金沢を満喫♪ペットと泊まれる宿「金澤わおん」の宿泊体験談とは?

今回は私たち夫婦と愛犬のロンを連れての金沢旅行記を紹介したいと思います。

まず初めに、私は36歳、妻は32歳で長野県の松本市に住んでいます。

私たちはともに獣医の仕事をしています。よく獣医だといつどこで何が起きても大丈夫ですね~と言われますが、病院にいるわけではないので本領発揮はなかなか難しいものがあります。

そしてマルチーズのロンはオスで、性格は温厚。活発なのは家の中だけで、外では大人しいのです。

出会いはちょうど私たちが開業した5年前。病院の番犬として探していました。

これは後になって聞いた話ですが動物病院にワンちゃんがいると、それだけで私たち医師への信頼感が深まるのだそうです。

今回は松本から金沢へ。小京都を感じる旅として選びました。車で3時間半~4時間ほどかかりますね。

金沢旅行ではどんなことをしましたか?

2019 02 01 08h30 25 300x196 - 金沢を満喫♪ペットと泊まれる宿「金澤わおん」の宿泊体験談とは?

東茶屋街へ

まず最初に訪れたのは金沢と言えば有名な東茶屋街です。

美しい格子戸の建物が並ぶ金沢を代表する景観。格式を誇るお茶屋は少々敷居が高いですが、気軽に見学できる施設や、レストラン・カフェなどがあり、観光名所として多くの人でにぎわいます。

松本から京都に行くよりも、金沢に行くほうが近いので十分京都感を楽しむことができます。

途中何か所かお店に入り、陶芸品やガラス細工などをみて楽しみました。

せっかくなのでお茶もいただき、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

ロンはキャリーバッグの中に入れていたので問題なく、じーっと大人しくしていました。

21世紀美術館近辺~兼六園を散歩

2019 02 01 08h35 33 300x156 - 金沢を満喫♪ペットと泊まれる宿「金澤わおん」の宿泊体験談とは?

金沢21世紀美術館の近くに車を止めて、周辺を散歩しました。

この近辺には金沢城、兼六園があり、芝生も多くロンを散歩させるには最適な場所でした。

本当は美術館の中に入館したかったのですが、ペットの入館は禁止でしたので外観を楽しみました。

この美術館にはスイミングプールと呼ばれる作品があり、有名です!プールの中にまるで人が入っているかのような感覚は素晴らしいとのこと。

是非皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか?

愛犬がいる場合は交代で入館するのもありかなと思います。

そしてそのまま兼六園まで歩きました。10分もかからなかったと思います。

ここはペットOKなのでリードを付けてロンを歩かせました。ロンもキャリーバッグの中だけではかわいそうですしね。

日本3大庭園というだけあって広大な敷地の中には池や、数々の樹木たちが揃っています。冬は雪景色を楽しめます。

私たちは春に行ったのでとても気持ちよかったです。

金沢の中枢!近江町市場へ

車に乗って更に金沢駅の方向へ10分ほどでしょうか。

見えてくるのは近江町市場です!ここは金沢の新鮮な海の幸が手に入るということで楽しみにしていました。

もう、活気があふれて、水産系のお兄さんたちが大きな声を出して商売しているわけですね。

数々の新鮮な海の幸がずらーっと並ぶ中を歩きました。

人が多いのでロンはキャリーバッグの中へ入れて私が持ち歩きます。

ただ新鮮なだけあって買って帰るには日が持たないと思い、近江町市場内のお寿司やさんに入りました。

基本ワンちゃんはNGなのですが、キャリーバッグならOKということで!しかし、なんていうお店か忘れました。

皆さんも訪れるときは事前にチェックして伺ったほうがいいと思います。私たちはラッキーでした。

金澤わおんはどうでしたか?

2019 02 01 08h49 25 300x131 - 金沢を満喫♪ペットと泊まれる宿「金澤わおん」の宿泊体験談とは?

お部屋はモノトーン調

近江町市場を出てから金澤の街をプラプラした後は宿へ!

ここ金澤わおんさんはどこか懐かしい、落ち着いた佇まいが気に入り決定しました。

まずお部屋に入ると落ち着いた空間にクイーンサイズのベッドが。

そしてメゾネットタイプなので、お部屋そのものが広いのですね。

ワンちゃん用アメニティは温水シャワー足洗い場・足ふきタオル・うんち袋・粘着ローラー・ペットシーツ・フードボウル・消臭スプレー

 

金澤わおんHP→http://kanazawa-waon.com/index.html

Sponsored link