心安らぐ岡山県のペットと泊まれる宿「竹亭別館」の旅行記

私は50代の主婦です。

主人も私も幼いころから犬を飼っていたので、犬のいる生活が当たり前という共通点がありました。

独身時代もお互いに小型犬を飼っていて、実はそれが出会いのきっかけなのです。

それぞれ飼っていた愛犬たちはもう天国へ行ってしまいましたが、やはり犬のいない暮らしはどこか寂しくて数年してからまた犬を迎え入れました。

現在飼っている愛犬はタイニーサイズのトイプードルです。

年齢は今年で5歳になり、名前はあずきといいます。

あずきは少し臆病な面もありますが、疲れ知らずでボール遊びが大好きなワンちゃんです。

私たちとのお出掛けも大好きで、週末はよく一緒に車で出かけます。旅行にも同伴することがほとんどですね。

今回は旅行で岡山を訪れました。その時の体験談をご紹介します。

旅行先でどんなことをしましたか?

2019 02 10 17h32 00 300x193 - 心安らぐ岡山県のペットと泊まれる宿「竹亭別館」の旅行記

ドイツの森

岡山農業公園のドイツの森というところに行きました。

リードをつけていればワンちゃんの入園もOKです。

ここの公園はドイツをテーマにしていて、実際に動物と触れ合えるコーナーやピザやパンの工房、イベントや遊び場がたくさんあり、家族みんなで楽しめる施設です。

愛犬家にも嬉しいのは、広々としたドッグランがあることです。

しかも大型・中型・小型と分かれてドッグランで走れるという点も安心ですね。

ドッグランは公園内の一番奥の坂野上の方にあるので、行くまでもお散歩になります。あずきは途中臭いが気になるようで、あちこちクンクンしながら向かっていて目的地まで時間がかかりました(笑)

この日は暑かったからか、ドッグランはあまり人気がなくてほぼ貸し切り状態でした。

大好きなボール遊びを心置きなく満喫して、あずきはいい顔をしていましたよ。

買い物が楽しめる街エリアでは、買い物や食事を楽しめます。

時間があえばグルメ体験教室も参加するのがおすすめですよ。

自分で作ったソーセージをお土産にしたり、バーベキューできたりするようです。

ちらっとのぞかせてもらうと、意外にもお子様たちが熱心に取り組んでいました。

お店の中はペットは入れないのでお外で休憩です。

ドッグランでは見かけなかったワンちゃんたちが、意外にもたくさんいてあずきは少々落ち着かないながらもちょっと触れ合いました。

季節ごとに公園にはお花もキレイに咲いています。

自然をそのまま活かしつつ、どのエリアも楽しみがたくさん詰まっていて大満足でした。

現代玩具博物館・オルゴール夢館

宿から徒歩で5分ほどのところには現代玩具博物館というところがありました。

子どもたちの健やかな成長を願って作られた世界のおもちゃやオルゴールが展示されています。

なんとこちらはペットの入場できます。

ただし抱きかかえるかゲージに入れることのできるワンちゃんのみです。

あずきは抱っこも大好きなので、抱きかかえて入場しました。

入り口の横には西洋のからくり仕掛け人形の仕組みや基礎がずらっと並べられていて、お見事でした。

私たちが入館してすぐにオルゴールコンサートの開始のお知らせがあり、せっかくなので聴きに行きました。

このコンサートでは、スタッフの方が順番にガイドをしながらオルゴールを動かしてくださいます。

よく知られている一般的なオルゴールからダイナミックなものまで、実に多様な種類があることに驚きました。

オルゴールコンサートは約40分間あるのですが、あっという間に時間が経ってしまいましたね。

その他にも独特の表情や動きをする人形とオルゴールがコラボしているものなどがあり、期待以上に楽しむことができました。

ドットダイナー&カフェ

宿の近くにはペット同伴で行けるカフェもありました。

ドットダイナ&カフェは、デッキスペースとカフェテラスの部分がペット同伴可能になります。

シンプルでモダンなデザインの家具で統一されていて、落ち着いた雰囲気のカフェでしたよ。

地元の食材を使ったお料理が楽しめるようですが、私たちはランチは他で済ませてしまったのでカフェタイムで利用しました。

お店の一番人気といわれる美作名産の作州黒豆がトッピングされたパフェは、とてもおいしい和のパフェでした。

濃厚な黒ごまアイスと抹茶アイスの下に、もちもちの白玉、黒蜜やきなこがかけられていて、洋菓子も和菓子も大好きな主人は大絶賛でした。

今度訪れるときにはお腹を空かせて、ランチメニューもいただきたいですね。

宿の様子はどうでしたか?

