まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

私は4人家族と小型犬1匹で熊本に暮らしています。

休日はドッグランや公園でみんなでピクニックに出かけることが多いです。

お互いの実家が遠いので宿泊しながら出かけるのは実家帰省位になってしまいますが、ここ数年は年に一度は家族旅行を企画します。

子どもたちも段々と大きくなっていくので、家族みんなで旅行に行ける時期を大切にしたいと思い出かけています。

もちろん愛犬もほとんど一緒です。

愛犬も10歳になり、大分年をとってきたのでストレスにならない距離を考慮してスケジュールを立てました。

そこで近いのに意外と旅行していない宮崎が今回の旅行先です。

車でこまめに休憩を挟みながら出かけました。

そんな私たち家族の旅行体験をご紹介します。

旅行先では何をして過ごしましたか?

2019 01 13 22h20 15 300x198 - まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

青島を満喫

まずは定番の青島へ。

実は私たち夫婦は初デートできたのが青島でした。そんな初デート以来の青島に子供たちよりもワクワクしていたかもしれません。

青島神社には縁結びにご利益があるので、そのおかげで結ばれたのかしら?なんて思い出話をしながら向かいました。

青島は“鬼の洗濯岩”と呼ばれる奇岩に囲まれていて、亜熱帯植物のビロウ樹が約5000本も自生しています。昔は聖なる島として一般人が入ることは禁じられていたそうです。今ではワンちゃんも一緒に行くことができる観光地です。

早速“海積の祓”(わだつみのはらい)をみんなでやりました。

海積の祓は、人型の願い符に名前と願い事を書き、フッと息を吹きかけて御神水器に浮かべます。そして龍の口から出ている“玉の井”の水を手に取って浮かべた願い符にそっとかけます。玉の井は海神宮の入り口にある井戸で、山幸彦と豊玉姫が出会った場所とされているのだそうです。あたりは海なのに、この井戸の水だけは塩分を含まない真清水だったとか。

この水で符を流すと願いが成就するといわれています。

私はその昔、今の旦那である彼には内緒で、彼と結婚できますようにと書いたことを思い出しました。

実現したので本当にご利益があるかもしれません。子どもたちに大笑いされながらもよい思い出です。

そしてもう一つやっておきたいのは“天の平瓮投げ”です。

平瓮は昔、吉凶を占うために使われた土器なのだそうです。

その平瓮を磐境に向かって投げて、平瓮が磐境に入ったら心願成就、割れれば開運厄除けだそうです。

私たちは見事に家族全員、開運厄除けでした。

青島の素敵な風景を楽しみながら、たくさん写真も撮ることができました。

鵜戸神宮

2019 01 13 22h21 51 300x199 - まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

鵜戸神宮は運玉投げやシャンシャン馬が有名な神社です。

こちらもワンちゃんと一緒に入れます。

運玉は本殿前磯にある“霊石亀石”穴の中に運玉を投げ入れて、見事にその中に入ると願いが叶うといわれています。

みんなでチャレンジ!

穴のところにしめ縄で目印はあっても、あの穴の中に入れるのはなかなか難しい…。誰も成功しませんでしたが盛り上がりました。

そして“おちちあめ”というものを子供が発見。

豊玉姫命が御子育児のために両乳房をくっつけたと言い伝えられているのが“おちちいわ”。おちちいわは安産、育児を願う人々の信仰のよりどころなのだそうです。

そんなおちちいわから滴り落ちる水で作られたのがおちちあめだそうです。

そんなおちちいわの水からできた“おちちあめ”は妊婦さんに人気と聞きました。

中身は半透明のドロップのようなあめです。そのまま食べてももちろんいいのですが、お湯に溶かして飲むと母乳が出やすくなるともいわれているそうです。

私はもうご縁はないと思いますが、ちょうど妊婦の友だちがいるのでお土産に購入して帰りました。

洞窟にも行くことができます。ワンちゃんも大丈夫です。

でも我が家の愛犬は怖がっていたので、私とすぐにでてきました。

コテージ・ヒムカはどうでしたか?

