滋賀県のペットと泊まれる宿「ビワドッグ」で最高の旅!

私は大阪に住む34歳の女性です。

私が飼っているペットの犬種はミニチュアダックスフンドのブラックタンです。15歳になる女の子です。

ワガママだけど寂しがり屋で甘えん坊、人と接するのが大好きな、優しくてとっても可愛い子です。

私の両親と旦那と、愛犬の15歳の誕生日を祝うために一緒に滋賀まで旅行に行きました。

私たちは大阪に住んでいるので滋賀までちょうど1時間半くらいかかりましたね。

旅行のスケジュールや楽しかったことは?

2018 12 13 12h13 37 300x183 - 滋賀県のペットと泊まれる宿「ビワドッグ」で最高の旅!

琵琶湖周辺を満喫

1日目は琵琶湖のほとりにあるピエリ守山内の、オレンジバルコニーというカフェでランチしました。テラス席はわんこokでした。

琵琶湖を眺めながらお洒落なランチメニューを食べられてとても気持ちがよかったです。

次に近くのなぎさ公園に行きました。人が少なくて貸切状態で海辺を走る愛犬の姿がとても可愛かったです。

そして次に彦根城に向かいました。地面が不安定な道が多かったので、ペットカートに愛犬を乗せて散策しました。ひこにゃんにも会いましたが愛犬はひこにゃん登場にびっくりして吠えていました。

その後、彦根城下町に行ってソフトクリームを食べました。とても美味しかったので愛犬に少しだけペロッとさせてあげると嬉しそうにしていました。

ホテルでは愛犬もいつも以上に元気

夕方になってきたのでホテルへと向かいました。ホテルに着いてからもホテルの前の海辺で遊んだり、室内ドッグランで遅くまで走り回ってました。
いつもなら夜ぐっすり寝ている時間も元気よくとてもはしゃいでました。その姿がとても可愛かったです。

次の日は、朝ごはんを食べてから室内ドッグランでまた遊びました。そこにいた他のわんこたちと仲良くじゃれあってたので本当に楽しそうで私たちまで嬉しくなりました!

ケーブルカーで愛犬と想い出づくり

そしてまた車に乗って出発。まずは黒壁スクエアに向かいました。可愛い街並みを一緒にお散歩しましてそのあと有名なメタセコイヤ並木を見に行きました。

並木道がとても綺麗で平日は人が少なかったので愛犬と沢山写真を撮ることができて最高です!

その後、箱館山コキアパークに向かいました。ケーブルカーで一緒に山頂まで上がりましたが高いところも全然怖くない様子で楽しそうに窓から外の景色を見ていました。

山頂についてからは緑がいっぱいなのでゆっくりお散歩。山頂から見る琵琶湖はとても綺麗で絶景でした。

カフェも満喫

空気も綺麗だし愛犬と椅子に座ってのんびりしました。その後帰り道には琵琶湖沿いにあるコーヒーハウスショコラというカフェに行きました。

テラス席はペットokでした。本当に琵琶湖が近くてちょうど夕日が沈む時間帯で湖に光が反射してなんとも言えない美しさでした。そこで夕食を済まして、今回の滋賀旅行は終了しました。

ビワドッグホテルの良かったところや改善点は?

img 1 300x150 - 滋賀県のペットと泊まれる宿「ビワドッグ」で最高の旅!

綺麗で設備が充実

滋賀県の犬と泊まれるホテルといえばビワドッグと言われるほど、犬を飼っている人なら誰でも知ってる有名なホテルで以前から気になっていました。

噂通り、ホテルはとても綺麗で愛犬が喜ぶこと盛りだくさんでした。まずホテルに着くとお洒落なウェルカムドリンクをいただきました。

わんこが写真を撮れる、いわゆるインスタ映えする撮影スポットが設置されています。

そこで家族みんなで撮影するのが楽しいです。あとは室内ドッグランがあるので雨が降っても楽しめます。ドッグランの中に卓球台も置いてあるので、ドッグランで遊ばせながら自分たちも卓球をして遊ぶことができます。