2019 02 10 17h33 18 300x204 - 心安らぐ岡山県のペットと泊まれる宿「竹亭別館」の旅行記

ペット同伴旅行初心者にも安心な宿

竹亭はワンちゃんとの旅行が初めてという方にも安心な宿です。

フローリングと畳が半々のお部屋です。

フローリングはワンちゃんにとっては滑りやすくて足によくないのですが、竹亭のお部屋のフローリングは滑りにくいものを使用しているのだそうです。

さらには消臭効果もあるのだとか。ワンちゃん連れのお客様が満足するような配慮が徹底してますよね。

畳もゆったり過ごせる空間で、ワンちゃんもフリーで過ごせるのでみんなでくつろぐことができますよ。

ゲージもとても大きいですし、ペット用のアメニティも充実しているのでペット旅行に慣れていなくて忘れものがあったり、足りなくなってしまっても安心です。

愛犬と一緒に食事ができる

ペット旅行をする人たちにとって嬉しいのは、食事の時も一緒に過ごせるということではないでしょうか。

一人でお部屋にお留守番させておくと、慣れぬところで一人にされて落ち着かなかったりというワンちゃんもいて心配ですよね。

または色んなワンちゃんが集まる食事会場の場合は、吠える可能性があったりと気になってゆっくり食事ができないかもしれません。

そんなことを色々考えると、家族とだけの部屋食はとてもありがたいです。

食事は海の幸、山の幸を贅沢に使った会席料理をいただけます。

地元の新鮮なお野菜や贅沢な岡山和牛などボリュームも内容も文句のない食事でした。

心安らぐ大浴場と露天風呂

温泉は優しい湯あたりで温泉から上がった後はお肌もしっとりします。

最上階には展望露天風呂があり、湯郷の景色を一望しながらゆっくり入浴ができます。

展望風呂もよかったのですが、私は露天風呂の方がお気に入りです。

露天風呂は離れにあって、入り口から風情があります。

周りは竹林に囲まれ、風が吹くと笹の葉が揺れる音が聞こえて心地が良いですよ。

朝も夜もほぼ貸し切り状態で利用することができて大満足のひと時でした。

旅行前に準備しておくといいことは?

2019 02 10 17h34 06 300x192 - 心安らぐ岡山県のペットと泊まれる宿「竹亭別館」の旅行記

事前に目的地の候補を決める

旅行に行く際には、宿泊先以外でも行きたいところを事前にチェックしておくといいですね。

ワンちゃんもなるべく一緒に行動できるところの方が、楽しむことができるので事前調査は重要だと思います。

今回は宿の近くにペットもOKなところが多くて苦労しませんでしたが、以前行ったところはペットも入ることができる食事場所が見つからずに苦戦しました。

結局はせっかく旅行に来たのにも関わらず、車でコンビニのご飯を食べるという結果に終わってしまったことがあります。

全てのお店がペット同伴可能なわけではないので、事前に調べておくとスムーズな旅行になりますし楽しみも増えますよ。

流れが悪くなると思わず苛立ってしまいしてしまって、せっかくの旅行に嫌な空気が漂ってしまうかもしれません。

みんなで仲良く旅行をするためにも、いくつか行きたい場所や行ける場所をチェックしておきましょう。

排せつグッズを用意する

旅行時に関わらずではありますが、ペットを連れてお出掛けをするときには排せつグッズは常に持参しましょう。

観光地や行った先でペットがトイレをしたときに、すぐに対応できるようにしておくのは最低限のマナーです。

環境を汚さず、みんなが気持ちよく過ごせるように気を配りましょう。

ゴミ袋やウエットティッシュはいつもより多めに準備しておきましょうね。

ペットボトルにお水を入れて持ち歩くのもいいと思います。

途中でのどが渇いた時の水分補給や、トイレをした後の臭い消し、汚れた時に軽く洗い流すなどいろいろな場面で役立ちます。

ペット旅行のアドバイスは?

2019 02 10 17h35 35 300x200 - 心安らぐ岡山県のペットと泊まれる宿「竹亭別館」の旅行記

ペット旅行はハードルが高いように感じるかもしれませんが、しっかりと事前準備ができていれば安心です。

普段からわが子である愛犬とのコミュニケーションが取れていて、しつけができていればどの場所に行っても困ることはないに等しいです。

ただし慣れないところに行くとワンちゃんたちはストレスを感じることもあるので、愛犬の表情や状態の変化をしっかり見ておきましょう。

またフロントなどで手続きをする際や出かけた先で食事の支払いをしている際など、意識が別のところに向いてしまう時には細心の注意を払ってください。

他にパートナーと一緒に出掛けているという方は、どちらかがしっかりと見ておきましょう。

普段はおとなしい子でも、急に子供が手を出してきたりすると何が起こるかはわかりません。

様々な状態を常に予測して、トラブルが起こらないように気をつけましょうね。

ペット旅行の時には愛犬たちを中心として計画を立ててみてください。

なかなか一歩が踏み出せない方は、まずは日帰りのお出掛けや近場での旅行を楽しんでみるのもいいかと思います。

竹亭別館HP→湯郷温泉 やさしさの宿 竹亭

Sponsored link