温泉でくつろぎの旅!鳥取のペットと泊まれる宿「斉木別館」の体験談

私たちは大阪に住む夫婦です。

私たち夫婦の共通の趣味が旅行なので年に数回は国内外の旅行を楽しんでいます。

犬も飼っているのですが、行く場所や目的によって愛犬は連れて行ったりお留守番してもらったりしています。

愛犬はポメチワといって、ポメラニアンとチワワのミックス犬です。

どちらかというとぱっと見はポメラニアンにしか見えませんが、目鼻立ちはチワワが大きく出ています。

とても活発で運動が大好き。お部屋でもボール遊びが大好きでエンドレスで続きますが、お散歩も欠かせません。

そしてなによりお出掛けが大好き。私たちの元に来たからなのかわかりませんが、愛犬も旅行が大好き!

でも活発な愛犬も旅行の移動中は静かに寝てくれるので旅行時には困ったことがありませんね。すっかり旅慣れている旅行犬です。

私たちの雰囲気から察するようで、旅行に行くとわかるとそわそわしだし“今回は私もいけますか?”そんな顔で覗いてくるので可愛い。

基本的には愛犬も一緒に行けるところを旅するようにしています。今回は久々の旅行で鳥取に行くことになりました。その時の体験談をご紹介します。

鳥取旅行では何をしましたか?

2019 02 07 17h39 30 300x141 - 温泉でくつろぎの旅!鳥取のペットと泊まれる宿「斉木別館」の体験談

大きなカバンに荷物を詰め、旅行の準備ができると愛犬は素直に服を着ます。

そして服を着た後は誰よりも先に玄関でスタンバイOKの状態になるのです。そんな旅行気分ウキウキの愛犬を連れて電車で目的地へ向かいました。

三朝温泉街

三朝温泉にきたので温泉街を散策しました。

歩いていて驚いたのは三朝橋の所にあった、河原風呂です。

脱衣所らしき部分には軽く囲いはあるものの、なんとも丸見えな露天風呂です。

しかしラジウム泉で有名な三朝温泉を開放的な気分でしかも無料で味わえるので、地元に方々には人気のようです。

何度通っても人がいましたよ。

さすがに私は勇気がなくて今回はご遠慮しましたが、数人で話しながら入浴している風景はとても楽しそうでした。

かじか橋では足湯をしてきました。橋の中央に足湯があるのですよ。足湯をするといっきにカラダがぽかぽかになるのでいいですね。

そして恋谷橋で噂のカジカガエルをなでなでしてきました。

橋の中央にある陶器でできたカジカガエルを優しくなでると恋が実るのだとか。

もうパートナーもいて、恋とは程遠い私たちではありますが、これから先も仲良しで旅行を楽しめますようにとの気持ちを込めて触っておきました(笑)

街を歩いていて思ったのは足湯や公衆浴場が多いなということです。

足湯では地元の方々が何気ない会話をしていて、なんだかホッコリ穏やかな気分になりました。

三徳山三佛寺

国指定の重要文化財でもある三徳山三佛寺にも行きました。

三朝温泉からは路線バスで大体15分くらいでした。

山寺なので階段も続きます。そして有名な断崖絶壁にある投入堂までは険しい道も続くのでなかなか大変なようでした。

三徳山三佛寺はペットが入れないので、私たちは交互に参拝。

今回は車での旅行でもなかったですし、預けなかったので仕方ありませんが、三徳山三佛寺に行くときにはペットはお留守番の方が楽しめると思います。

投入堂は近くでみれなくてもふもとの車道のところから遠望できますよ。

いつか間近で見てみたい気もするので、体力をつけておきたいと思いました。

斉木別館はどうでしたか?

2019 02 07 17h40 05 300x166 - 温泉でくつろぎの旅!鳥取のペットと泊まれる宿「斉木別館」の体験談

純和風旅館

広々としたロビーを抜けて、ワンちゃんも宿泊可能な部屋はさつき苑にありました。

どこか懐かしい雰囲気の和室のお部屋です。

部屋の中ではペットもフリーで過ごすことができますが、2階の寝室はペット不可になっています。

そのためペットと一緒に寝たい方は1階に布団を敷いてもらう形になります。

愛犬はいつもゲージで寝ているので、私たちは2階の寝室を利用しました。

お部屋には縁側もあり、縁側から外にでると綺麗なお庭があるので感動する風景でした!また、お茶菓子も用意されてあったので、縁側で庭を眺めながらお茶を一杯…日本人でよかったなと感じましたね。

