群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

昨年の10月に私たち家族は自宅にある埼玉県から群馬県の吾妻町にあるフォレストリゾートコニファーいわみつへ旅行に行きました。

家族構成は私、妻、子ども2人です。そして愛犬のラッシュ。

ラッシュ小さなチワワです。性格は負けん気が強くて、臆病。叶わない相手とわかったらひっそりと隠れたりします。

同じような体格のワンちゃんには強気ですが、そうでない場合は弱きです。

散歩が大好きなチワワで自宅では放し飼いにしています。トイレのしつけをしっかりしているので全く問題なく旅行に連れていくことができます。

妻はトリマーということもあり、ワンちゃんに関してはお手のもの。

毎日きれいにされているラッシュは本当に幸せものな犬だと思います。

埼玉から車で群馬に向かいましたが約3時間程度の旅でした。

群馬旅行ではどんなことをしましたか?

2019 01 18 12h46 30 300x197 - 群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

榛名湖を散策

榛名湖は群馬県の高崎市に位置します。

ラッシュと子供たちが喜ぶと思い、まずは湖周囲を散策しました。紅葉がかった景観はお見事でした。

そして子供たちはゴーカートに乗って遊んでいました。ここでは色々なレジャー施設があるので小さな子供も楽しめます。

ラッシュと私たち夫婦はコース外から眺めて手をふったりしていました。

そして次に向かったのがロープウェイです。榛名山の山頂までロープウェイが出ているのでみんな大興奮の様子でした。

ラッシュはキャリーバッグに入れて一緒にゴンドラへ。寒さ対策として防寒具をもってきていたので安心です。

榛名神社で参拝

今回の旅に感謝して榛名神社で参拝しました。

上毛三山と言われる榛名山の神を祀る神社で、主祭神は火の神・火産霊神と土の神・埴山姫神で開運・五穀豊穣・商売繁盛・鎮火のご利益があるそうです。

パワースポットとしても人気の高い神社なので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

吾妻渓谷を散歩

caption 300x200 - 群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

次に訪れたのは吾妻渓谷です。

群馬と言えば草津温泉だと思われがちですが昔からよく行っていたのもあり今回は吾妻にしました。

そして秋の季節と言えば紅葉ですよね。

この紅葉がなんとも言えないくらい素晴らしい風景でした。ラッシュも渓谷を散歩させ、草木の臭いをかいだり、おしっこをしたりと満足していたと思います。

道も舗装されているところが多いので歩きやすく、危険な感じはまったくしませんでした。

紅葉を楽しむなんて贅沢だな~と妻と話しながら約1時間ちょっと居座っていたと思います。子供たちもまだ小学生なので、こういう自然の環境に身を置かせるのも教育上必要だと思います。

フォレストリゾートコニファーいわびつはどうでしたか?

2019 01 18 13h10 31 300x189 - 群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

ペットはログハウスに泊まる

こちらのホテルはペット同伴の場合、ログハウスに宿泊する形になります。

私たちもログハウスのほうが隔離されていてラッシュにとっても安心だなと思っていました。

ログハウスにはキッチンも付いているので自炊もOK。調理器具・食器もあるので、予め近くのスーパーで買いだしてきたものを妻が調理する形になりました。

ホテルの食事を食べようか迷ったのですが、ラッシュとずっと一緒にいてあげたいという気持ちからこちらで食べることにしました。

でも、少し贅沢をしようと、普段買わないようなステーキを丸ごと買って4人で食しました。

コスパよし、味よしで最高でしたね。

温泉も最高

ここのお風呂は大浴場と露天風呂とあり、緑あふれる自然に包まれて、鳥のさえずりと木々の香りにゆったりのんびりと浸かることができます。日頃の疲れを癒す吾妻峡温泉はもう一度行きたいと思える場所です。

