ペットと泊れる宿「グランドプリンスホテル新高輪」の体験とは?

私たちは宮城県の仙台に住む一般的な家族です。

妻、息子、娘、そして愛犬のベンの4人+1匹暮らしをしています。

ベンは小型犬のヨークシャテリアです。我が家にきたのは3年前、妻がたまたま行ったペットショップで当時は生後3ヶ月で本当に可愛いと一目ぼれしたのがきっかけでした。

妻は看護師をしていて、本当は獣医学の現場で働きたいと願っているほど動物好きです。

私も幼少期から犬と生活していることが多かったので全く抵抗はなく、むしろ一目ぼれしたならタイミングだと快く受け入れていました。

子供たちも犬は好きなので毎日散歩したり、公園で走り回らせていることが多いです。

そんな私たち家族は、初夏に東京に行きました。

車で行くか迷いましたが、東京は電車のほうが楽だと知っていたので新幹線で向かうことにしました。

1時間半新幹線に揺られて東京駅へ。さぁスタートです!

東京旅行では何をしましたか?

2019 01 23 13h11 43 300x189 - ペットと泊れる宿「グランドプリンスホテル新高輪」の体験とは?

スカイツリーへ

まず最初に訪れたのは東京スカイツリーです!

今回は電車移動が多いと承知していたので、キャリーバッグを必須で持参してきました。

東京駅に到着し、地下鉄でスカイツリー前へ。まず驚いたのは人の多さでした。東京は人が多いとこれまた承知してましたが電車の椅子に座れないのは当たり前。

子供たちは小学校高学年なのでわがままを言うことはないので救いでした。

妻は昔東京に住んでいたので土地勘があり、電車の乗り継ぎなど全て案内してくれました。

そして念願のスカイツリーへ。ここではキャリーバッグに入れて、なるべくワンちゃんが見えない状況にしないと入場することはできません。

展望台へ向かうエレベーターの速さに感動しているうちに到着。

初めてスカイツリーから見る景色は圧巻でした!本当に高くて足がすくむというのはこのことかと伝わりました。

ベンは特に吠えることもなく無事に見物に来ることができました。吠えてしまうワンちゃんの場合はNGになることが多いので注意しておきましょう。

浅草を散策

浅草は私のリクエストで向かいました。

ベンも散歩させることにしました。東京は人が多いということもあり、なるべくベンが人に踏まれないように注意して歩きました。

仙台ならそこまで人が多くないので戸惑いながらも浅草寺でお参り。

さすがに浅草寺に向かう数百メートル手前はお土産屋が並び更に人が密集するため、ベンはバッグの中へ。

浅草は文化や歴史を感じる街並みでしたので、ここでようやく東京に来たなと実感することができました。

東京ドームシティへ

2019 01 23 14h03 45 300x212 - ペットと泊れる宿「グランドプリンスホテル新高輪」の体験とは?

浅草寺を後にした私たちは子供たちの目的である東京ドームシティへ。

ここはワンちゃん同伴もOKなので私たち夫婦はゆっくりアイスクリームでも食べながら子供たちが心行くまで楽しんでもらいました。

妻は隣接している施設へ買い物に出かけ、私は子守。

ベンは私が抱っこしてお留守番です。でもこれが我が家の風景です。

私はそこまで買い物に興味がないため、子供たちが遊んでる間はベンと一緒に待ち、妻は買い物に出かける。仙台にいても同じことをしています。

さすがにベンをアトラクションに乗せることはできないので自宅から持ってきたおやつを与えたりしながらのんびり3時間ほど過ごしました。

グランドプリンスホテル新高輪はどうでしたか?

2019 01 23 13h10 13 300x201 - ペットと泊れる宿「グランドプリンスホテル新高輪」の体験とは?

