岩手県のペットと泊まれる宿「志戸平温泉ワンワン館」の体験談!

私は女性で現在30歳になります。主人と2人の子供、犬のまろとの5人家族です。

まろの犬種は狆(日本原産)で男の子、去勢済みです。現在7歳になり性格は大人しく温厚で少しだけ臆病な所があります。

吠えたり噛んだりは一切せず、初めての相手には驚いて固まってしまいますが、とても優しい性格をしているので私たち家族も大好きです。

まろは車に乗るのが好きでいつも窓から景色を眺めている犬です!

岩手はどんな旅でしたか?楽しかったことは?

2018 12 11 11h48 06 300x197 - 岩手県のペットと泊まれる宿「志戸平温泉ワンワン館」の体験談!

私たちは自宅から車で3時間ほど離れた岩手県に行きました。旅路の途中にトイレ休憩などを挟みたかったので朝は早めに出発しました!

その体験をお話ししますね!

道の駅「あねっこ」はワンちゃんにもオススメ

家族みんなで遊べる場所に行きたいということで、目的地は岩手県の「小岩井農場」にしました。雫石にある道の駅「あねっこ」という場所がわんちゃんのおやつがあったり屋外であれば、リードをして歩けるということだったのでそこにも寄ることにしました。

まろは車に慣れているので問題は特になかったです。

あねっこはとても広く食事をとる所や温泉までありました。外ではわんちゃんを歩かせることができるため二手に別れ、買い物グループは中で軽食などを買いお散歩グループは外を探索しました。

まろもたくさん歩けてとても楽しそうでした。他にわんちゃん連れのかたもちらほらと見られ「どこからですか?」と話がはずみ楽しい時間を過ごせました。

あねっこから小岩井農場へ

「あねっこ」から「小岩井農場」まではさほど距離がありませんでした。

小岩井農場はレストラン、屋内にある施設、他の動物(乗馬コーナーなど)がいる場所はわんちゃんが入ってはいけない決まりですが、広場ではリードをつけていれば自由に遊ぶことができました。

長旅でストレスがかかっていたらいけないのでまずは広場で遊ぶことにしました。

子供達と走り回り、寝転がり、まろもとても楽しそうでした。なにより同じ場所で楽しみを共有できることが喜ばしいことでした。

志戸平温泉や宿はどうでしたか?

mainP pet lodging PCSP 300x162 - 岩手県のペットと泊まれる宿「志戸平温泉ワンワン館」の体験談!

宿は岩手県花巻南温泉郷「湯の杜ホテル志戸平」に泊まりました。

ここには「わんわん館」というわんちゃんの宿泊施設があります!はじめてだったので私たちもワクワクしてました。

それに持ち物におやつやおもちゃも持っていって大丈夫との記載があったので、寂しくないようお気に入りのおもちゃを持参しました。慣れない場所で食事をとらないと困ると思い、おやつも多めに持っていきました。

ワンちゃん専用の温泉がある

そして「わんわん館」にはわんちゃん専用の温泉があるのです。
これをとても楽しみにしていました。 最初は少し怖がっていましたが、次第にリラックスした表情になり温泉にもつかって、温まっていました。

たくさん走り回ったので体を温めて、疲れを癒してもらえたらなぁと思っていたので、気持ち良さそうに入っている様子を見て嬉しくなりました。

施設自体もとても綺麗で安心しました。入り口はオートロック、ケージにも鍵がついていてセキュリティ面はとても安心できました。 空調も完備されていたので暑すぎたり寒すぎたりすることもなさそうでした。

24時間愛犬の様子をみることができる

時間内なら会いに行くこともできたので様子が心配なときに直接会えるのが良かったです。

また時間外でもフロント横にあるテレビモニターでわんちゃんの様子を24時間確認することができるようになっていました。

会いに行けない時間帯でもモニター越しに確認することができるので良かったです。

夜間が少し心配になった

夜間は巡回の時間帯に監視します、という記載がありました。

翌朝チェックアウトの時に夜間、モニターを見に行けなかった時のことをスタッフの方に聞いてみました。

しかし、返答は「眠っていたと思います。」「変わったことはなかったと思います。」と、どこか曖昧な感じでした。「様子を確認したりはなかったのでしょうか?」と尋ねたところ、「セキュリティは万全なので安心して過ごせたと思います。」とのこと。

