回か排せつをしましたがその際に持参していてよかったとつくづく感じました。もし忘れていたらと考えると世界遺産を汚すことになりかねないですからね。

南紀白浜や瀞峡のような環境でしたら問題なくどこでもおしっこさせてもいいと思います。さすがにうんちは近くの公衆トイレなどで捨てましょう。

そして更に大切なのはワンちゃんの心のケアにも繋がるということ。

プリンは私たちが排せつ処理をしている間もじーっと見ています。もしそのまま放置するようなことがあったら犬にも不安を与えてしまいますし、マナーの悪さがなんとなく犬も感じられるのだと思います。

飼い主がしっかりと処理をすることは愛犬との絆を深めることにも繋がるのではないでしょうか。

行動はみられている意識を持ちましょう。

ペット旅行初心者へのアドバイスは?

2019 01 11 17h16 51 300x193 - 南紀すさみ温泉!ホテルベルヴェデーレで犬と泊まる旅体験!

ペット旅行の楽しみは家族旅行と同等のものだと思います。

ペットと会話することはできませんが、新しい土地に行き、いつもとは違う日常を共に過ごすことで同じ思い出ができます。

今回は和歌山県でしたがプリンも楽しんでいたように思います。

それに愛犬が今お腹減っているな~とか、何か困っているな~とか感じるものがありますよね。

愛犬が今何をしてほしいのかを感じ取るもの人間と犬との絆あればこそと考えています。

私たち夫婦は人間よりも、犬のほうが寿命が短いこともありなるべく日常を楽しませてあげたいという想いがあります。

旅行はこれからも行くでしょう。

アドバイス

アドバイスとしては、色々な不安もあるかと思いますがまずは計画してみるということが大切なのではないでしょうか。

車酔いしないように慣れさせておくことも大切ですし、行き場所を決めたら周囲の遊ぶ箇所を下調べしておくことも大切です。

プリンは最初車に慣れずにどうしたものかと考えていました。しかし何回か短い距離を走らせるたびに慣れてきたのか車が好きになりました。

窓をあければ顔を出し風にあたっています。

もし皆さんも不安であれば最初は近場からでもいいでしょう。日帰り旅行から始めてもいいと思います。私たちは今回で5回目のペット旅行ですが、最初は近場の京都の公園を日帰りで行きました。

ただ旅行に行かれるときは緊急時の対応や、動物病院の住所、電話番号、診療日などはメモしておきましょう。

万が一のことがあってもすぐ対応できる準備はしておきましょう。

楽しい旅にしてくださいね。

 

南紀すさみ温泉ホテルベルヴェデーレHP→http://www.ikoi-w.com/

Sponsored link