品川に移動した私たちは宿泊先のグランドプリンスホテル新高輪に向かいました。

まず最初に驚いたのは内装がゴージャスだったことです。東京でペット宿泊OKな場所は意外と少なかったので、せっかくなら良いホテルに泊まろうということでこちらに決めました。

ドッグフレンドリールームに宿泊

こちらで宿泊したお部屋はドッグフレンドリールームという場所になります。

他にもドッグクロークなどもありますが、一緒にいてあげたい気持ちが強いのでこちらへ。

まず部屋がきれいで落ち着いていることにびっくりでした。

フローリングタイプのお部屋で心地よく宿泊できます。ベンもケージが用意されているのでこちらで寝ました。

普段使っているベンの毛布も持参していたので自分の臭いがついたものであれば環境が変わっても寝れるだろうと思いました。

ドッグラン&ラウンジがある

こちらのホテルには小規模ながらにもドッグラン&ラウンジがあります。

ここはベンの出番ですね。沢山走り回って遊ばせました。他のワンちゃんもいましたが問題はなく飼い主さん同士の交流の場も深まります。

大阪から来られている方や、北海道から来られている方、交流ができるのはとても素晴らしいですよね。

料理はレストランで

このホテルはいくつもレストランやカフェがあるので選ぶことができます。

私たちは中華料理レストランへ足を運びました。

お寿司や和食、カフェもありましたが、子供たちもガッツリ食べたいだろうということで中華へ。

なかなか良いお値段ですが食べる価値のあるレストランです。

4人で15000円くらいでしょうか。ちょっと飲みすぎたのもありますね。この時ベンは部屋でお留守番です。

スカイプールでくつろぐ

このホテルには温泉はない代わりにプールがあります。

このスカイプールがまた最高の空間でした。夏季限定ですので注意が必要です。

初夏でしたが気温も高くプールに入るには適しています。妻はベンと一緒にお部屋でお留守番をしてもらい、私が子供たちを連れて遊びに行きました。

子供たちはおおはしゃぎでしたので大満足。私はテラスの椅子に座りながら子供たちの様子を見ていました。

翌日の計画や今後の仕事のことを考えたりと有意義な時間でした。

事前に準備すると良いことは?

2019 01 08 17h13 08 300x194 - 都会を満喫できる犬宿!「ヒルトン東京お台場」で特別な思い出を♪排せつグッズは多めに持参

東京は特に草木の少ない場所です。

なかなか散歩させようにも排せつする場所がありません。ただ犬は動物ですからお構いなしに排せつします。

だから排せつグッズは必須ですし、プラスしてごみ袋などは少し多めに持って出かけましょう。

ホテルでも準備してくださるところはありますが、出かけるときに入れ替えたりすると、グッズの入れ忘れをしてしまうこともあります。

出先ではいつもと違う環境でワンちゃんたちもマーキングとしてトイレの回数が増える可能性も考えられます。

マナーを守り、みんなが気持ちよく過ごせるようにきちんとルールを守りましょう。

水分補給やトイレの後の臭い消しのためにも、ペットボトルにお水も持参していくと安心です。

おやつを持参

今回の旅行ではスカイツリーや浅草寺でベンはまともに歩くことができませんでした。

せっかく旅行に来ているのにストレスをかけてしまってはもったいないことです。

おやつを与えながら、機嫌取りではないですが一つの喜ぶコミュニケーションの一つとして大切だと思います。

あとはコロコロもあるといいですね。

犬の毛がつくこともあるので、マナーとしてコロコロを持参するといいでしょう。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 01 17 10h53 17 300x198 - ペットと泊れる宿「グランドプリンスホテル新高輪」の体験とは?

まずは近場からチャレンジする

ペットと一緒に旅行をする際にはまずは近場からチャレンジしてみましょう。

慣れないところへ行くのは人間もワンちゃんも緊張しますね。

何度か旅を繰り返すうちにペースがつかめると思います。

私たちも最初は車に乗せて仙台周辺や、言っても日帰りで行けるところを選んでいました。

初めてベンを連れて宿泊旅行したのはベンが1歳半の時に秋田まで車で行ったこと。その後何回か旅行に出かけ、ベンもペースをつかめたのだと思います。

なのでまずは近いけど非日常を味わえるようなそんな場所を探してみてはいかがでしょうか?

大好きな愛犬とも離れることなく、一緒に出掛けられるのはとても楽しいのでぜひ企画してみてくださいね。

 

グランドプリンスホテル新高輪HP→グランドプリンスホテル新高輪

Sponsored link