京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談

私たちは大阪に家族4人(3人と1匹)で住んでいます。

愛犬は5歳になるダックスフンドで、乳児でもある娘をいつも心掛けてくれる優しい子です。

私たち夫婦の共通の趣味は旅行で、付き合っている当初から年に数回は旅行をしています。

愛犬を連れての旅行も何度かしていますが、今回は子供もいます。

犬と子供を連れての旅行は大変かな?と思いつつも、みんな大切な家族ですからみんなでの旅行を企画しました。

私たち夫婦は大阪出身、大阪大好き!ですが京都も同じくらい大好きです。

ちょっと足を伸ばせば行くことができますが、住む機会はなかなかありません。

そこで宿泊しながら京都を楽しむという旅行も何度かしています。

そんなときに見つけたのが、京都の民家を一棟貸し切りで泊まることができるお宿です。

まるで自分たちの別荘のような気分で過ごすことができましたよ。その時の体験談をまとめました。

京都旅行では何をして過ごしましたか?

今回の旅行では観光をたくさんするというよりはゆっくりとした時間を京都で過ごすことがメインでした。

そのため観光地らしいところにはあまり行きませんでしたが、おいしい食事を楽しみました。

ドッグフレンチレストラン

2019 02 03 14h44 15 300x200 - 京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談

今回、楽しみにしていたのはドッグフレンチレストランのポワソニエのアトリエというお店です。

その名の通り、愛犬と一緒にフレンチを楽しめるというレストランです。

私たちの宿泊する場所からは車で約10分ほどのため、行きやすいところにあります。

ランチコース、アトリエコース、スペシャルコースの3つのコースが用意されています。

一番お安いのはランチコースですが、他の二つのコースはお値段は上がりますがワンちゃん用の食事は無料でついてきます。

私たちは、お値段的に真ん中のコースであるアトリエコースにしました。

京野菜を使った本格フレンチがお手頃な価格でいただくことができ、終始感動致しました。

お腹がいっぱいのはずなのに、出てくるものがパクパクと口に運ばれていきましたね(笑)

ワンちゃん用のご飯も、化学調味料などを一切使わずに素材の味だけで仕上げてくださっているので安心です。

ボリュームも満点で愛犬も大満足な表情を見せてくれました。

愛犬も一丁前に椅子に座ってフレンチを楽しめる、おすすめのお店です。

丸山公園

2019 02 03 14h45 15 300x192 - 京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談

八坂神社の東に位置している丸山公園は、清水寺からも近いのでどの季節でも結構にぎわっています。

それに京都最古の公園で、風情もあるのにも関わらず、入園無料なのが嬉しいですよね。

春には桜がきれいですし、秋は紅葉がお見事です。

私たちは観光地らしいお寺ではなく、今回はこの公園を目指していきました。桜でも紅葉の季節でもありませんが、お天気もよかったので穏やかな時間を過ごしたかったからです。

日本庭園を眺めながら、みんなでゆっくり日向ぼっこ。子どもも散歩途中でタイミングよく夢の中へいきました(笑)

なんてことないことですが、ボーっと景色を見ながら休むことができて、心がホッコリして日ごろの多忙で忙しない日々から解放された時間でした。

京囲炉裏宿「染」はいかがでしたか?

2019 02 03 14h46 00 300x197 - 京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談町にマッチした宿

到着してまず、外観が素敵でした。

ホテルのような雰囲気はなく、町に馴染んだ一軒家です。

玄関のドアを開けるととても広い玄関で、ベビーカーがある私たちにとっても十分なスペースが確保されています。

そしてヒノキの香りが部屋に漂っていて、早くもリラックスモードに切り替わりそうでした。

宿全体の雰囲気は京都の歴史を感じ、町にあった雰囲気なのですが、床暖房も完備されていてとても暖かかったです。

ワンちゃんに優しい

入ってすぐに感動したのは、玄関にはワンちゃんたちが帰ってきてからすぐに足が洗えるようにとシャワーがありました。

お風呂場まで連れて行くのは手間になるので、帰ってきてすぐに洗ってあげられるのは嬉しいですね。

さらに消臭対応されたゴミ箱も設置してありました。

クローゼットには、トイレやトイレシート、消臭スプレーやワンちゃん用の食器(食器はキッチンにありました。)などワンちゃんグッズも揃っています。

私たちは基本、旅行の時には愛犬グッズは持参しますが、荷物をできるだけ減らしていきたいという方には助かるサービスだろうなと感じました。

畳のところだけは、カリカリとして傷つける可能性があるということでワンちゃんたちは歩かせることは禁止されていますが、お部屋のほとんどはフリーで過ごせるので自宅と同じようにくつろげると思います。

