会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

私は宮城県に住んでいます。

出身は秋田県で就職と共に仙台へ出てきました。働き出してから数年経ち、すっかり宮城県も慣れました。

そして職場で出会った彼と結婚し、3年目になります。

結婚してからは少し広めの部屋へ引越し、同時に犬を飼い始めました。

茶と白の色をしたメスのチワワです。

愛犬は小さなころは臆病者で外が嫌いだったのですが、成長するにつれてお散歩が大好きになりました。

普段は部屋の中にいてフリーで過ごしていて、お散歩は私たちの休みの日だけ外にでます。

たまに出るお外なので新鮮で楽しいのかもしれません。

でも臆病なのは変わらず、ちょっとした音にも敏感です。

私たちはいつも旅行に出かける際は、愛犬は近くに住んでいる彼の両親に預かってもらいます。しかし今回は初めて愛犬を連れてのペット旅行をしてみることにしました。

初めてでもあるので旅行らしさはありながらも、比較的近いところということで会津観光を計画しました。

お互いに幼いころに家族で来たっきりだったので久々の会津です。

その時の旅の体験談をご紹介致します。

会津旅行では何をしましたか?

会津武家屋敷

2019 01 18 22h16 39 300x194 - 会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

会津に来たら外せないのはやはり武家屋敷!

私も主人も歴史が大好きなのでこういう施設は大好きです。

しかし今回は愛犬と一緒なので、行けないかな?と思いながらも寄り道し、聞いてみるとなんとOK。

抱っこしていれば一緒に入っても大丈夫とのことでした。

展示物や説明をしっかり読み楽しみました。

そして無料でマゲのカツラや刀などがあり、自由に写真撮影を楽しむことができました。主人も私も意外と似合っていて大爆笑でした。

そして弓道も体験できました。フォームはそこそこ様になったような写真が撮れましたが、私には弓道のセンスはありませんでした。

武家屋敷の後には近くのとんかつ屋さんに寄りました。

早い時間でしたがお腹が空いて寄ったのですが、実は会津はソースかつ丼が名物なんだとか。

それにたまたま入ったこちらのお店は大変人気なのだそうです。おいしくいただきました。出るときには駐車場待ちの車の列ができていましたよ。

混む前に入ることができてラッキーでした。

鶴ヶ城

2019 01 18 22h17 42 300x194 - 会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

絶対に行っておきたかった鶴ヶ城へもいきました。

お城の周りの公園はワンちゃんも行けたので、まずはお散歩とひと遊び。

お城の中はワンちゃんは入れないので、ひと遊びさせて疲れたところで愛犬はちょっとだけ車でお留守番してもらいました。

季節的に車内にいても大丈夫なシーズンだったのでこのようなことができました。

寒さや暑さが厳しいときには車内にお留守番はさせないでくださいね。

観光客の方々も多くいたので、ガイドさんの説明をこっそり聞きながら早足で見て回りました。

お城の中では歴代城主の資料や会津の人々の暮らしなどをみて、大河ドラマ館では「八重の桜」の衣装や小道具などをみました。

八重の桜は夫婦そろって観ていたのでテンションが上がりました。

猪苗代湖

2019 01 18 22h18 38 300x196 - 会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

私たち夫婦はどちらも子どもの頃に猪苗代湖で遊覧船に乗った記憶がありました。しかも猪苗代湖で同じような家族写真を撮っていたのが結婚式の準備の時に見つけていました。

新しい家族としてこの写真を再現しようと、猪苗代湖へ向かいました。

遊覧船はカバンに入っていればワンちゃんもOKだったので愛犬とも一緒に乗ることができました。

顔がちょっと出るくらいは許してもらえるようです。

天気にも恵まれ、広いキレイな湖をみることができました。そして磐梯山をバックにした写真も撮れましたし、予定していた再現家族写真も撮ることができて大満足の旅でした。

庄助の宿「瀧の湯」はどうでしたか?

2019 01 18 22h19 26 300x185 - 会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

