新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

私たちは昨年秋に自宅のある石川県からに新潟県まで旅行に行きました。

家族構成は私、妻、子供2人、愛犬のポッキーです。ポッキーはマルチーズのオスで性格は温厚なのに家ではやんちゃ、外ではじーっとしているなんとも可愛い犬です。

ポッキーは3年前に家の近くで捨て犬だったところを子供たちが拾ってきました。

最初は全く飼う気がなかった我が家。どなたか飼手がいないか探し回ったものです。しかし全く現れず、保健所に持っていこうかと話していましたが、妻がかわいそうだから飼いましょうと一言。

私は正直反対でしたが、ポッキーの愛くるしい表情や、しぐさをみていると私たち家族に安心感を得ているような気もしてきてOKしました。

それからはポッキー中心に出かけるようになりました。

そんなポッキーを連れての旅は今回で3回目です。新潟の温泉旅行の体験記を紹介します。

新潟旅行ではどんなことをしましたか?

2019 01 25 08h07 49 300x193 - 新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

石川県から新潟県に入るまでなら3時間程度ですが、今回は更に遠い場所にある三川温泉でしたので直行で行っても5時間~6時間くらいかかると思って頂いたほうがいいかと思います。

私たちは8院乗りのSUVで行ったのでゆったりとしてサービスエリアで休憩を挟んだりしました。

柏崎にある恋人岬に

まず初めに向かったのは柏崎にある恋人岬です。

家族で行くことはないのですが通り道いあることと、海を見たいという妻のリクエストで行きました。

ポッキーはリードをつけて歩かせたりしました。子供たちは恋愛をするにはまだまだ早い年齢ですから特に説明はせず、ただ雄大な日本海を眺めていました。

ちなみに岬の展望台に設置された柵に2人でプレートを付けると将来、結ばれるといわれています。恋人同士の方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

国営越後丘陵公園に向かった

次に向かった先は国営越後丘陵公園です。

何も旅行で公園に行かなくてもと思うかもしれませんが、全てはポッキー優先で企画した旅行でしたので我が家はみんな満足です。

ここの見どころは越後の豊かな自然のなかに四季折々の花が咲くこと、そして芝生広場や26種類の木製遊具、ふわふわドーム、水遊び広場などが充実しているのです。

ポッキー優先と言えども子供たちも思いっきり遊べる場所がいいと思いこちらに決定したのもありますね。ポッキーと子供たちは走り回っていました。

公園の雄大なパノラマが楽しめるレストランやイタリアンカフェのほか、利用料無料のバーベキュー場も完備(要予約)。冬は無料リフトもあるスキーやソリのゲレンデへと様変わりします。

季節は秋でしたのでさすがに雪は降っていませんが、雪景色もまたきれいでしょう。私たちも雪国育ちなのであまり雪に対してもの珍しさはありませんが、四季で遊び方が変わる公園は素晴らしいですよね。

スノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールド

2019 01 25 08h21 47 300x208 - 新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

続いて向かったのはスノーピーククォーターズキャンプフィールドです。

ここは私のリクエストで、実は大のキャンプ好きなのです。スノーピークはキャンプ用品でナンバーワンシェアを誇る会社。

しかもここ新潟の三条市にある本社の敷地内にこういう広場があり、社長自らスノーピークでキャンプをしているくらい愛しているのです。

そこに一般の方も入れるようになっていて、子供もワンちゃんも大興奮できる場所ですね。

約5万坪の小高い丘稜地帯の自然地形を生かしたフリーサイトのキャンプ場では、開放感あふれる雄大な自然の中で天気のいい日には満点の星空が楽しめます。

充実のレンタル品やスタッフのサポート、アクティビティの提供などスノーピークならではのサービスも魅力。

来年の夏にここでキャンプをする計画を立てています。

三川温泉新かい荘はどうでしたか?