我が家の愛犬も自分の家のようにお気に入りの場所を早々に見つけてくつろいでいましたよ。

過ごしやすいお部屋

玄関のところから引き戸を開けると、囲炉裏のある部屋があります。

囲炉裏は、ワンちゃんたちが宿泊する時には蓋がきちんとされているようでした。

このお部屋にはミニキッチンもありました。

素泊まりプランもあるので、外食してもよし、作ってもよしです。小さいキッチンですが電子レンジもありますし、十分に料理はできると思いますよ。

食事つきで宿泊する時には、掘りごたつのあるお部屋でいただきます。

ワンちゃんが掘りごたつに落ちないようにしっかりみていてくださいね。

このお部屋は畳なので、ワンちゃんたちは歩くことができません。

大人しく座っていられるか、もしくはクレートなどに入れる必要があります。

我が家の愛犬は私たちの話をきちんと聞いてくれるので、クレートに入れなくても大丈夫でした。

寝るところは2階になります。

ベッドの上もワンちゃんたちは上がれないのですが、ワンちゃん用のベッドも用意されていました。

結構大きくてふかふかで、愛犬はお気に入りのようでしたね。

お風呂・洗面が充実

お風呂はヒノキでできていました。

しっかりヒノキの香りがして、入浴剤要らずでリラックスできます。

窓からは坪庭も眺められます。浴室も暖房完備で寒がりの私にとってはどこに行っても温かく過ごせるというのが最高でした。

洗面台は2つあり、まるでスイートルームのような気分です。

主人とも洗面台を取り合うこともなく使うことができました。

バスタオルやバスローブ、石鹸や洗剤などのアメニティも気が利くほどに充実しています。

キレイな上に隅々までサービスが行き届いていて大満足でした。

ペット旅行前に準備しておくことは?

2019 02 03 14h47 12 300x194 - 京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談しつけをしておく

旅行に限らずですが、一番必要な準備はやはり“しつけ”だと思います。

見慣れない場所に出かけたり泊ったりすると、マーキングや無駄吠えをしてしまうことも考えられます。

しかし観光地や宿でのマーキングは他のお客様にも迷惑になってしまいますし、環境維持の妨げにもなります。

吠えてばかりの犬がいると不快に感じる方も多くいらっしゃると思うのです。

犬を飼っている人もそうでない人も楽しめるようにするには、マナーを守ることや人に迷惑をかけないことは重要です。

小さなころにかわいいからといって甘やかしてしまうと、しっかりとしたしつけができずに他の人にも迷惑をかけてしまい、お出掛けや旅行が一緒にできなくなってしまいます。

かわいいわが子だからこそ、しつけをきちんとしてあげましょう。

こちらはどんなワンちゃんも確実にしつけられる教材で、日本で今一番売れています→1括~24分割 Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~ 犬のしつけ教材

緊急の連絡先を調べる

旅先でもしものことがあってもすぐに対応できるように、緊急時の動物病院などを調べておきましょう。

今は便利な世の中なので、ネットを使えば簡単にその場で調べることができます。

でもアクシデントが急に起こると冷静でいられないかもしれませんし、近くに病院とかが見つからないかもしれません。

備えあれば患いなしですから、近隣の動物病院はチェックしておきましょう。

その時にはお休みの日などもしっかり調べておいてくださいね。

乗り物に慣れさせておく

旅行に出かけるときにはほとんどの方は乗り物を利用することになるかと思います。

ワンちゃんたちは乗り物に慣れていないと酔いやすいと聞きます。

我が家の愛犬は小さいころからどこへでもついてきていたので、車酔いはしません。

でも知り合いのワンちゃんに成犬になってしばらくしてから車に初めて乗せたところ、酔いが大変で目的地のドッグランについた時にはぐったりしていたと聞いたことがあります。

その話を聞いてワンちゃんたちも旅行を一緒に楽しめるようにするには、乗り物にも慣れさせておくのは大切だなと思いましたよ。

これからペット旅行をする方へのアドバイスは?

2019 01 11 17h18 59 300x191 - 京都の暮らしを満喫!ペットと泊まれる京囲炉裏宿「染」の体験談考えすぎずに実践してみる

人だけで旅行に出かけた方が正直なところ楽かもしれません。

ペット同伴の場合は、どうしても一緒に入れるお店や行ける場所が限られてしまうからです。

でもしっかりと事前にリサーチしておくと意外とペットOKのところは多くあるものです。

一緒に旅行をするのは大変かもしれませんが、かけがえのない時間を一緒に過ごせるのはお互いにとって幸せなひとときです。

私たちもはじめは悩みに悩んで、ペット旅行を躊躇していましたが、いざ実践してみるとしつけさえきちんとできていれば困ることはさほどありませんでした。

何より愛犬の表情が良く、笑っているのをたくさんみることができて、一緒にきて良かったなと心から感じることができました。

まずは近場からでもいいので、ぜひペット旅行に出かけてみてくださいね。

京囲炉裏宿「染」HP→京囲炉裏宿 染 SEN 七条花畑(ドッグフレンドリー)

Sponsored link