2019 01 13 22h22 36 300x173 - まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

部屋が広い、ワンちゃんも一緒

コテージ・ヒムカはシーガイアエリア内にあるので、ラグゼ一ツ葉というところでチェックインなどの手続きをします。

松林に囲まれていて落ち着いた空間はまるで別荘に来たような特別な時間を過ごすことができます。

お部屋は広く、みんな伸び伸びとくつろぐことができました。

愛犬もフリーで動き回ることができたのでストレスなくリラックスしていました。

アメニティや備品が充実

タオルや歯ブラシ、シャンプーやリンスなどのアメニティはもちろんながら、備品も非常に充実していました。

テレビや冷蔵庫、電気ポットやドライヤーなど生活必需品の他、食器や鍋などの調理器具まで一通りそろっています。

洗濯機と乾燥機がお部屋に合ったのも嬉しかったです。

食事はリゾート内で

夕食はついていないので、シェラトンのリゾート内のレストランなどを利用するかテイクアウトでいただきます。

ペットは同伴できないので、お留守番になります。

それがかわいそうだったので、わたしたちはテイクアウトでコテージ内でゆっくりと食事を楽しみました。

朝食はコテージのレストランでビュッフェでした。

レストランの方にペットも大丈夫か聞いてみると、レストランの外にテーブルと椅子を用意してくださり、愛犬も一緒に食事の時間を過ごすことができました。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 01 13 22h24 14 300x178 - まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

ウェットティッシュがあると便利

排せつ物を片付けるものは常に携帯するのがマナーです。合わせて常備しておきたいのはウエットティッシュです。

抱っこしなくては入れない場所もありますし、お散歩させたいところもあると思います。

天候によっても汚れがひどくなることもあるので、足や汚れを拭かなければいけないことが多くでてきます。

私たちは愛犬用としてとは考えもせずに、自分たちのお手拭き用と思って持参していましたが気づけば愛犬にかなり消費していました。

次回の旅行からはウェットティッシュが多めに用意してあると安心だと思います。

慣れているグッズを持参する

いつものお散歩グッズをそのまま持って行ってあげれば安心だと思います。

旅行時に特別なものを使いたい場合は事前に慣れさせておきましょう。

またいつもお家で使っているベッドや毛布を持って行ってあげると安心だと思います。

ホテルは他のワンちゃんも利用していますし落ち着かない可能性も考えられます。自分の匂いが付いたグッズはあった方がいいと思います。

あとは季節に合わせた防寒グッズ、冷却グッズなどがあるといいですよ。

秋冬は思いのほか朝が冷え込み、遊ぼうにも寒くてコンビニで急遽カイロなどあったかグッズを購入しました。

地元の薬局では安く買えるものも、観光地では値段が上がったりします。家族みんなが寒くないような量を買うと結構な出費にもなりました。

節約のためにも事前準備は大切です。

洋服も体温調節ができる上着などを持参すると安心です。ワンちゃん用にも脱ぎ着しやすいお洋服があれば安心です。

ペット旅行の楽しみやアドバイスは?

2019 01 13 22h25 20 300x196 - まるで別荘!宮崎のペットと泊まれる宿「コテージ・ヒムカ」

ワンちゃんを連れての旅行は自由に動けなかったり意外と大変なことも多々あるかもしれません。でもそれ以上にみんなで一緒に思い出を作ることができて、後々振り返ってみると一緒に行けてよかったなと思います。

ただし、食事をしたり買い物をしたりという計画をしても行きたかったお店がワンちゃんNGだったり、混雑していることもあるかもしれません。そのためお店やプランは一つに絞らずに、いくつかの候補を考えておいた方いいですよ。

当日その場に行ってあたふたするよりも、いくつかある候補の中から選んだ方が時間効率もよくなります。

そしてペット旅行は車移動がおすすめです。意外とワンちゃんグッズがさばるので車で行くのが一番楽だと感じました。

どうしても電車などの移動手段で向かわれる方はあらかじめホテルに荷物を預けるようにしたり、帰りも送れるものは送ってしまうと身軽に行動ができると思います。

あとは観光する際に近くのコインロッカーの場所なども調べておくといいですよ。

観光地はとにかく人が多いので、少しでも無駄になりそうな荷物は置いて行動するのがおすすめです。

準備をしっかりして、家族での旅行を楽しんでみてくださいね。

 

コテージ・ヒムカHP→ラグゼ一ツ葉/コテージ・ヒムカ

Sponsored link