2019 01 25 08h30 19 300x220 - 新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

宿に到着したのは午後5時くらいでしたでしょうか。

日が沈む前でしたのでこの時間帯だと思います。ここはHPをみてもペットの写真が載っているのでペット連れには最適かと思います。

部屋がきれい

たいていペットと泊まれる宿は汚れていることもありますが、この部屋はとても清潔感のある部屋でした。

純和風のお部屋は、すべて10畳以上のゆったりした広さ。ポッキーも走り回ることができます。ただ環境が違うせいか部屋の隅々まで臭いをかいでいました。

おそらくワンちゃんの臭いが染みついているのだと思います。

寝る前には家族でトランプをしたり、テレビをみたりとくつろぐことができました。

美肌の湯と言われる三川温泉

ここ三川温泉は美肌の湯と言われる温泉であり、妻が大喜びしていました。

窓も開放的で気持ちよかったです。露天風呂はないので、もし露天風呂に入りたい方は近隣の銭湯や温泉施設を探してみるといいかもしれません。

ワンちゃん専用の温泉はありません。もしあってもポッキーは浸からないと思います。たぶんビビると…。

夕食はワンちゃんも一緒

ここでの夕食はワンちゃんも一緒に食べることができます。

お部屋で頂く田舎料理は女将さん手作りの一品。

そして珍しい鯉を食べることができます。正直最初は抵抗がありましたが泥抜きなどの下処理を丁寧に行い、鯉の旨みを十分に引き出していると説明がありました。

食べてみると淡白な魚の身に甘辛い味付けが最高でした。意外とおいしいんだなと初めての鯉に驚きでした。

子供たちも好き嫌いがないのでしっかりと食べていましたね。

ここはワンちゃん用アメニティは少ないので最低限持参するといいかもしれませんね。

ペット旅行前に準備すると良いことは?

2019 01 18 22h22 17 300x192 - 新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

外に出かける方は排せつグッズを持参すること

今回の旅では基本外で遊ばせることが多かったので排せつグッズを大量にもっていくことにしました。

いつでもポッキーが我慢することなくしたいときにさせられる環境づくりは大切ですよね。

人間本位になってワンちゃんの休憩時間を取らないケースもあるようですが、ワンちゃんにも気を使いましょう。

あとはごみ袋などは少し多めに持って出かけましょう。

水分補給やトイレの後の臭い消しのためにも、ペットボトルにお水を持参していくと安心です。

ドッグフードを持参

今回の宿ではドッグフードはありませんので、家から持参しました。

どちらにしても食べ慣れた食べ物を持っていくことは安心です。ワンちゃんも警戒心がありますからね。

あとは勝手な印象で恐縮ですが、ホテルなどで出されるフードの賞味期限や衛生状態はわからないので不安な部分もあるのが本音です。

家から持参するのがベストですね。

これからペット旅行へ行く方へのアドバイスは?

2019 01 17 11h50 13 300x193 - 新潟のペットと泊まれる宿「新かい荘」で自然を満喫♪

事前調査は大切

事前調査をすることはとても大切です。

どこに行ってどんなことをするのかまで計画をするといいでしょう。行き当たりばったりの旅行もいいですが、ワンちゃんがいる場合に限っては事前計画は大切だと思います。

特に今回は山の中でしたので、周囲の動物病院がどこにあるか、緊急時にどうするか?まで考えておいたほうが安心ですよ。

万が一何か起きた時に早急に対応できるようにしておくことは家族も安心です。

しつけをしっかりしておく

ワンちゃん同伴OKなカフェや宿ではある程度しつけのレベルを条件としていることが多いです。

例えば吠えないことや、おしっこがしっかり特定の場所でできる。等ですね。

ポッキーは捨て犬で最初はものすごい臆病でした。人間に恐怖心があるような犬でしたので最大の愛情を注ぎました。

そしてしつけをしようと手あたり次第本を買ってみるもなかなかうまくいかず、そんな時に知人のブリーダーさんに相談。

しかしその方は関西の方なので会うことは難しかったため、ある教材を紹介して頂きました。

それが1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

どんなワンコでも確実にしつけがうまくいくということで購入。やっぱり一緒に旅行に連れて行ってあげたり、人間よりも寿命が短いですから楽しい思いをさせてあげたい。

でも問題はしつけ。という方にはベストです!

私たちも助けられました。わずか1ヵ月でみるみるポッキーが変わり始めましたからね。

購入する価値ありでした。

と色々ありましたがワンちゃんもお利口だと人間も安心します。家族の一員であるポッキーとこれからも思い出に残る旅をしたいと考えています。

 

三川温泉新かい荘HP→三川温泉 新かい荘

Sponsored link