そして何と言っても紅葉がきれいで景観が素晴らしいのです。これには言葉も出ません。

最高の空間でした。大浴場もきれいにしてあるのでまた来たいと思えます。

さすがにワンちゃん専用のお風呂はなかったのでラッシュはこの時だけお留守番です。

翌日は朝風呂も楽しむことができました。

グラウンド、キャンプ施設で遊ばせる

実はこのフォレストリゾートは大規模な敷地の一角にホテルがあり、他にはキャンプ場や釣り堀、グラウンド、テニス場があります。

今回この施設にした理由としてラッシュを思いっきり開放できることが決めてでした。

普段は家にいながらのんびりしていますが、たまには環境を変えて思いっきり遊ばせることも大切です。

家から持ってきたボールを投げて遊ばせること30分程度でしょうか。

途中休憩をしたりおやつを上げたりして心なしかラッシュも笑っているように見えました。

来年の夏にはこのキャンプ場にきてもいいなと思えます。

旅行の前に準備しておくといいことは?

2019 01 13 22h25 20 300x196 - 群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

慣れているドッグフードやおやつを持参すること

いつも私たちは旅行に行くときは慣れているおやつやドッグフードを持参していきます。

ワンちゃんもお腹を空かすのも理由の一つですが、ちょっと待たせるときにはおやつを与えてあげれば少しは嬉しいと思います。

あとはホテルのおつまみ等も嬉しいですが食べないケースもあるので食べなれたものがいいでしょう。

ホテルからワンちゃん用の食事を提供してくれるところもありますが、警戒心の強いワンちゃんはおそらく食べないのでしっかり持参しましょう。

排せつグッズは必須

排せつグッズはいつでも持参して対応できるようにしておきましょう。

榛名湖や吾妻渓谷においてもおしっこやうんちはいつするかわからなかったので、お水とシートや袋は持参していました。

案の定排せつしたのでちょうどよかったと思えましたね。

そして更に大切なのはワンちゃんの心のケアにも繋がるということ。

飼い主のマナーはワンちゃんも見ていると思います、そのまま放置するようなことがあったらワンちゃんにも不安を与えてしまいますし、マナーの悪さがなんとなく犬にも感じられると思います。

飼い主がしっかりと処理をすることは愛犬との絆を深めることにも繋がるのではないでしょうか。

行動はみられている意識を持ちましょう。

ペット旅行初心者へのアドバイスは?

2019 01 15 15h46 31 300x196 - 群馬のペットと泊まれる宿「フォレストリゾートコニファーいわみつ」

ペット旅行の楽しみは家族旅行と同等のものだと思います。

ペットと会話することはできませんが、新しい土地に行き、いつもとは違う日常を共に過ごすことで同じ思い出ができます。

人間が楽しむだけでなくペットにも楽しんでもらうという気持ちが更に愛情へと繋がるのです。

私たち家族は人間よりも、犬のほうが寿命が短いこともあるのでできる限り日常を楽しませてあげたいという想いがあります。

これは子供たちにもよーく言い聞かせています。

人間は社会という何かしらのコミュニティに属していますが、ワンちゃんは私たち家族だけ。つまり飼い主しか友達はいません。

孤独を感じさせないようにしましょう。変な話しですが、いつか亡くなる前に沢山の思い出を写真に収めておくのも重要なことだと思います。

アドバイス

アドバイスとしては、まずは計画してみるということが大切なのではないでしょうか。

車酔いしないように慣れさせておくことも大切ですし、行き場所を決めたら周囲の遊ぶ箇所を下調べしておくことも大切です。

ワンちゃんOKなカフェなども予め調査しておきましょう。

ペット旅行に不安であれば最初は近場からでもいいでしょう。日帰り旅行から始めてもいいと思います。

ただ旅行に行かれるときは緊急時の対応や、動物病院の住所、電話番号、診療日などはメモしておきましょう。

万が一のことがあってもすぐ対応できる準備はしておきましょう。

楽しい旅にしてくださいね。

 

フォレストリゾートコニファーいわみつHP→https://www.iwabitsu.co.jp/room/index3.html

Sponsored link