部屋からは琵琶湖が一望できる

お部屋はとても綺麗で広く、琵琶湖も一望できます。大きなベットは寝心地がとても良かったです。お風呂は小さいけれど大浴場があり、露天風呂もあります。

続いて夕食は和食でした。一品一品本当に凝っていて美味しかったです。品数が多くて食べきれないくらいでした。

こんなにお洒落なホテルなので、洋食も食べてみたいなぁと思いました。

愛犬と一緒に食事ができる

レストランでペットカートを貸してくださるのでそこに愛犬を乗せて一緒に食事することができます。愛犬のお料理もとても豪華でした。

大きなササミはとても美味しかったようでペロッと完食していました。朝食も量が多くて盛り付けもお洒落だし大満足でした。

バリアフリーにしたほうがいいと感じた

愛犬の朝食も頼んでいましたが朝はあんまり食べませんでした。朝食はすこしお皿を下げるペースが早く、急かされてる感じがしたのが残念でした。

あとは部屋の段差が気になりました。高齢の犬や足の悪い犬も多いはずなのでバリアフリーにすればいいのになと思いました。車椅子に乗られてるお客さんがいらっしゃったので、車椅子の方もこの部屋じゃ段差がありすぎて不便だと思いました。

旅行前に準備しておくべきことは?

2018 12 13 12h38 47 300x207 - 滋賀県のペットと泊まれる宿「ビワドッグ」で最高の旅!

フードを用意しておく

おやつは、旅行用にちょっと贅沢なおやつとか多めに用意していました。旅行中はいつもよりわんこもはしゃぐので小腹が空くようです。お水もたくさん持って行ってました。

ホテルで夕食や朝食も頼んでいたのですがこれが結構食べなくて…メニューはチェックしていたのですがいざ行くと愛犬好みでないこともあるとお腹が空くのでそんな時のためにフードは用意しておいたほうがいいです。

犬用の階段も準備しておくといいかも

あとは、宿泊したお部屋のに少しの段差がたくさんあったのが困りました。ベット、ソファ、洗面所へ行く廊下に、ベランダへ出るにも段差がありました。ヘルニアの子や足腰が弱い子などは、自宅から犬用の階段を持参したほうがいいかもしれません。

私の愛犬も過去にヘルニアをしているので家では絶対に段差を上り下りさせないようにしているのですが、宿泊したお部屋が微妙な段差がたくさんあったので、常に注意して見ておかなければならなかったので大変でした。家から持ってきた階段があれば安心だったなと思いました。

ペット旅行の楽しみは?

2018 12 13 12h43 42 300x199 - 滋賀県のペットと泊まれる宿「ビワドッグ」で最高の旅!

愛犬が嬉しそうだから飼い主も嬉しくなる

ちの愛犬はもう15歳でシニアなので、普段はお散歩以外はほとんど寝てばかりいます。

でもみんなと旅行に来れてよほど嬉しかったのか、常に目をキラキラさせて笑顔ではしゃいでました。

水も苦手でいつもなら逃げるはずなのにみんなに見られていいとこ見せようと思ったのか、湖の近くでも怖がらずに自ら向かっていつもの倍以上走ってました。

こんな元気で嬉しそうな姿が見られるのは旅行ならではなので、本当に行ってよかったなと思いました。

ビワドッグのような、愛犬だけでなく人間も楽しめる高級ホテルはそう多くあるわけではないので行ってよかったととても満足しています。

予約もすぐいっぱいになると聞いていたのでわたしは4ヶ月ほど前から予約していました。人気のホテルはすぐに埋まってしまうので注意が必要です。

ワンちゃんも旅行が好き

犬の寿命は15歳が平均です。その間に何回旅行に行けるでしょう?犬の言葉は私たち人間にはわからないけれど、人間が旅行に行って楽しいように愛犬だって旅行に行けば楽しいのは同じなのです。

最近はドッグホテルといっても、高級感があってお料理も本格的で美味しく、犬も人間も楽しめるホテルや旅館が全国各地にたくさんできています。

ペット同伴可能な飲食店だって、ドッグカフェだってあちこちにできています。これからはどこへでもわんこと一緒に行ける時代なんだと思います。

ペット同伴可能な施設を探すのも結構楽しかったりします。自分たちだけのオリジナルルートで旅行計画を立てるのはとても特別感があります。みなさんも大好きな愛犬とたくさん楽しい思い出を作って欲しいです。

 

ビワドッグホテルHP→https://www.biwadog.co.jp:444/

Sponsored link