セキュリティの話ではなくまろ自体の話なのだけれど、と思いましたが実際に会ったまろは元気だったのでそこまでしつこくは聞きませんでした。 そこだけが少しだけ引っ掛かってしまいました。

しかし全体を通して良い宿だったと思っています。

旅行前には持ち物を多めにしておくといい

2018 12 11 12h04 09 300x222 - 岩手県のペットと泊まれる宿「志戸平温泉ワンワン館」の体験談!

排せつ処理グッズは充実させましょう

持ち物は少し多めに持っていったほうが良いです。うんちをとる袋、おしっこをする時のペットシーツなどです。

以前外でおしっこをする時にペットシーツが間に合わなく、道に直接してしまったことがありました。トイレへ行き、水を汲んできて掃除しましたが時間がかかり大変でした。

パーキングでは小さなお子さんなどがいるので早く掃除しないといけないと思います。なので2リットルのペットボトルに水をいれた物を4~6本、掃除をするときの雑巾3~4枚、掃除の時に出たゴミをいれる大きめの袋は必ず車に積んでいくことにしています。

あとはうんちやおしっこを入れる袋を消臭のものにすることです。そしてそれをさらにジップロックなどにいれると車内の匂いが気になりません。

愛犬の好きなおもちゃも持っていく

わんちゃんにお気に入りのおもちゃや毛布があれば持参してください。
移動や見慣れない場所にやはり、多少なりともストレスはかかると思います。なのでわんちゃんの落ち着くことができる物は必ず持っていってあげてください。

まろもおもちゃがあることでリラックスできたと思いますし、私たちも落ち着いて楽しむことができます。

これからペット旅行に行く人へのアドバイスは?

2018 12 11 12h11 31 300x202 - 岩手県のペットと泊まれる宿「志戸平温泉ワンワン館」の体験談!

不安はあるけど行ってみるとみんな楽しい

私も初めてのペット旅行は不安と緊張と入り交じったような気持ちでした。

何度も持ち物の確認したり1週間前ぐらいからわんちゃんの体調を気にしたりと大変なことはやはりありました。しかしそれを越えるほどペット旅行は楽しいものでした。

いつもならホテルにお留守番させてしまい「なにをしているかな?」「大丈夫かな?」と思っている時間を全て一緒にいることができて、みんなと同じ経験をさせてあげることができる。

それはとても大切なことだと思います。わんちゃん自信にも、家族自信にもどちらにとってもです。 みんなの笑顔の回数が圧倒的に多かったなぁと感じました。

そして知らない土地でわんちゃんを通じて色々なかたと交流できること、これは自分にとってすごく良い経験になりました。

私達家族はこれからも積極的にペット旅行を続けていきます。もちろん、わんちゃんにとってストレスがかからない範囲でです。楽しい時間を家族全員で過ごすことができるのは素晴らしいことだと思うからです。

情報収集をしましょう

初めてのペット旅行だとわからないことが色々あると思います。 まずは情報収集をしてください。
今の時代、インターネットで調べればたくさんの情報を得ることができます。そして、分からないことは宿泊施設や娯楽施設に電話して聞いてみてください。 そしてまずは行ってみてください。

実際に行ってみると自分のわんちゃんにとって過ごしやすい持ち物や、行動パターンが分かってきますのでより愛犬を知ることにも繋がりますよ。

家族で過ごせる時間を大切に、大事な時間として残せるようにたくさんの楽しい思い出を皆さんも作ってくださいね。

 

花巻温泉ホテル志戸平のHPはコチラ→志戸平温泉 湯の杜 ホテル志戸平

Sponsored link