お庭はとても素敵だったので朝に一人で散歩をしました。

よく手入れされている素敵な日本庭園でした。

最高の露天風呂

全国からも治療目的で人が集まるといわれるほど、効果が感じられるといわれる三朝温泉。

とにかく様々な効能が期待される単純弱放射能温泉です。

私は庭園を眺めながらゆったりと浸かれる露天風呂が気に入りました。

見た感じは単純泉のような一見普通のお湯ですが、お風呂から上がった時のカラダの温まり方が違うような感じがしましたね。

私は温泉が大好きなので、何回か入浴させていただきました。

カラダの芯からホカホカに温まって、肌もしっとりします。翌朝は化粧のノリもよかったので非常に嬉しかったですよ。

満足度の高い食事

食事は料亭でいただくので、愛犬は部屋のゲージでお留守番でした。

でも一日中走り回った愛犬は、早々と寝ていたのでいい休息タイムになったと思います。それに私たちもゆっくり食事を楽しむことができるので、個人的には部屋食ではないのもよかったです。

お料理はどれも丁寧に作られていて、季節の食材を使った海の幸と山の幸がいただけました。

味は文句なく、大変おいしかったです。

どのお料理もおいしかったのですが、私が一番気に入ったのはご飯です。

三朝米のこしひかりのご飯が、釜めしで出てきます。目の前で炊き上がるふっくらとしてツヤツヤのご飯がとってもおいしかったですね。

食事の最後に出てきて、もうお腹いっぱいなはずなのにペロっと食べてしまうのが不思議でした。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 02 07 17h41 10 300x194 - 温泉でくつろぎの旅!鳥取のペットと泊まれる宿「斉木別館」の体験談

排せつグッズを多めに持参

旅行の時には排せつぐグッズは多めに持参しましょう。

観光地などに行った際に、愛犬がトイレをし、処理するものがなくては大変です。

普段からマナーを守った行動はしているとは思いますが、旅行時はより一層マナーには気配りが大切です。

観光地を汚さないようにすること、他のお客様に迷惑をかけないよいうにするためにも常に携帯しましょう。

ゴミ袋やティッシュ、ウエットティッシュは必需品ですよ。

旅行先ではどこでも簡単に買えるという保証もないので事前に多めに用意するようにしましょう。

愛犬の使い慣れたものを持っていく

旅行の時には使い慣れているタオルやおもちゃを持っていくといいですよ。

旅行先では、行き慣れないところでの環境の変化や臭いでワンちゃんたちがリラックスできない可能性もあります。

我が家の愛犬は、一通りお部屋のチェックをするのが恒例です。

だからといって神経質な犬ではないので臭いを嗅いでもそわそわすることはなくて問題はないのですが、やはり夜寝る徳は自分の使い慣れているブランケットの上で寝ていますね。

ワンちゃんたちもリラックスをして旅行を楽しめるように、ワンちゃんたちの使い慣れている匂いのついているものを持って行ってあげましょう。

迷子札を作る

もしもに備えて迷子札も作っておくことをおすすめします。

私たちも普段は愛犬につけることはないのですが、旅行の時は迷子札をつけて外出するようにしています。

旅先でもしもはぐれてしまった時、不安で仕方なくなりますよね。

目を離さないことは基本中の基本ではありますが、旅先で何が起こるかはわからないものです。

最近では迷子札は簡単に、しかも安くてかわいいものが作れるので準備しておくといいと思います。

ペット旅行の楽しみとアドバイス

2019 02 07 17h41 55 300x197 - 温泉でくつろぎの旅!鳥取のペットと泊まれる宿「斉木別館」の体験談

ペットとの旅行は一見ハードルが高いように思うかもしれません。

それに人間だけで行くよりも、手段が限られていたりお値段が上がってしまったり…

でも家族である愛犬と旅行ができて、しかも愛犬も嬉しそうな表情で過ごしているのを見ると、連れてきてよかったなと思うことができます。

最近ではペットを受け入れてくれる宿も増えてきましたし、飲食店も多くなりました。

思っているよりも楽に愛犬との旅行は楽しめるはずですよ。

かけがえのないひと時をぜひ愛犬と過ごしてくださいね。

日ごろからきちんとコミュニケーションを取り、しつけができていると旅行中も特に困ることはありません。

普段の行いが大切ですから、飼い主のみなさんは頑張ってくださいね。

斉木別館HP→湯快リゾートグループ 三朝温泉 斉木別館

Sponsored link