風情のある宿

緑に囲まれた風景と、和モダンな雰囲気の宿はとても風情がありました。

まずはラウンジに行くと、振る舞い酒と抹茶のサービスがありました。宿に到着して早々のサービスに嬉しくなりました。

そしてこのラウンジからは能舞台「花心殿」がありました。夜には能舞台も鑑賞できるそうです。

私たちは能をみることはできませんでしたが、この風景だけでも存分に特別な空間を満喫できました。

お部屋がきれい

とても長い廊下を抜けてペットも宿泊可能なお部屋へ行きます。

行きつくまで結構な距離がありますが、行った先のお部屋はとてもきれいで安心しました。

清潔感と落ち着きのあるお部屋で、旅行には最適なお部屋です。

ワンちゃんたちもお布団を敷く前まではフリーで過ごすことができます。

そして驚いたのは、お部屋の中におしゃれな洗面台があったことです。

こんなところに洗面台が!と始めは思ったのですが、とても便利で活用しました。

最高の温泉

この宿を選んだ決め手となったのは温泉です。とても楽しみにしていました。

素敵な温泉がいくつもあります。

伏見の湯は、湯川の渓流沿いにあり、窓いっぱいに自然を感じることができます。

露天風呂の瀧美の湯では会津の名所、伏見滝に隣接する露天風呂で夜にはライトアップもされます。

朝と夜とで男女が入れ替わるので、2つの景色を楽しむことができました。

滝を見ながら日ごろの疲れを癒し、ゆっくりとした穏やかな時間を過ごせました。

ボリュームたっぷりの食事

夕食はお部屋でいただけました。

ワンちゃん連れは一緒に時間を過ごせるので嬉しいですね。

ただし朝食はビュッフェスタイルのため、ワンちゃんはお部屋でお留守番になります。

食事はとにかくボリューム満点でお腹がいっぱいになりました。

会津の郷土料理を堪能し、お酒もすすみました。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 01 18 22h22 17 300x192 - 会津を満喫!ペットと泊まれる宿「瀧の湯」の体験談

小さめのゴミ袋を常に携帯する

ペットをつれて旅行をする際には、小さめのゴミ袋は常に持参しておきましょう。

ワンちゃんが外でウンチをしてしまったときやゴミが出た時に役立ちます。

愛犬はいつもは外でウンチをあまりしないので、ちょっと公園に寄り道した際には袋を持たずに出てしまいました。

いつもはしないのにも関わらず、持って出なかった時に限ってうんちタイム。

ちょうどお菓子を買ったばかりだったので、お菓子が入っていた袋を急遽ゴミ袋にしました。代用できるものをもっていてよかったです。

ウンチの後始末は飼い主のマナーです。

いつどんなことが起きてもいいようにきちんと携帯しましょう。また、旅行中はいつもと違う環境になることによってワンちゃんたちも体調に変化があるかもしれません。ゴミ袋などは多めに用意しておくと安心だと思います。

人も犬も酔い止めを持参

私はよく乗り物酔いをしてしまうので、旅行の時には酔い止めを持っていくようにしています。

愛犬は車には乗りますが、長距離移動の時は少し酔う時があります。

そこで旅行前にかかりつけの獣医さんに相談したところ、犬用の酔い止めを処方してくださいました。

結局は使用しなくても大丈夫でしたが、今後車ではなく船や飛行機での旅行を考えた時には役立つかなと思いました。

飛行機などに乗る前に薬を飲ませてあげると、乗っている間は気持ち悪くならずに眠たくなって寝てしまうようです。

そうすると着くころでも酔っていることなく、旅行中も負担が少なそうです。

ただ酔いやすいワンちゃんは、そのような乗り物に乗っての遠出はかわいそうかな…とも思うので考えるところではありますね。

食べ慣れたご飯やおやつの持参

旅行時にはワンちゃんは食べ慣れた食事を持っていくようにしましょう。

旅先で慣れないものを食べることにより、お腹の調子が悪くなってしまってはかわいそうですね。

おやつは少し多めに持っていくのがおすすめです。

私たちも旅行時は食べ歩きをすると思います。

ワンちゃんたちだけずっと見ているのではなく、旅行時は少し特別。ちょっとだけいつもより多めにおやつタイムを作ってあげるのがいいと思います。

また、環境が変わったことによって食べ慣れているご飯ですら食べないということもあるかもしれません。

そんな時にもしかしたらおやつは口にするということも考えられるので、数種類準備してあると安心かと思います。

ペット旅行のアドバイスは?

ペットとの旅行の時にはいつも以上にしっかりとプランを立て、リサーチしておくといいと思います。

ペットも一緒に行けるお店や施設が事前にきちんとリサーチできていたら、時間の無駄が減り、楽しむ時間が増えると思います。

せっかくのペットとの旅行ですから、少しでも多くの時間を一緒に過ごしたいですよね。

また、宿泊先の宿に近い動物病院なども事前に調べておくと安心です。

実際にお世話になることはないかもしれませんが、急に体調が悪くなったときなどのために備えておくと焦らずに済みます。

必要ないかもと思ったことでも、備えあれば患いなしです。

大切な家族の一員でもあるペットと素敵な旅行を計画してみてくださいね。

 

 

庄助の宿「滝の湯」HP→会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯

Sponsored link